ゲームで「キムタクを動かす」とはどういうことなのか? サプライズ配信された『JUDGE EYES:死神の遺言』体験版で日本のアイコンになるのはとにかく楽しい

 9月10日、「PlayStation LineUp Tour」において、セガゲームスの名越稔洋氏の突然の登壇とともに電撃的に発表された『JUDGE EYES:死神の遺言』。『龍が如く』チームの最新作の主人公役に木村拓哉氏が起用されたことが、ゲームファンだけでなく幅広い層から大きな驚きをもって迎えられた。

木村拓哉氏が主演!龍が如くスタジオの新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』発表。キムタク出演のきっかけやゲーム内容も明らかに

 木村拓哉氏、つまりキムタクである。かつて日本でもっとも有名だったアイドルグループ「SMAP」のメンバーであり、かつ1990年代後半から2000年代のイケメンの代名詞。代表作であるドラマ『ロングバケーション』では、ピアニストとモデルの冷静に考えればあまりにも非現実的な恋愛を、その圧倒的なおしゃれ感を自然に表現することによって当時の恋愛バイブルに押し上げた。
 茶色の長髪が爆発的に流行するきっかけを作るなど、いわゆる“キムタクブランド”は、時代が追いかけるオシャレそのものだったと言って過言ではない。

 同時に所属するグループとしての「SMAP」も、今では当たり前ではあるがそれまでのジャニーズアイドルとは一線を画すバラエティ路線を軸に、楽曲、ドラマ、映画など多方面で活躍。その支持層や知名度の幅を飛躍的に伸ばし、国民誰もが知っている、日本を代表するアイドルグループとして時代の寵児となった。その「キムタク」をゲームで動かすのだから、話題になるのも当たり前だろう。

 発表からほぼ間を置かずに配信された体験版をプレイしてみたところ、プレイ時間自体はかなり短く、ゲーム部分のチュートリアル程度で終わる。だがそんな短い中の「キムタク」密度の濃さたるや相当なものだ。

チンピラに煽られるキムタク

 あらためて本作の物語をおさらいしておこう。木村拓哉氏は元弁護士の探偵・八神隆之を演じており、ゲーム中では東京で起きる連続猟奇殺人事件の謎を追うことになる。過去にさまざまな因縁があるようで、先日公開されたトレイラーにもさまざまなキャラクターが矢継早に登場しているが、その詳細は12月に発売される本編に任せるとしよう。
 ともかく探偵ということで八神のもとにはさまざまな仕事が舞い込むようで、今回の体験版で描かれるのは「借金を返さない探偵を尾行して取り立てる」という依頼だ。

 ゲーム内では冒頭でチンピラに絡まれる『龍が如く』シリーズお決まりの戦闘チュートリアルに始まり、人物の特徴をヒントに群衆から対象人物を探しだす調査パートや、尾行を行うステルスアクションパート、逃げる探偵を追うチェイスパートが展開されていく。

※コーンでチンピラを倒すキムタク

 わずか十数分で終わる体験版は、とにかく濃い。何をしてもキムタクというオーラがあふれ出る。そして、もうなにがなんだかわからない楽しさが満ちてくる。

 ゲーム部分に関しては『龍が如く』とほぼ同じと言っていい。ドラゴンエンジンで描画された神室町は既視感と、多少の懐かしさすら感じる。チンピラにちょっと絡まれただけで普通に乱闘しているキムタクの姿をみていると、否が応でも“桐生イズム”を感じてしまうところだろう。しかも歌舞伎……いや、神室町という西武新宿駅から歩いて数分で行けそうな気がしてくる架空の町でキムタクを動かせるのは、ただただ理由もなく楽しいのだ。

一般女性にぶつかるキムタク
神室町で車の上に上がるキムタク

 『龍が如く』シリーズでは芸能人の出演も多い。『龍が如く4』では谷村正義役として成宮寛貴氏がプレイアブルキャラクターとして物語に深く関わっていたり、『龍が如く6』でのビートたけし氏の出演は話題になった。そして国内のゲームだけでなく、海外でも有名俳優を起用した作品は多い。

 しかし日本人であれば、「キムタクを動かす」というパワーワードには、いささかおよばない。

 1999年春に放送されたドラマ『古畑任三郎』シリーズの特番の犯人役として、「SMAP」が「SMAP」役として出演しても誰も違和感を抱かなかった。圧倒的な知名度は「現実」と「虚構」の壁をやすやすと飛び越える。「キムタク」を動かす。それは男女問わず当時色気づいていた年代の若者が否が応でも意識せざるを得なかった、圧倒的なパワーを持つ「日本のアイコン」を動かすことに他ならない。

富士そばに入れないキムタク
注文を迷うキムタク
風俗店の看板を見つめちゃうキムタク

 それはとりもなおさずかつて日本を席巻したアイドル、カルチャー、おしゃれ、そして時代を自由に動かせるという喜びなのだ。「キムタク」という名前からくる手触り、「キムタク」という存在そのものの質量は確かに存在する。この体験版はそのことにあらためて気づかせてくれる。

 現実のパワーを持つアイコンを本当に操作できるということそのもののラグジュアリーさを、ここまで経験できることは今後ないかもしれない。揶揄でも比喩でもなく、本作は『キムタクが如く』なのだ。

※カラオケ館に入れないキムタク

 木村拓哉が瀬名秀俊に。木村拓哉が久利生公平に見えたように、物語を通じて木村拓哉が八神隆之にみえる瞬間がくるのか? PVで走っている小野ミチオの中身は誰なのか? 興味は尽きないが、12月の発売を待ちたい。

関連記事:

カプコンの初代『鬼武者』がSteamとPS4/Xbox One/Nintendo Switchで発売決定。金城氏のボイス再録、カメラ視点調整など大改修を経て蘇る

当時よりもいまのほうが盛り上がっている! 『SIREN』15周年トークイベントで語られた“異界入り”ループの先にあるもの

ライター
Nobuhiko Nakanishi
大学時代4年間で累計ゲーセン滞在時間がトリプルスコア程度学校滞在時間を上回っていた重度のゲーセンゲーマーでした。 喜ばしいことに今はCS中心にほぼどんなゲームでも美味しく味わえる大人に成長、特にプレイヤーの資質を試すような難易度の高いゲームが好物です。
編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ