「会社が僕らのたまり場だった」国産格ゲータイトルを支える男たちの、青春の日々を今こそ明かそう【初対談:『GUILTY GEAR』石渡太輔×『BLAZBLUE』森利道】

1

2

そして『GUILTYGEAR』開発秘話へ…

『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS』(PSP版)

――そんなピックパックでの『GUILTYGEAR』開発秘話などあればお聞かせください。

森氏:
 ブリジット【※】を作っていたときに関しては、石渡さんに対して言いたいことが山ほどありますね!!(笑)。

※ブリジット(『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS』)……大ざっぱでおっとりとした性格。いわゆる天然ボケに近い。その外見から少女に間違えられることが多いが、実は男である。武器はヨーヨー(YOYO)を使用。初登場作品は『GUILTY GEAR XX』である。

 その時に作っていたのは、スレイヤー、イノ、ザッパ、そしてブリジットだったんですが、他の3キャラクターは分かりやすかったんですよ。でもブリジットは……。

――男の娘で、武器がヨーヨーですしね(笑)。

森氏:
 方向性は分かっていて、自分の実力不足でそれが描けないって場合は耐えられたんですよ。それで、10何回リテイクされたときもありましたけどね。でも、ブリジットに関しては、何をすればいいのかすら分からなかったんです! もう、描いても描いても……という状況でした。

石渡氏:
 僕がちゃんと指針を示せてなかったから、みんな自由に発想しちゃって、結果的に迷走していたんです。特にキクチ君のコンテはすごかったよね。

森氏:
 キクチはヤバかったですね……。あいつが背景を描くと、必ずう○こが入るんですよ(笑)。

――えええ(笑)、なんでなのでしょう?

石渡氏:
 思考がアーティスティック過ぎたんですね。とにかく出すアイデアがヤバくて、彼が最初に持ってきたブリジットの覚醒必殺技【※】のコンテは、ロジャーの腹にジャンボジェット機が刺さっているというもので……「これは、一体なんなの?」って感じでした(笑)。

※覚醒必殺技
テンションゲージと呼ばれるゲージを50%消費して発動する技。通常の必殺技よりも強力で、1キャラクターにつき複数用意されている。今回話題に出ているのは、ブリジットの覚醒必殺技「俺とキルマシーン」のこと。この技では、ヨーヨーが熊のぬいぐるみ「ロジャー」に変化し、相手を攻撃する。

森氏:
 本当に、あのときは作ってて辛かったですよ(苦笑)。

――ちなみに、他にも、ものを作る上での対立はありましたか?

石渡氏:
 そのときの僕はドット至上義者だったんですが、ザッパ【※】の幽霊とかはモリモリが3Dで作りましたね。モリモリは、とにかく3Dを使おうとするんですよ。

※ザッパ(『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS』)……S子という幽霊にとり憑かれて以来、突然の体調不良にみまわれ、精神が錯乱気味になっている若者。少々気弱な面はあるが、取り立てて目立った個性を持たない。バトルコンセプトは乱数で、自身に悪霊を憑依させることでバトルスタイルが変化。憑依する悪霊はランダムである。初登場作品は『GUILTY GEAR XX』。

森氏:
 それは、モーションを量産するときに原動画を作るのがとにかく大変だったからです。描く人間が違うんで、大きさや動きがまちまちな原動画が上がってくるんですが、それを全部修正すると時間がかかった。

 原画屋さんにリテイクを出すんですが、リテイクを出し過ぎて「アークの仕事は受けん!」と言われてしまい(笑)。その対策として、3Dを個人的に使っていたんです。

石渡氏:
 背景を3Dにするという話もあったよね。結局、技術が理想に追いつかなくて2Dになったんですが、試み自体は既にあの頃からあったんです。

森氏:
 本音を言うと、当時の表現だとドットぽい表現がしにくいのと、どうしても頂点数に限界があるので、もうちょっと頑張っていればできたかな……とは思います。まあ、あのときは一人が抱えている仕事の量がヤバかったので難しかった。
 ただ、このときの経験が『BLAZBLUE』の3D技術【※】に繋がっていくんですよ。

※BLAZBLUEの3D技術……2D格闘ゲームとしては初めて16:9のHD画質を採用した『BLAZBLUE』。キャラクターはドット絵で表現されているが、作画ベースに3Dキャラクターモデルを使用し、スタッフの作画の違いによるバランス調整の手間を大幅に減少させている。これにより、滑らかかつ濃密なビジュアルが実現した。 また、ステージ背景は全て3Dで表現されているが、2Dで製作された美しい1枚の絵のように見せるため、光の反射、ぼかし加減などを調整。これらの技術はアークシステムワークス・オリジナル・カスタムトゥーンシェーディングと呼ばれている。 画像は『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』のステージ。

森Pアーク移籍後の苦渋

――いよいよ、森さんが『BLAZBLUE』【※】を立ち上げる話までやってきました。まずは、森さんにとってアーク移籍はどういうものだったのか、聞いてもよろしいでしょうか?

※BLAZBLUE……2008年にアーケードで稼働した2D格闘ゲーム。コミック、アニメ、ノベル、舞台、ドラマCD、ラジオなど、幅広いメディアで展開している総合エンターテイメント作品でもある。最新作は2015年稼働の『BLAZBLUE CENTRALFICTION–』。いずれも家庭用版が後発でリリースされている。

森氏:
 僕のアーク移籍は30歳のときですね。『GUILTY GEAR XX #RELOAD』【※】の開発が終わった後で、石渡さんはアークに戻り、僕はピックパックで、少年誌で連載していた怪奇時代劇漫画原作のゲームを外注として作っていたんですね。でも、その後、受けてはいけない仕事を受けてしまったことで……社内の空気が一気に悪くなったんですよ。

※GUILTY GEAR XX #RELOAD……2003年にアーケードとゲーム機でリリースされた『GUILTY GEAR XX』の新バージョン。バグの修正やバランスの調整が行われたほか、新キャラクター「ロボカイ」が追加された。本作には、通称「赤リロ」「青リロ」という2つのバージョンが存在し、この「青リロ」が現行(Xrdシリーズ)の元となった。

――なるほど。

森氏:
 そんな折に鈴木君がアークに行くことになって、僕も石渡さんに誘われたので、加藤さんや村松くんを引き連れて2003年に移籍することにしたんです。

石渡氏:
 その頃、僕は『GUILTY GEAR 2 -OVERTURE-』【※】の開発に着手していたんです。

※GUILTY GEAR 2 -OVERTURE-……2007年にXbox 360でリリースされた、『GUILTY GEAR』シリーズのナンバリングタイトル。キャラクターや世界感は共通であるが、ジャンルは格闘ゲームではなく、格闘ゲームとRTSを融合させたような独自ジャンル「メーレーアクション」として打ち出す。そのゲームシステムからコアファンの獲得には成功するが、より人を選ぶゲームとなってしまう。なお、2016年にはPC版も発売された。

森氏:
 だから、てっきり「石渡さんの手伝いをするんだな」と思っていたんです。でも、『GUILTY GEAR ISUKA』【※】を手伝うことになり、いきなり大量の仕事を振られたんです。もう当時は「失敗したかな」って思いましたよ(笑)。

※GUILTY GEAR ISUKA……最大2vs2で争う4人対戦ゲーム。『GUILTY GEAR』の外伝作品である。ルールはバトルロイヤル形式で、ステージには2つのラインがあるのが特徴。そのため『ISUKA』のみの仕様がいくつかある。まずはアーケード版が2003年に稼働を開始した。

――具体的には、どのような仕事が振られたのでしょうか?

石渡氏:
 アバ【※】とかだよね。もともと、アバは二刀流のキャラクターという設定/デザインだったのですが、結果的にああいう風になりました。

※アバ(『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS』)……ホムンクルスの女性。人見知りが激しい性格で、おどろおどろしい。バトルでは「諸刃モード」という独自のモードを切り替えながら戦う。背中に背負っているのは「パラケルス」という巨大な鍵で、「諸刃モード」になると「パラケルス」の形状が変化し、強力な攻撃を繰り出す。初登場作品は『GUILTY GEAR ISUKA』。

森氏:
 そうですね。石渡さんには「宮本武蔵みたいな二刀流のキャラクターで、短い剣と長い剣を切り替えて戦います」とコンセプトを伝えたんですが……。まあ、一応合っているんですけどね(笑)。

石渡氏:
 まあ、とにかく、モリモリはそこからずっと『GUILTY GEAR』を作っていたよね。

森氏:
 『ISUKA』が終わって、ようやく石渡さんの手伝いをできるのかなと思ったら、「もう一回『GUILTY GEAR』を作れ、今ある企画を何とかしろ」と社長から呼び出されまして……。これ、石渡さんも知らないと思うんですけど、当初の企画はマジでヤバかったんですよ。

石渡氏:
 そうだったの(笑)?

森氏:
 その企画というのが、ロボカイ【※】1号、ロボカイ2号、ロボカイ3号……って、ロボカイばっかり出るギルティで(笑)。その企画書を見て「これは……ヤバイですよ」って言ったら、偉い人に「生意気だ!」と怒られまして。

※ロボカイ(『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS』)……某組織の科学者が、ソル・バッドガイと並ぶ『GUILTY GEAR』のもう一人の主人公・カイ=キスクのデータを基に開発したロボット。自己中心的でわがままなだが、どことなく愛嬌のある、きわめて人間味のある性格をしている。初登場作品は『GUILTY GEAR X』(ドリームキャスト版)。

――それはヤバいですね(笑)。

森氏:
 でも、うちって「手をあげた人間がやる」という風潮がありまして。言った手前、その理由を説明しているうちに「じゃお前が作れ」ということになって(笑)。それで作ったのが『GUILTY GEAR XX / -SLASH-』でした。

そして『BLAZBLUE』が誕生した

――その後『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』が発売されるわけですが、そこからなぜ『BLAZBLUE』が誕生したのでしょうか――という話は、色んなメディアさんで語られている【※】と思うので、森さんとしては、ぶっちゃけ、当時どんな心境だったのでしょうか?

※『BLAZBLUE』誕生の経緯……当時、森氏は格闘ゲーム市場のことを「成熟しきっている」と捉えていた。このままでは新たなユーザーが及び腰になってしまうと考えた森氏は、格闘ゲームを対戦ツールとしてではなく、エンターテイメントとして提供すればいい――という結論に至る。そして生まれたのが、総合エンターテイメント作品『BLAZBLUE』である。総合エンターテイメント作品となりえた理由は、キャラクターとストーリーモードの存在が大きい。本作の家庭用版では、アドベンチャーゲームのボリュームに匹敵する分量のストーリーモードが用意された。その内容は中二心をくすぐるもので、キャラクターデザインも、アニメのようなテイストで描かれている。また、そんなキャラクターたちを演じる声優陣によるwebラジオ「ぶるらじ」も人気を博し、これまで全く格闘ゲームに触れら来なかった新規の層が、このラジオを通して入ってきたと言われている。

森氏:
 ぶっちゃけ、石渡さんが格闘ゲームを作らなくなったからですね。

石渡氏:
 当時は格闘ゲームを作る意欲がなかったんですよ……。

森氏:
 そして、石渡さん抜きでこれ以上『GUILTY GEAR』を作り続けるは難しい状況だった。それで、自分が良いと思う要素を詰め込んだゲームを作ることにしたんです。
 ただ、どうしても音楽に関しては石渡さんにお願いしたくて説得しに行ったんですが、最初は断られてしまい……。

石渡氏:
 覚えてるよ(笑)。ファミレスでやりとりしたよね。でも、自分には音楽の引き出しがないと思っていたから、『GUILTY GEAR』と住み分けができないと思って最初は断ったんです。
 最終的には、「いいからやって!」みたいな感じになって、引き受けましたけど(笑)。

――そこから『BLAZBLUE』は日本の格闘ゲームを代表するタイトルに成長するわけですね。それを見た石渡さん的には、どのような心境だったのでしょうか。

石渡氏:
 そもそも、モリモリから『BLAZBLUE』の話を聞いたときは「はぁ?」って思いました(笑)。当時から、彼は『BLAZBLUE』のことを総合エンターテイメント、つまりコンテンツだと言ってたんですが、僕からすれば「何がコンテンツだ! 格闘ゲームはツールであるべきだ!」と思っていたんですよ。

 ところが、『GUILTY GEAR 2』のセールス不調と『BLAZBLUE』の成功を見て――その考えは、改めざるを得なかった。『GUILTY GEAR 2』はとにかく“自分が最高に面白いと思うツール”として開発したんです。ところが、それについて来てくれるユーザーさんが少なくて、もはやツールとして機能していなかった……。

 一方、『BLAZBLUE』はコンテンツとして評価され、それがユーザーを集めていった。その結果、コンテンツでありながら、しっかりとツールとしても機能するタイトルになったんです。

――『BLAZBLUE』がうまかったのは、まさにそこでしたよね。格闘ゲームにおける対戦要素――つまりツールの部分を触らなくても、コンテンツとして楽しめるようになっている。

石渡氏:
 それだけじゃないんです。ストーリーに関しても、格闘ゲームにおける“ストーリーの美学”って、僕は「多くを語らないこと」だと思ってたんですよ。格闘ゲームはツールなので、多くを語る必要はない――いや、語っちゃいけないと。

 しかし、『BLAZBLUE』はあの大ボリュームのストーリーがウケたわけですよ。「ああ……モリモリは正しかったんだ」って思いましたね。今となっては、格闘ゲームはツールである前に、ユーザーさんに楽しんでもらえるコンテンツであるべきだと思っています。

――だから、石渡さんが7年の沈黙を経て手がけたシリーズ最新作の『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』【※】では、しっかりとストーリーが描かれ、様々なコンテンツが楽しめるんですね。

※GUILTY GEAR Xrd -SIGN-……2014年にアーケードと家庭用でリリース。格闘ゲームとしては、『GUILTY GEAR XX』から10年振りの完全新作である。家庭用版では『BLAZBLUE』で好評だって一人用モードやオンライン対戦機能なども搭載。特に目玉なのが、3DCGアニメのように展開されるストーリーモードだ。例えば『BLAZBLUE』の場合、ストーリーにおける戦闘シーンはプレイヤー自身がキャラクターを操作するが、本作のストーリーモードはアニメを鑑賞するような感覚で楽しめるようになっているため、バトルイベントなどは一切発生しない。

石渡氏:
 先ほども言ったように、当時の僕は、格闘ゲームを作る意欲はなかったんです。だからこそ『GUILTY GEAR 2』を作ったんですが、これが失敗してしまったので、そんなことも言ってられなくなったんですね。

 とはいえ、何をどう作るべきか――というのはすごく悩みました。というのも、僕は『BLAZBLUE』を見て、僕らが追い求めていた2Dドットの格闘ゲームは、あれで完成したなと思ったんです。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2』のストーリーモード

 そんなとき、あるスタッフが個人的に3DCGを研究していて、それを見せてもらったんです。それがとにかくすごくて……ビビッときました。ドット至上主義だった僕がそこに活路を見出すのもおかしな話なんですが――でも「これならいける」と思ったんです。

――『GUILTY GEAR』があったから『BLAZBLUE』が生まれ、そして『BLAZBLUE』があったから『GUILTY GEAR』は見事復活【※】し、再び高い評価を得るに至った――今日の話を通じて、お二人の長きに渡る関係性が、アークの2大タイトルを共に作り上げていったことが非常によくわかりました。

※GUILTY GEARの復活
『GUILTY GEAR 2』以降、同シリーズは長年沈黙を保っていたが、2013年に開催された「ARC SYSTEM WORKS FESTIVAL(あーくふぇす)」にて、現行の最新シリーズの第一作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』が電撃発表された。従来の『GUILTY GEAR』は2Dであったが、会場のスクリーンに映し出されていたそれは、3Dへ完全移行した全く新しい『GUILTY GEAR』だった。特にシリーズ伝統の手描きアニメーションを3Dで再現する手法は大きな話題にとなり、歴史あるシリーズゆえの安心感と、今までにない目新しさが相まったビジュアルは、永い沈黙を打ち破るに相応しいインパクトをもたらした。なお、2017年には現行の最新シリーズの第三作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』がリリースされた。

e-Sportsとプロゲーマーの今後

「EVO 2017」の様子
(画像はEVO Japan公式ツイッターより)

――さて、ここまでは過去の話でしたが、未来のお話も伺っていきたく思います。まずは、「EVO 2017」について、お二人の目にはどのように映りましたか?

森氏:
 日本人が上位を独占していたのは、「なんとかしなきゃ」と思いましたね。

 そう言うと、勝ち上がってきた方々に失礼ですけど、世界大会であれだけ日本人ばかりだと「日本でやれば」ということになりますよね。
 本当は、日本人が二人ぐらいでちょうどいいと思うんです。これは、日本国内に限定したアーケード先行などの我々のリリース体制などに問題があったと思っていまして……反省しています。ただ、それを別にすると、もっとメジャーになりたいと思いましたね(笑)。

――石渡さんはどうでしょう?

石渡氏:
 今までは海外パートナー経由で出展していたんですが、今回はアーク自社でブースを出展して、多くの方に来ていただきました。格闘ゲーム業界の著名な方々にもお越しいただいて、放送を行ったりもして……。

 あと、非公式ですけど主催者の方から「ベストブース賞」というアワードもいただいたんですよ。

――ちなみに、自社タイトル以外で注目のタイトルや出来事はありましたか?

森氏:
 今年に限った話じゃないですが、やはり「大乱闘スマッシュブラザーズ」【※1】の盛り上がりはすごかったですね。
 「ゲームパッド(コントローラー)であんなに盛り上がるんだ!」と思いました。やっぱりアケコン【※2】って高いですし、海外だと周辺機器として敷居が高い。それに比べて、「スマブラ」の選手のグローバルな感じを見ると、やっぱりパッドっていいなと思いました。

※2 アケコン……アーケードコントローラーのこと。格闘ゲームや対戦アクションゲームのプレイにあたって、パッドよりも素早いコマンド入力が可能なため、プロゲーマーを中心に使用されている。尚、画像は数ある人気のモデルのうちの一つであり、本稿として特別推奨しているわけではない。
(画像はAmazonより)

※1 大乱闘スマッシュブラザーズ
HAL研究所が開発し、任天堂が発売した対戦型アクションゲームのシリーズ名。任天堂が発売したコンピュータゲームシリーズの代表的な人気キャラクターが一堂に会し戦う。「スマブラ」の愛称で親しまれる国民的ゲーム。

――コントローラーの問題ですね。アークの格闘ゲームは、いわゆるコンボゲーのイメージがあるので、森さんがそう思われるのはなんだか意外です。

森氏:
 実は「EVO 2017」で発表させていただいた『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』【※1】は、グローバルに受け入れられることを意識しました。ゲームパッドでの操作を重視したことに加え、海外作品である『RWBY』【※2】に参加させていただいたりしています。

※1 BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE……「EVO2017」で発表された「BLAZBLUE」シリーズ最新作。初のタッグ作品で、『BLAZBLUE』からラグナ、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』から鳴上悠、『UNDER NIGHT IN-BIRTH』からハイド、『RWBY』からルビー・ローズの参戦が決定している。発売は2018年を予定しており、家庭用ゲーム機向けにリリースされる。

※2 RWBY
米ルースター・ティース・プロダクションが手がけるWEBアニメシリーズのこと。2013年の第1作目の公開以降、現在に至るまでシリーズ4まで制作されている。日本でもDVD/BDが発売されているほか、映画館での上映イベント、さらにはテレビ放映までなされた。

――ちなみに、日本のe-Sportsシーンや、プロゲーマーの現状についてはどうお考えですか?

森氏:
 なにより思っているのが、まずプロゲーマー協会を作るべきなんですよ。今って「プロになります!」と手をあげて、そこにスポンサーがついてプロになるじゃないですか。でも、それでいいのかと思うんですね。

 僕は、プロゲーマーはみんなの憧れである必要があると思ってます。サッカーとか野球のプロみたいにね。だから、誰かが手をあげてそうした活動をやらなきゃいけない……ウメハラくん【※】とかね(笑)!
 というのも、そうした協会は中立であるべきで、我々メーカーとしてはなかなか手をあげにくいんです。もしできたら、我々は全力で協力したいんですが……。

※ウメハラくん
梅原大吾。“ウメハラ”、 “The Beast”の愛称で、日本はもちろん海外にも広くその名を知られる格闘ゲーマー。日本やアメリカのゲーム大会で、1990年代から数々の優勝を飾ってきた。2010年に、対戦格闘ゲームのジャンルでは日本初のプロゲーマーとなり、現在も第一線で活躍中。

石渡氏:
 やっぱり、今以上にプロゲーマーの社会的地位や名誉をあげる必要がありますよね。そのためにはちゃんと儲かることも大切で、プレイヤーに賞金を出す仕組みをつくるのが重要だと思っています。日本だと、そこが法律的に難しいのですが……。

『GUILTY GEAR』『BLAZBLUE』コラボの可能性も!? 

――では最後に、お二人の今後について伺えればと思います。

石渡氏:
 僕は『GUILTY GEAR Xrd REV 2』がリリースされたばかりなので、パッと答えられる言葉がないのですが、とりあえず『GUILTY GEAR』のストーリーを畳もうとは思っています。

 そしてそれをやり終えたあとに、一度リセットしたいですね。

森氏:
 やっぱり、クリエイターには息抜きが必要ですよね。『ファイブスター物語』【※】とかみると、こんなに自由でいいんだって思いますね(笑)。
 ……それはさておき、僕の方では、今はコンボゲームではない、差し合いの格闘ゲームを作ってみたいと考えています。

※ファイブスター物語
永野護氏による漫画。1986年より角川書店発行の『月刊ニュータイプ』の看板連載作品(直近では9年の長期休載を経て、2013年5月より連載再開)。人工生命体の登場する戦闘漫画。

――また、お二人で一緒にゲームを作る可能性はないのでしょうか?

森氏:
 いやー、絶対に喧嘩するから、やらない方がいいですね(笑)。

石渡氏:
 二人とも作りたいものがあるので、あえてタッグを組む必要はないと思っています。でも、「もし」って話なら……やっぱり『GUILTY GEAR』vs『BLAZBLUE』(以下、GGBB)なのかな。

森氏:
 僕がプロデューサーで石渡さんがディレクターとか……いや、ダメだな(笑)。もし作るなら、僕らは監修という立場になって、誰か信用できる人に任せた方がいいですね。

石渡氏:
 ……あっ、でもね、モリモリが作る『GGBB』は見てみたいな!

森氏:
 ああ! それを言ったら、僕も石渡さんが作る『GGBB』は見たいですよ!

石渡氏:
 じゃあ、『ポケモン金・銀』みたいに2バージョンにしよっか(笑)。 石渡エディションと森エディションみたいな。

――もし実現したら両方買っちゃいます(笑)。本日はありがとうございました。(了)

 今回は、今だからこそ語れる内容を話してもらったが、そこからは運命的なものを感じた。森氏は冗談交じりに「ピックパックは騙されて立ち上げた」と言っていたが、そういった出来事があったからこそ、今の『GUILTY GEAR』があるのは間違いない。

 そして森氏はそんなピックパックという環境で石渡氏に触れ、技術、感性、センスを吸収。同社での経験なくして『BLAZBLUE』のヒットはなかったはずだ。

 興味深いのは、そんな森氏が今度は石渡氏に影響を与え、その結果『GUILTY GEAR』が復活したことだ。実のところ、二人の出会いは奇跡的なものであり、クリエイターとしての人生、そして格闘ゲームの行く末を左右することになるほどの出会いだったように思える。

 また、この場をかりて、そんな彼らが育ててきた次の世代が早くも根を出しつつあることもお伝えしておきたい。『BLAZBLUE』の最新作『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は森氏も当然関わっているが、現場では若いクリエイターたちが活躍している。

 『GUILTY GEAR』の方面でも、『GUILTY GEAR Xrd』で培った3D技術を駆使し、バンダイナムコエンターテインメント社から発売される『DRAGON BALL FighterZ』を開発中だ。石渡氏は関わっていないが、『GUILTY GEAR Xrd』を手掛けてきたクリエイターが多く参加している。

 石渡氏と森氏の新作は今後もリリースされていくはずだが、アークシステムワークスの次世代クリエイターたちの作品、そして格闘ゲームの未来にも注目していきたい。

【あわせて読みたい】

 

掃除のおばちゃんにプレイさせて『バーチャファイター』開発。時代を先取りした鈴木裕のゲーム開発哲学 【鈴木裕氏×『鉄拳』原田勝弘氏】

 格ゲー界のレジェンド中のレジェンド・鈴木裕氏が『バーチャファイター』の開発のためにまずにしたのは……なんと拳法の稽古!? 『鉄拳』原田勝弘氏との対談で鈴木氏が自ら語った、その真意とは。

関連記事:

東大卒プロゲーマー“ときど”が語る、プロゲーマーのプライド、“本当の勝ち負けは試合の勝敗じゃなくてお互いの納得”

90年代格闘ゲームがジャンプ作家に与えた衝撃。『るろ剣』再開の和月伸宏が語るその影響

インタビュアー・著者
新聞配達中にトラックに跳ね飛ばされたことがきっかけで編集者になる。過去に「ロックマンエグゼ 15周年特別スタッフ座談会」「マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡」などを担当し、2017年4月より電ファミニコゲーマー編集部のメンバーに。ゲームと同じぐらいアニメや漫画も好き。
Twitter:@ed_koudai

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ