レイマンのランゲーム『レイマン ジャングルラン』がセール ほか7本【iPhone ゲームアプリ セール情報:2018/11/5】

 ここでは、iPhoneをはじめとしたスマホのゲームアプリのセール情報をお届けします。

 

 価格はiPhone(App Store)を対象としたものですが、急にセールが終わることや、Android(Google Play)はセール対象外のこともあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

 ランゲームの名作『レイマン ジャングルラン』が久々にセール。

 『シムシティ』系の都市開発SLG『Pocket City』がセール開始。

 ベルトスクロールアクション『Wonder Blade』が元の値段に。

▶ 『Sid Meier’s Civilization VI』がiPhone対応記念のセールを継続中。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『レイマン ジャングルラン』
(360円 → 120円11/5 追加

 2012 年に Apple が「今年のベストゲーム」に選出したアプリ。
 遊びやすくてスピーディーなジャンプアクション(ランゲーム)で、しかけも豊富、純粋に遊んでいて楽しい。グラフィックも今見ても見劣りしない。
 今となっては『スーパーマリオラン』の前身のようにも見える。

セール継続中のアプリ

『Pocket City』
(600円 → 480円11/2 追加

 『シムシティ』のクローン。 『シムシティ ビルドイット』とは異なる、正当派の『シムシティ』のシステム。
 道の周囲に住宅・商業・工業の地区を並べ、街づくりを行っていく。
 需要があり、交通渋滞や税金や公害があり、昔ながらの『シムシティ』を踏襲している。

 

『Wonder Blade』
(600円 → 360円11/1 追加

 クオリティの高い横スクロールの格闘アクション(ベルトスクロールアクション)。
 スピーディーな連続技で敵をバシバシ倒していける爽快感のある作品で、キャラクターがユニーク、演出も豊富。他のゲームのパロディーシーンも多い。
 2面のボスが強すぎるのが気になるが、ゲーマーにおすすめの良作。
 元々 360円だったが、それが 600円に値上げされ、それがまた 360円になっている。

 

『Construction Simulator 2』
(600円 → 250円10/22 追加

 ブルドーザーやクレーン車などの重機を操り、さまざまな仕事をこなしていく、オープンワールドの土木建築シミュレーション。
 重機のレンタル、建設現場までの移動、資材運搬も行う総合的な建設会社運営ゲーム。
 9月にPC、PS4、Xbox Oneにも移植された。

 

『SteamWorld Heist』
(1200円 → 600円10/13 追加

 真横視点で銃撃戦のターン制シミュレーションRPG。 ロボットの宇宙西部劇。
 細密なグラフィックと、障害物に身を隠しながら跳弾で敵を狙う、ユニークなシステムを持つ。
 古い西部劇映画のような演出と、雰囲気のよいBGMも特徴。Steamからの移植。

 

『Sid Meier’s Civilization VI』
(7400円 → 2400円10/5 追加

 iPad専用だったが、アップデートでiPhoneにも対応、その記念セールで60%OFF。
 人類の歴史と文明の興亡を再現した壮大な開発/戦略シミュレーションゲーム『シヴィライゼーション』シリーズの最新6作目。
 パソコン版と同じ内容のフルプライスのゲームで、科学と文化、軍事と経済に加え、宗教や社会制度、芸術や観光などが盛り込まれている。
 アプリ本体は無料だが、そのままでは体験版で、フルバージョンにする課金が割引。

※初回起動時は立ち上がるのに時間がかかります。あわてずに待ちましょう。
相応の本体スペックも必要です。インストール後は一度本体を再起動するのをおすすめします。

 

『Evoland』
(600円 → 120円10/3 追加

 ゲームの進化を表現したユニークなアクションRPG。
 ゼルダ系の謎解きアクションだが、全編を通してゲームネタ満載の内容。
 ゲームボーイ以降のゲームを歴史を知っている人なら、色々な意味で楽しめる作品。
 『Evoland 2』ほど長編ではない。

最近セールが終了したアプリ

『Bloons Supermonkey 2』
(120円 → 無料10/31~11/6 終了

 『Bloons TD』の世界観を持つ、やられない縦スクロールシューティング。
 大量に出てくる風船を割りまくり、アイテムを回収しまくる、圧倒的爽快感のゲーム。
 自機がやられないためゲーム性は低いが、爽快さが突き抜けているためやっていて楽しい。

 

『Dungeons & Such』
(360円 → 120円11/2~11/4 終了

 お手軽で本格的な、遊びやすいターン制のコマンドバトルRPG。
 2010年に公開された古いアプリだが、RPGの原点といえる、色あせない面白さのあるゲーム。
 アップデートが繰り返されており、最新OSでも動作する。

 

『魔法の女子高生』
(360円 → 240円10/31~11/4 終了

 命名によってオリジナルの魔法を作り出せる、変わったシステムのローグライクRPG。
 いわゆる『不思議のダンジョン』系で、アイテムと魔法を駆使しながらランダム生成のダンジョンを探索する。
 MPが体力を兼ねているため、強力な魔法を作ってもMP消費が大きいと使い辛く、その加減が難しい。Steamからの移植。

 

『I am Bread』
(600円 → 240円10/30~11/4 終了

 主人公は「食パン」。素敵なトーストになるため旅に出る、奇想天外なバカゲー。
 単なる一発ネタのようだが、しっかり作られている作品で、グラフィックやサウンドも高クオリティー。
 移動するのが難しく、それがゲームになっている。

 

『Age of Rivals』
(480円 → 240円10/27~11/4 終了

 産業や芸術のカードで王国の勝利点を稼ぎつつ、軍事力で相手のカードを破壊する対戦カードゲーム。
 深い戦略と適度な運を併せ持つドイツゲーム系のアプリで、オンライン対戦も実装されている。ややセール多め。Steam版あり。

 

『Sproggiwood』
(600円 → 120円10/30~11/2 終了

 海外のローグライクRPG。日本の『不思議のダンジョン』系とはかなり異なるシステム。
 シンプルながらローグライクらしさは十分で、アイテムではなくスキルを駆使し、敵が大量にひしめくダンジョンを突破していく(Androidはセール対象外)。

 

『三国志漢末霸業』
(1200円 → 960円10/28~11/1 終了

 中国で作られた本格戦略シミュレーションの三国志。
 コーエーの『三國志』シリーズの良いとこ取りをしているようなシステムで、日本では知られていない正史の武将も登場、データも驚くほど詳細で、さすが本場と言える内容。
 発売当初も960円だったが、定価は1200円だった模様。Steam版もある(Androidセール対象外)。

 

『Radiation Island』
(360円 → 120円10/26~11/1 終了

 謎に満ちた風光明媚な南国の島を探索する、オープンワールドのサバイバルアドベンチャー。
 ボリューム、グラフィック、ゲーム内容など、すべての点で高クオリティー。
 『Radiation』三部作の中ではもっともお勧め。

 

『Radiation City』
(360円 → 240円10/26~11/1 終了

 チェルノブイリ原発事故で廃墟となった都市を舞台に、秘密実験の正体を探るゾンビサバイバル・アドベンチャー。
 『Radiation Island』の続編といえ、車で移動することができるが、生産は重視されておらず、序盤からゾンビに襲われる。

 

『Escape from Chernobyl』
(600円 → 240円10/26~11/1 終了

 人気サバイバルゲーム『Radiation』シリーズの3作目。今回は廃墟の巨大施設を探索する。
 チェルノブイリ原子力発電所を実際のスケールで再現しており、グラフィックがとてもリアル。
 ただ自給自足の要素はなくなり、単なるホラー 3D アドベンチャーになっている。
 Android版のタイトル名は『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』。

 

『Sir Questionnaire』
(360円 → 240円10/26~11/1 終了

 進むか探すか、戦うか逃げるか、二択だけでサクサク進行する簡易的なローグライク。
 ただし難易度は高く、二択しかないので運にも左右される激ムズの死にゲー。
 手軽に楽しめるので、通勤通学用のアプリとしておすすめ。

 

『ネオモンスターズ』
(120円 → 無料10/24~11/1 終了

 スマッシュヒットとなった『ドラゴンアイランド』や『ハンターアイランド』の後継作。
 モンスタートレーナーとなり、モンスターを捕獲してライバルトレーナーと戦うポケモンバトル系のゲームだが、ポケモンとは雰囲気は異なる。

全世界で月3億人が遊ぶ『キャンディークラッシュ』シリーズ最新作は、新要素のおかげで遊びやすさUP。またハマっちゃう?【レビュー:Candy Crush Friends Saga】

多忙な人にこそスローライフで息抜きを。海外版『牧場物語』といえる大ヒット農場運営ゲームのモバイル版【レビュー:Stardew Valley】

著者
カムライターオ
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ