エロVR“お楽しみ中”にドアガチャ→息子の危機!――を防ぐべくたち上がった男、「HMD強制射出システム」の実装に成功。全世界の“お前ら”のためにソースコードも大放出!

1

2

3

みなぎる力を抑えて、最後の仕上げ! 

 HMDに搭載するために、「ESP-WROOM-02」と「サーボモーター」、「電源用の電池」をつなぐ基板を用意した。

 

 そして、むりやりHMDにくっつけたら、完成である。

 

 

 養生テープで貼り付けたら、いきなり雑になった。しかし、固定できればナンでもいいのである。……こういう雑なところが最後に出てしまう辺り、我ながらダメだと思う……。

 

 HMDをかぶってみる。電池がやたら存在感を発揮している。

 

 これで、冒頭の動画に繋がるのである。

 

 

 

 

お疲れさまでした。……ふぅ。

 

 

 

 Wi-Fiを経由しているので、“IoT製品だ!”と言い張ることも実はできるかもしれない。

 URLにアクセスさえすればいいので、PCのブラウザから操作してもいいし、スマホからでもできるのが便利だ。

 準備が少し大変ではあるけれど、それでもちょっと昔に比べればかなり簡単になっているし、安く作ることができる。
 もうすぐ終わるかもしれないが“夏休みの宿題”として、この工作にぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 僕は、皆さんが作る前にVR業界に売り込んで、億万長者になろうかと思っている。僕にとってのサマージャンボは、これだ!?

 

おまけ─本気で作りたい人向けに公開!

 「ESP-WROOM-02」にプログラムを書き込むためには、ハードとソフトの両方で準備が必要なので、こちらでまとめてみた。

 まずは下記の部品を用意する。

低損失三端子レギュレーター 3.3V1A TA48033S

超小型USBシリアル変換モジュール

・タクトスイッチ

・抵抗10kΩ

 そして、ブレッドボードに、このように実装する。

 

 「ESP-WROOM-02」の電源は3.3Vなので、注意が必要だ。ACアダプタや乾電池から三端子レギュレータで変換しておこう。上の回路図では、コンデンサを省いているのでご注意を。

 実際に僕が実装したものはこんな感じ。電源周りがちょっと違ったりするのだけど、参考にしてもらえたらウレシイ。

 

 

 書き込むための回路ができたら、次はソフトの設定だ。ちょっと高い方の基板を買った人は、ここから進めてもらえれば大丈夫。

 

 最新版のArduino IDEをインストールしておく。インストールガイドを参考に、ライブラリをインストールしよう。

 Arduino IDEの設定から、「追加のボードマネージャのURL」に「http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json」を入れる。

 

 

 そうしたら、「ツール」→「ボード」→「ボードマネージャ」を選び、一番下にある「esp8266」というのをインストール。

 完了したら、「ツール」→「ボード」のところで「ESP8266」が選べるようになっている。下記の画像のように設定しよう(シリアルポートはPCによって変わる場合アリ)。

 

 

 ここまでできたら、準備完了だ。

 早速LEDを光らせるサンプルを書き込んでみよう。

 書き込むときに注意点がある。回路に2つタクトスイッチを付けたが、これを押すことによって書き込みモードになるのだ。

 

 

 上の画像でいうと、青がリセットスイッチ、黄色がIO0のスイッチだ。

 書き込みモードにするには、「まずリセットスイッチを押し、そのままIO0のスイッチを押しリセットスイッチを離してIO0のスイッチを離すようにすればいい。

 まるでゲームの隠しコマンドのようだが、上の画像だと「青押す→黄押す→青離す→黄離す」の順に操作すればいい。

 

 その上で、Arduino IDEでプログラムを書き込むようにする。書き込みモードになっていれば、下記の画像のようになる。

 

 

 その後、このようなメッセージが出ると完了だ。

 

 

 

 これでプログラムを書き込むことができた。

 

 たいへんお疲れさまでした。

 楽しい「ESP-WROOM-02」ライフをお楽しみください!

【あわせて読みたい】

 

Switchのコントローラで動く改造オモチャを作ろう! Pythonで『1-2-Switch』風リアル「真剣白刃取りゲーム」を実装したよ【ソースコードも掲載】

 爲房氏の前回の企画は、Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Con」の魔改造! バカバカしくも、いつかどこかで役に立つことが書いてある! ……かもしれません。

関連記事:

【アダルトVR】 “アダルトVRエキスポ2016”レポート──飛躍にはイノベーションが待たれる

【サマーレッスン爆速レビュー】パンツを覗き込むのに成功したぜ! JKをカテキョする大注目VRゲームをドワンゴVR部が語り尽くす!

著者
爲房新太朗
会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。黒ひげ危機一発を空中キャッチするといった工作記事などを主に書いています。
難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。
Twitter:@stamefusa
ブログ:「むだな ものを つくる」

1

2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ