安室の女が号泣!『名探偵コナン』のリアル脱出ゲームで「安室透に一生尽くす」と心に誓った話

 2018年、世の女性たちを狂わせた男がいます。そう、『名探偵コナン』【※1】に登場する安室透(あむろとおる)【※2】です。彼は公安警察の降谷零、黒ずくめの組織のバーボン、私立探偵の安室透という3つの姿を持つため“トリプルフェイス”と呼ばれており、目下「安室透が動けば経済が回る」といっても過言ではないほどの人気を誇っています。

※1 『名探偵コナン』……高校生探偵工藤新一が、謎の組織・黒ずくめの男に薬を飲まされ幼児化。江戸川コナンとして数々の事件を解決しながら、組織の謎に迫る推理漫画。1994年より『週刊少年サンデー』で連載開始。作者は青山剛昌。
※2 安室透……公安警察の降谷零、私立探偵の安室透、黒ずくめの組織のバーボンと3つの顔(トリプルフェイス)を持つ男。日本を守る公安警察として、黒ずくめの組織に潜入。普段は喫茶ポアロでバイトをしている。
(画像は東宝MOVIEチャンネル│劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』福山雅治主題歌 予告映像【2018年4月13日公開】より)

 2018年4月13日から上映が開始され、安室透を骨の髄まで楽しめると話題になったアニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』(以下、『ゼロの執行人』)は、興行収入85億円を突破する見込み。彼に魅了された女性たちはみずから“安室の女”【※】と名乗り、1日中彼のことを考え続ける忙しい日々を送っているのです。

※安室の女
安室透が好きで好きでたまらない人のこと。なお、安室透の彼女気分を夢見る女性のみを指すわけではない。安室透のファンであり信者たち。

 安室透がいかにすばらしい男であり、漫画やゲームが好きな女性たちに“平成最後のビッグウェーブ”を巻き起こしたかについては、以前に電ファミで記事にしているのでそちらをご覧ください。

人気爆発! “安室透“のどこがすごい? 劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』は7週連続1位となり、少年サンデーは売り切れる……。かつてない規模で女性から支持を集める3つの顔(トリプルフェイス)をもつ男

 さて、かくいう筆者も安室透に骨抜きにされた“安室の女”のひとり。1週間に最低1回は『ゼロの執行人』を観なければ、安室欠乏症に陥り、仕事が手につかなくなってしまいます。

 そんな安室の女たちの中でいま話題となっているのが、リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「公安最終試験(プロジェクト・ゼロ)からの脱出」全国ツアーです。

 このリアル脱出ゲームのコンセプトを“安室の女視点”で読んだところ、「もしも脱出に成功したら、今後の人生を公安警察と降谷零(=安室透)に捧げ、この身ごと彼に尽くせるのではないか?」と思わせる内容でした。

【公安最終試験からの脱出】


日本のCIAとも呼ばれる公安警察の秘密組織・通称「ゼロ」
その公安が一般人協力者増員の為に優秀な人材を極秘裏に採用する試験を実施。
その名も「Project ZERO」

巷で話題のリアル脱出ゲームという謎解きイベントで活躍しているアナタは、安室から候補者としての推薦を受ける。

最終試験が始まろうとしたその時、 何者かによって試験会場がジャックされてしまう。

試験用に準備された模擬爆弾は本物にすり替わり、カウントダウンを始める。

この試験をクリアしなければ、本当に爆弾が爆発してしまう!

求められるスキルは3つ。

些細な違和感を見抜く、洞察力。
限られた情報から正解を導く、推理力。
そして、公安にとって最も重要なある能力。
アナタの実力が今、試される

オフィシャルサイトより)

 この説明だけで『ゼロの執行人』を観た人なら、今回のリアル脱出ゲームの時間軸がどこにあるかはおわかりのことでしょう。そう、まさに『ゼロの執行人』で描かれた東京サミットの会場である巨大施設“エッジ・オブ・オーシャン”の爆破事件後です。
 つまりコンセプトから推理すると、筆者はあの大事件のあと、日本を守る公安警察の協力者になるべく、“安室透から候補者としての推薦を受けた”存在

 安室さんから推薦受けたとか、めちゃくちゃスゴくないですか? だって、“安室さんが私という個体を把握していた”ってことなので、「ありがとうございます」と跳ね上がりそうな展開です。

 つまり、この脱出ゲームに成功すれば、筆者は公安警察の協力者になれる。さらに安室さんに推薦されているため、公安警察の中でも限られた刑事しか接触できない“安室さんとの接触”が可能となることでしょう。
 ということは、安室透の部下である風見裕也【※】のように、安室さんの愛車RX-7の助手席に座れたり、手料理をご馳走してもらえたり、個別の連絡だってできる関係になれるはず。妄想するだけで顔のニヤけが止まりません

※風見裕也
警視庁公安部に所属。降谷零(=安室透)の部下であり、彼の右腕として懸命にサポートしている。降谷零より年上であるが、体術と頭脳では及ばない。

 これはもう、何がなんでも“脱出成功”するっきゃない! たとえ、リアル脱出ゲームが初体験だったとしても……。

 そこで、安室の女がリアル脱出ゲーム×名探偵コナン「公安最終試験からの脱出」を先行体験した結果、今まで以上に安室透をリスペクトするに至った経緯を、心の叫びとともにレポートいたします。

文/かなぺん


いざ、試験会場へ! そこに安室透がいるかぎり……

 2018年6月28日、事件が起こる気配などない初夏を感じる暑い日でした。安室の女である筆者は16時から開催される『名探偵コナン』のリアル脱出ゲーム先行体験のために、朝から“リアル脱出ゲーム”について調べまくっていました。

 さきほども書きましたが、筆者の立場は“安室透の推薦を受けて”、リアル脱出ゲーム……いや、公安警察の協力者になるための最終試験「Project ZERO」に挑むというもの。筆者の失敗は、推薦してくれた“安室さんの顔に泥を塗ること”になってしまうため、失敗はできません。

(画像はリアル脱出ゲーム×名探偵コナン「公安最終試験(プロジェクト・ゼロ)からの脱出」より)

 限られた時間ではありましたが、リアル脱出ゲームについてできる下調べはした……。そう踏ん切りをつけて、いざ、試験会場のひとつである東京の原宿ヒミツキチオブスクラップへと足を運びました。
 入り口に着くと“試験会場はここだよ”と知らせるかのように、『名探偵コナン』の主人公である小学1年生の江戸川コナンくんと安室さんの立て看板が出迎えてくれました。

 「安室さん、顔がいい!」と言いながら写真を撮り続ける筆者。その美貌を独り占めするのも申し訳ないので、アップ写真も紹介します。

 心のボルテージが急上昇するのを感じながら入り口へ進むと、再びコナンくんと安室さんがデデ〜ンと待ち構えてくれていたのです。それも額縁に彩られて……、もう「拝め」と言われているも同然ですね。

 「いまから安室さんの期待に応えられるように……ひいてはあなたが守るこの国のために、全身全霊で試験に挑ませていただきます!」と心の中で決意表明し……、ふたりの御尊顔に向かって一礼。なんだか、この身が清められた気がします。

 試験会場内へ進むと……そこは意外にも無機質な場所でした。「まぁ、試験会場だもんね」と思いながら近づくと、すでに最終試験「Project ZERO」に挑む人たちが集まっているではありませんか。
 会場にいる全員が“安室透の推薦を受けて”参加している人たち。どう見ても一般人にしか見えませんが、きっと特別な能力を秘めているか、ダブルフェイス以上の持ち主であるに違いありません。ザワザワとした雰囲気の中にも、どことなく張り詰めた気が漂っています。

 今回の試験は6名が1チームとなって挑むもの。同じテーブルを囲む人とは“運命共同体”です。指定された座席に着き、自己紹介が始まりました。すると隣の女性が「メディアの者です」といきなり素性を暴露。
 「おっと、個人情報ダダ漏れですけどあなた大丈夫?」 そんな簡単に職業を教えたら、安室さんに「これでよく公安が務まるな」という感じで怒られちゃいますよ。と他人事ながらヒヤヒヤしました。

 筆者は「いわゆる安室の女です」と告げ、その後もチームメンバーそれぞれの、具体的に何者なのか判らない自己紹介が続きました。さすが安室さんに推薦された人たち、ガードが堅かった……。
 ただひとつ判ったことは、皆さんリアル脱出ゲームの猛者ということ。初体験の筆者は、チームメンバーの足を引っ張ってはいけないため、気合が入ります。

 試験開始前には場内アナウンスが流れていました。コナンくんや安室さんの声がたくさん堪能できるのですが、なかでも安室さんが「お手洗いは済ませておいてくださいね」的な発言を! さすが安室さん、試験中に便意をもよおしたら大変ですものね。そんな些細な気遣いまでしてくれるなんて、本当に完璧な男性だなぁ〜。とシビれ、筆者はコナンくん風に「ボク、ちょっとトイレ〜」としっかりお手洗いへ向かいました。はぁ……スッキリ!

 さて、いよいよ試験本番。ここからは至極真面目に、最終試験「Project ZERO」へ挑む人間として頭をシフトすることにいたしましょう。

シビアすぎる試験に悪戦苦闘……叫んだ言葉は「松田、助けて!」

 いよいよ試験開始です。ここで言っておかなければならないことがあります。試験前や試験後の写真は筆者が撮影したものなのですが、試験中の写真はいわゆるオフィシャル写真。今回のイベントを開催したSCRAPから配布されたものです。

 何度も言いますが、最終試験「Project ZERO」は公安警察の秘密組織ゼロが主催したもの。国家的機密が多く、情報は外部に流出させられません
 筆者には安室さんのように華麗な盗撮や盗聴をするスキルがありませんし、公安警察の手の者ではないため「自ら行った違法な作業は、自らカタをつける」こともできません。試験内容について詳細に語れない部分が多々あることをご了承ください。

 司会者……ではなく試験官が説明し始めますが、試験概要については安室さん自身が参加者である協力者候補生に説明してくれるのです。
 安室さんから説明を受ける自分が存在するなんて、スーパーミラクルハッピー状態! 目を見開きながらモニターを見つめてしまいます。

 しかし、今回の試験は非常に難度が高く、この日までに先行体験でおおよそ100チームが参加し、脱出成功は7チーム
 公安警察の協力者になるのが岩山からダイヤモンドを探しあてるレベルの難しさであることが解ります。
 まぁ……諦めませんけど。

 ほどなくすると、コナンくんがモニターに現れたではありませんか! “江戸川コナンが歩けば事件が起きる”のは『名探偵コナン』あるある。会場もその伏線を感じたのか、「かわいい」という反面「事件の香りがしてきた」とざわつき始めます。コナンくんの愛らしい表情を堪能しながらも、背中から冷や汗が流れ出てきました。

 みごとに予想的中! 試験会場がジャックされたと告げられました。思わず「あれれ〜おかしいぞぉ〜」と声を上げてしまいます。だって、公安警察の秘密組織ゼロ主催の試験ですよ。セキュリティーとか完璧なはずなんじゃ……。逼迫した状態を伝える赤色の警告灯に心臓がギュッとなってしまいそうです。

 思い返せば『ゼロの執行人』では公安警察がいるなか爆破事件が起きました。2016年のアニメ映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』(以下、『純黒の悪夢』)でも警察庁は黒ずくめの組織のひとり、キュラソーに侵入されていました。
 降谷さん(=安室さん)たちが日々、国家のためにその身を犠牲にしてまで働いてくれているのは承知ですが、ひとこと言わせてください……。

 「またですか!」

 なお、安室さんの部下である風見さんの説明によると、犯人は試験用に準備された模擬爆弾を本物にすり替えており、試験をクリアしないとそれが爆発してしまうとのこと。状況把握のために走り回っている風見さん。「公安務まってるよ!」とエールを送ってしまいます。

 安室さんから「キミたちが(爆弾を)解除するんだ!」と励まされても、筆者はただの一般人。安室さんは爆弾とか見なれているだろうけれど……普通は爆弾とか人生で一度も見ることがありません。正直、パニックです。

 しかし、安室さんは緊迫した状況を我々に教えてくれるものの、声色はどこまでも落ち着いています。いかなるときも冷静さを失わない。さすが安室透! 
 安室さんが、どこか優しく道筋を示し、頑張れと励ましてくれるため、筆者のパニック状態は落ち着き、「頑張るよ! この国のために」と爆発阻止に挑んでいくこととなりました。

イヤホンから流れてくる安室さんの声。まるで部下気分

 試験会場がジャックされたとはいえ、公安警察の協力者になるための試験。知識だけではなく、洞察力や観察力はもちろん推理力まで試されます。しかし、今回の試験は難度が高すぎるため、ヒント集なるものが用意されていました。試験内容はプロファイリング、推理、爆弾解除の3つ。
  解らないときはヒントを見れば進めるため、筆者のチームも第一の試験と第二の試験をクリアすることができました。

 コナンくんは日ごろから、関わった人はもちろん、レストランの客やすれ違った人にいたるまで記憶し、少しでも疑問を持てば立ち止まって考えていますよね。そういうのって……とっても大切なことなのだと、あらためて感じました。

 さて、今回の試験はタブレット端末を使って行なわれます。通信相手は安室さん! そう“安室透によるガイドボイス”で進行していくのです。つまり“安室さんの部下気分”が味わえちゃいます。
 しかもボイスはすべて新規録り下ろしとのこと。これはスゴイ!!

 タブレット端末から繋がっているチーム6人ぶんのイヤホン。ひとりひとりが安室さんの声をダイレクトに聴けるシステムなので、試験現場がジャックされたという危機的状況でさえなければ、永遠とその美声に酔いしれたいところ。
 だって、謎が解けると安室さんが「皆さん、さすがです」と褒めてくれるんですもの。1000万回そのボイスをリピートしたいと思ってしまいます。

 しかし、筆者の使命は「試験会場を救うこと」と「公安警察の協力者」になること。“安室さんの声最高”と一時の高揚で精神を乱しているようでは、使命をまっとうすることができません。心を鬼にして……突き進むしかありません。

安室さんの気分が味わえる?「爆弾」が登場!

 そもそもジャックされた試験会場は“模擬爆弾が本物にすり替わっている”危機的状況ですから、もちろん爆弾が登場します。日本はいつからこんなに爆弾まみれの社会になったかと思わず嘆いてしまいそうです。

 この爆弾をどう解除するか伝えてしまうと、この記事を逆読みした犯罪者予備軍が“犯罪の手引書”として、今後の事件で使用する可能性があるため、ここでの公開は控えます。とにかく何とかしなければなりません。

 ちなみに、筆者のチームが爆弾解除にたどりついたのは、爆発まで10分を切っていました。……とてもヤバイ状況です。

 刻一刻と爆発までの時間が迫ってきます。しかし、チームメンバーの猛者たちは諦めません。さすが、安室さんから“公安警察の協力者になれるかも”と推薦されている人たち。どんなに絶望の淵に立たされようとも「自分たちがこの危機的状況を打破しなければならない」という使命感を漂わせています。

 そのとき……ひとりのチームメンバーが言いました「まだ大丈夫、落ち着こう」と。筆者はこの瞬間「松田ぁぁぁぁぁぁぁ〜」と心のなかで雄叫びを上げ、「松田、助けて!」と、思わす口に出てしまいます。

 そう、安室さんとは警察学校時代の同期であり、かつて爆弾処理班のエースとして活躍した、亡き松田陣平【※】が言っていました。「焦りこそ最大のトラップ」だと。我らが尊敬する安室さんも、爆弾処理については松田陣平に教えてもらっているのです。

※松田陣平
降谷零(=安室透)とは警察学校時代の同期。殉職した同期の萩原研二の仇を討つために爆弾魔を追いかけていた。萩原研二の死から4年後、警備部機動隊から警視庁刑事部捜査一課に異動となる。しかし、その1週間後の爆弾魔事件にて爆弾を処理中に爆死。降谷零に「焦りこそ最大のトラップ」と爆弾処理の技術を教えた。

 アニメ映画『純黒の悪夢』では、爆弾と向き合うことになった安室さん。一歩間違えれば、自分だけなく多くの人の命にも関わってしまうため、安室さんですら「ふぅ〜」と汗を拭いながら爆弾と向き合っていました。まさか、それを実体験する日が来るなんて。「あのとき、安室さんはこんな気持だったのか……」と、同じ気持ちを否応なく味わうことができました。

 が……結果として筆者のチームは“脱出失敗”。安室さん、せっかく推薦していただいたのに期待に応えられなくてごめんなさい……。

 この日は12チーム中1チームが脱出に成功! 彼らのおかげで、ジャックされた試験会場は爆破から免れ、命を落とさなくてすんだため、筆者はこうして試験を報告できているというわけです。
 最後にコナンくんによって事件の全貌が明かされ、彼の頭脳の冴えっぷりに改めて脱帽……。本当にすごいね、コナンくん!

 脱出成功したチームメンバーたちはこれからきっと、公安警察の協力者として活躍されていくことでしょう。安室さんとともに、この国を何卒よろしくお願いいたします。

 試験が終わるとプロファイリングで使用した答案用紙の返却と安室さんのありがたいお言葉が書かれたカードが配布されます。カードの裏にはQRコードがあり、アクセスすると質問に挑戦して個人成績をチェックできます。
 なんとこれ、自分の肩書きがキャラクターの誰と同格かを知ることができるため、真剣に挑戦しなければならないのです。
 筆者の肩書は警視庁警備部巡査部長らしく、高木刑事と同格とのこと。とりあえず、事件現場に行けるレベルだったのでほっとしました。

試験後の記念撮影……感極まり路上で泣いた

 手に汗握った試験後も『名探偵コナン』が楽しめます。会場では今回のリアル脱出ゲームオリジナルのグッズもたくさん販売しているので、ファンは必見でしょう。まだまだ謎解きが足りないなら「謎付きクリアファイル」や「謎付きお守り」を購入してみるのもアリですね。

 筆者が個人的に興味をもったグッズは「公安手帳」です。安室さんは公安警察所属。普段はその身分を隠していますが、おそらく「公安手帳」はどこかに所持しているはず。
 「つまり、これを持てば安室さんとお揃い気分を味わえるということでは?」ただ、なぜか「13:00 米花総合病院」という誰かが書いた謎のメモが挟まっており、何かが起こっている気配がたっぷり。事件に巻き込まれても……自己責任でお願いいたしますね。

 ほかにも、お楽しみはまだまだあります。コナンくんと安室さんと撮影できるスポットがなんと2ヵ所もあるんです!

 脱出成功、脱出失敗パネルでは、運命共同体としてともに戦ったチームメンバーたちと記念撮影すると盛り上がること間違いないでしょう。コナンくんと安室さんが両脇から、健闘を讃えてくれているかのようですね。

 なお、出入り口付近に設置されているコナンくんと安室さんのツーショットパネルは、横に並ぶことが可能。

 なんと、このパネルは大きさが絶妙なんです! 身長153センチの筆者が横に並ぶと、頭の位置が安室さんの唇あたり。見下ろすコナンくん、見上げる安室さん! 
 コナンくんを見ては「蘭姉ちゃんっていつもこんな感じなんだ〜。ピンとハネてる髪の毛が可愛い」、安室さんを見ては「スタイルいい、顔がいい、スーツ姿がカッコいい」と楽しむことができました。

 こうして、最終試験「Project ZERO」の試験会場を後にした筆者。まさに『名探偵コナン』の世界観を体感できたのですが、それゆえに思うことが多く、あらためて今回の出来事をひとり振り返ってみました。

 安室さんが命を懸けて守ってくれているこの国。一方、のらりくらりと生きている筆者。今回は、そんな自分が公安の協力者として、安室さんを少しでも支えられる立場になれるビッグチャンスだったのに。「脱出失敗」どころか、試験中にパニックに陥ったり、なかなか謎が解けなかったりとチームメンバーの足手まといにもなっていた気がします。

 安室の女として、安室さんを崇拝しているにもかかわらず、筆者は結局……何も彼のためにできてはいないのではないか。なんだかとても安室さんに対して申し訳なく感じてしまい、歩きながら涙が流れてしまいました。

 自分という存在は、なんとチッポケなんだろうか。「顔がいい」「安室さん最高」「今日も執行されたよ」とはしゃいでいるだけで、肝心なときになにもできない。チームメンバーは素晴らしかった。筆者自身がもう少し、あと一歩……冴え渡る推理力を持っていれば……。
 帰宅後、部屋に飾ってある安室さんのぬいぐるみやグッズになんと報告すればいいのか……。考えるほどに悲しくなり、涙が溢れてしまいます。

 筆者は必死に自分に言い聞かせました。「思い上がるな! あのときあの答えを選んだのも私の判断!出た答えを受け入れたのも私の判断! 気づかなかったのも私の判断」と……。
 しかし、やはりそんな自分が「許せません! 許せません!!  許せません!!!」

 衝動的に、知人に「脱出失敗。涙が止まりません」と報告をしたところ、「ほとんどの人が失敗するのがリアル脱出ゲーム。今回のリアル脱出ゲームで、謎が解ければコナンくんや安室さんと肩を並べられる人物だと自分を誇ればいい。解けなければコナンくんと安室さんがいかに“頭がいいか”を実感し、ふたりのすばらしさに拍手を送ればいい。この国を好きでいれば、安室さんが守ってくれるから」と優しい言葉が送られてきました。

 そもそも筆者ごときの一般人が公安警察や安室さんの協力者として「命に替えてもこの国を守る」なんておこがましい考えでした。爆弾処理ができないどころか、コナンくんのような推理力もありません。加えて、安室さんのように敵を一撃ノックアウトさせる体術や、高速道路を180キロでドライブするテクニックもなし。さらに、弁護士でもなければ、サーバーをハッキングするスキルも持ち合わせていないのですから。

 コナンくん、これからも事件の解決を頑張ってね! 安室さん……協力者にはなれませんでしたが、安室さんが守ってくれる国の一員として、これからも清く正しく美しく、生きていきたいと思います。

 こうして、筆者はあらためて、コナンくんと安室さんの偉大さに心からの拍手をおくり、安室さんに一生この身を尽くそう! と決意を固めました。

©SCRAP
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 連載開始25年という長寿作品でありながらも、爆発的な人気を誇る『名探偵コナン』ですが、2018年に大人気となった安室透が『週刊少年サンデー』に初登場したのは2011年。
 息の長さが魅力的なキャラクターの発掘や累積に繋がっており、まだまだ続く『名探偵コナン』が今後どのようなブームや社会現象を巻き起こしていくのか目が離せません。

 その意味で『名探偵コナン』は、終わりが告げられた“平成”を代表する作品であり、中でも安室透はキャラクターコンテンツ市場に“平成最後の巨大ブームを巻き起こした男”と言えるかもしれません。

 今回、筆者はリアル脱出ゲーム✕名探偵コナン「公安最終試験からの脱出」の体験をレポートしました。しかし、最後にひとこと言わせてください。公安警察の秘密組織ゼロが主催した試験を皆様に報告したということは、彼らの“機密”に触れているかもしれませんし、筆者は要注意人物として目をつけられてしまったかもしれません。

 もし……この記事を書いたことにより、筆者がいなくなったら皆さんよろしくお願いします。

【リアル脱出ゲーム✕名探偵コナン「公安最終試験からの脱出」】


公演期間:開催中(全国ツアーのため会場により公演期間が異なります)
問い合わせ:株式会社SCRAP
TEL:03-5341-4915(受付時間:平⽇11:00~19:00)
ツイッターアカウント:@realdgame
※このイベントはチケット制です。チケットの購入および、公演期間については公式サイトをご確認ください。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAP の登録商標です。

【あわせて読みたい】

 

人気爆発! “安室透“のどこがすごい? 劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』は7週連続1位となり、少年サンデーは売り切れる……。かつてない規模で女性から支持を集める3つの顔(トリプルフェイス)をもつ男

 安室の女、渾身の安室透考察記事です。どうぞお楽しみください。

関連記事:

「おはよう」から「おやすみ」まで“私だけの彼“と一緒にいられるコンシェルジュアプリ『MakeS -おはよう、私のセイ』が大ブーム。女性ディレクターが「好き」を貫き通し実現!

“女性向けゲーム”約20年の歴史とその分化や進化。はじまりの『アンジェリーク』からVR・ARまで【乙女ゲーム、BLゲーム、育成ゲーム】

編集
コスプレ雑誌の編集部を経て、電ファミ初の女性スタッフとなった編集者。乙女ゲームと育成ゲームをこよなく愛し、BLゲームを嗜んでいる。2.5次元舞台の観劇とコスプレ撮影が趣味。アニメに影響されフィギュアスケートを習っている。
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ