『センチメンタルグラフティ』特別イベント開催の資金募集に半日で「1900万円以上」集まる。当初の目標額はわずか10分弱で突破

 Campfireにて、「センチメンタルグラフティ20周年スペシャルイベント~再会~」開催プロジェクトの資金を募るクラウドファンディングが10月11日22時よりスタートした。
 目標金額は1000万円だが開始10分弱ですでに達成され、さらに1時間で1500万円を突破。昨夜の公開から半日ほどが経った現時点で、1900万円以上に達している。

(画像はCAMPFIRE | 「センチメンタルグラフティ20周年スペシャルイベント〜再会〜」 開催プロジェクトより)

 『センチメンタルグラフティ』は、1998年にNECインターチャネルからセガサターン向けに発売されたタイトル。
 1990年代に『ときめきメモリアル』から始まった恋愛シミュレーションゲームの流れに沿って開発された作品で、雑誌での小説連載やラジオ、ステージイベントなど、ゲームに限らない多方面の展開に力が入れられた。発売前から大きな賑わいを見せ、初代がリリース後もTVアニメや続編が制作されている。

 今回のプロジェクトは、当時作品に出演しイベントやラジオなどでも活躍していたユニット「SGガールズ」の10名の出演者たちが集まって始動したもの。
 『センチメンタルグラフティ』20周年をファンとともに祝うため、2019年1月19日に出演者によるトークとコンサートのイベントを実施予定で、クラウドファンディングにて集まった資金は開催費用やリターンアイテムの製作費などにあてられることになる。

 すでに初代の発売から20年の時が経過している『センチメンタルグラフティ』だが、今回のクラウドファンディングでは最高額となる20万円のスペシャルコース(18名限定)がすぐに売り切れるなど、いまだに根強いファンを抱えているようだ。
 資金募集は11月11日まで続く予定で、記事執筆時点ではイベントチケットが入手可能なコースもまだ残っている。当時のファンはチェックしてみよう。

【更新 2018/10/12 17:15】 鈴木麗子さんより、クラウドファンディング達成に関する喜びのメッセージが届いている。

鈴木麗子さん
 「この度はクラウドファンディングへのご支援、本当にありがとうございます!
10分足らずのうちに目標達成、まだ公開から24時間も経っていないのに、その後も順調にストレッチゴールを達成していっている現状…と、にわかには信じがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

みなさまの凄い力に後押ししていただいてスタートダッシュがきれました。
安心して休んでいる暇などはなく、達成するかわからないから保留となっていた数々のことをさっそく進めていかないといけないので気が引き締まります!

 

まだひと月あるので、もしかしたらまた新しい夢が見られるかも知れないし…!
新たな希望を胸に、これからどこまで皆さんと一緒に走り切れるか、そして、その後も来年のイベントまで引き続き楽しんでいただけるように、全力で進んでいきたいです!
最後までどうか見守ってください!」

文/ishigenn

【あわせて読みたい】

『センチメンタルグラフティ』を復活させたのは、作品をピュアな形で愛し続けていた出演声優陣の熱意だった【豊嶋真千子、鈴木麻里子、満仲由紀子、鈴木麗子インタビュー】

執筆
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ