プレイするたびに変化するダンジョンで魔女の野望を阻止するローグライクアクション『Xenon Valkyrie +』Nintendo Switchで2019年1月に発売

 COWCAT Gamesは、Deabolical Mindの開発したローグライクアクションRPG『Xenon Valkyrie +』のNintendo Switch移植を海外向けに発表した。2017年にPCで『Xenon Valkyrie』として発売されて以降、『Xenon Valkyrie +』としてPlayStation 4、Xbox One、PlayStation Vitaに移植されていた。
 価格は9.99ドル。発売は2019年1月1日予定。海外のニンテンドーeショップでは無料のデモも公開されている。

 『Xenon Valkyrie +』は邪悪な魔女の野望を阻止するために月の内部へと向かうローグライクアクションRPGだ。多くのローグライクゲームのように、プレイするたびに変化するダンジョンとパーマデスを特徴とするハードコアなゲームプレイが特徴となっている。
 ハードコアなゲームプレイを、可愛らしい2Dドットグラフィックとチップチューンミュージックがゲームを彩る。

 プレイヤーは固有のスキルを持つ3人のキャラクターの中からひとりを選び、100種類以上の武器の眠るダンジョンで多くのモンスターやボスと戦う。RPGらしく成長要素もあり、戦闘で経験値を貯めてさまざまなパラメーターを伸ばしていく。
 ストーリーにも力が入っており、エンディングも複数用意されている。

(画像は『Xenon Valkyrie +』ニンテンドーeショップより)
(画像は『Xenon Valkyrie +』ニンテンドーeショップより)

 『Xenon Valkyrie +』を開発したDiabolical MindのDaniel Fernandez Chavez氏は、スペインはセビリアに拠点を置くゲーム開発者だ。これまでに『Riddled Corpses』というツインスティックシューティングゲームをリリースしている。また、新作ローグライクアクション『DemonsTier』が本日発売予定だ。

 Nintendo Switch版『Xenon Valkyrie +』の日本での発売は未定だが、気になる人は海外ニンテンドーeショップにて購入するか、Steam版が購入可能だ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

2018年もっとも高い評価を受けているインディーゲーム『Celeste』は何がすごいのか? Nintendo Switch版の発売を機にその理由を探る

『UNDERTALE』トビー・フォックス×『東方』ZUN×Onion Games木村祥朗鼎談──自分が幸せでいられる道を進んだらこうなった──同人の魂、インディーの自由を大いに語る

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ