『マリカー』の乗ると加速する“アレ”と同様のシステムが「電気自動車のF1」で採用へ。フォーミュラEにて「アタックモード」発表

 電動フォーミュラカーによるモータースポーツで、電動自動車のF1とも呼ばれる「FIA フォーミュラE選手権」(以下、フォーミュラE)は、2018年から2019年にかけて行われるシーズン5を前に追加される新システムを発表した。

※フォーミュラEとは、2014年からスタートした電気自動車のフォーミュラカーによるレース。日本からは佐藤琢磨氏や小林可夢偉氏が出場したことがあり、シーズン5からは日産がフル参戦している。アウディやジャガー、BMWなどの自動車メーカーを含めた11チーム、22名のドライバーが来年7月まで全13ラウンドを戦う。

 目玉となるのが、レースゲームから着想を得たと伝えられている「アタックモード」の導入だ。アタックモード中は通常200kWで走行するマシンが、一時的に225kWのパワーで走行できるようになる。Motorsports.comの取材によれば、同システムは『マリオカート』からインスピレーションを得て開発されたという。

 『マリオカート』シリーズでは、コース上に配置された「ダッシュボード」上を通過したマシンが加速する。同様にフォーミュラEでアタックモードに入るには、コースに設置された「アクティベーションゾーン」と呼ばれる場所を通過しなければならない。レーシングラインからは外れているため、最適なコース取りからは外れるハンデを背負うことになる。

 ドライバーはアクティベーションゾーンへの侵入とあわせて、ステアリングに取り付けられたアタックモードに入るための起動ボタンを押す。ゾーンに設置された3箇所のセンサーがマシンの通過を検知することで、マシンはアタックモードへと移行する。

 レース中継では視聴者にわかりやすいように、コース上のどこがアクティベーションゾーンになっているかコンピューターグラフィックスを使って合成表示される。また、アタックモードに入ろうとすると、車体取り付けられたドライバー保護ヘイロー上のLEDライトがそれを知らせ、アタックモードに入ると青く輝くという。

(画像はフォーミュラE公式サイトより)
(画像はフォーミュラE公式サイトより)
コックピットの上部についているのが保護ヘイローだ。写真からは見えないが、この上部にLEDライトが取り付けられている
(画像はフォーミュラE公式サイトより)

 この新たなシステムの導入は、シーズン5と同時にこれまでのマシンからGEN2と呼ばれる新世代のマシンへと世代交代することを見越したものだ。マシンは見た目だけでなく内部構造も大きく変更され、最高出力は180kWから200kWへとパワーアップする。また、バッテリー容量も2倍と大幅に増え、45分間のレース中に必ず一度はマシンを交換しなければならないというレギュレーションも撤廃される。

 もちろん、新マシンになったからといってレース中に一度もピットインしないというわけではなく、マシントラブルの危険は常に付きまとう。ただし、これまではマシン交換のためのピットインもレース戦略のひとつだったが、レギュレーション変更によって戦略の幅が狭まることになった。今回発表されたアタックモードは、それを補うために導入されたというわけだ。

 アタックモードと似たシステムとして、フォーミュラEではファン投票の上位3人のみが使える「ファンブースト」というシステムがこれまでにも採用されていた。ファンブーストはシーズン5でも引き続き採用されるが、特に熱によるバッテリーへの負担が大きく、使い所が難しいという。

 アタックモードでも同様にバッテリーの消費も負担も増えるため、いくら容量が2倍となった新マシンであっても、アタックモードは何度も使えるようなものではないものと予想される。ここぞというときに使う必殺技と言えるだろう。

 なお、motorsport.comの調べによれば、アタックモードが使える回数、持続時間等の詳細はレースの数時間前に伝えられるという。いつ、どこで、何回アタックモードを使うべきか事前にシミュレートさせないことが狙いだ。

 マシン変更と、それに伴うアタックモードを含めたレギュレーションの変更による効果はまだ未知数。アタックモードを含む新レギュレーションによるレースは12月15日、サウジアラビアのディルイーヤE-Prixで開幕する。2019年7月まで行われるこのシーズン5は、J SPORTSが中継予定だ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

4歳から『グランツーリスモ』を始めた男の子は、F1が走る現実のサーキットも駆け抜けてしまった

東北大学で『マリカー』最速の教授を選ぶ「教授マリオカート」開催

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ