『Gone Home』がiPhoneとiPadに移植決定。謎に満ちた家族の事件を描く名作アドベンチャーゲーム

 Annapurna Interactiveはアメリカの一軒家を舞台にした一人称視点アドベンチャーゲーム『Gone Home』をiOSへ移植すると発表した。発売日は12月11日。価格は4.99ドル。対応機種はiOS 8.0以上のiPhone 5s、あるいはiPad Air以降となっている。詳しくはiTunesのページにて確認してほしい。

 Macを含めた他のプラットフォームでは日本語にも対応しているが、いまのところiOS版の対応言語は英語のみとなっている。

 『Gone Home』はFullbrightが開発した一人称視点のアドベンチャーゲーム。俗にウォーキングシミュレーターと呼ばれる、パズルや戦闘といった要素のない探索と物語のゲームだ。

 1年ぶりに実家に戻った主人公だが、家には誰も居ない。妹や両親がどこに行ったのかわからないまま、主人公は家族を探して家の中を回る。家の中には主人公の思い出の品や家族の持ち物、思いを綴った手紙や日記などが散りばめられている。プレイヤーはこの家を自由に探索しながら、一家に何があったのかを解き明かすことがこのゲームの目的となる。

(画像は『Gone Home』Steam Storeより)
(画像は『Gone Home』Steam Storeより)

 1995年のアメリカに住む普通の一般家庭に一体何があったのか、雨音と雷鳴が轟く中、ゲームは終止不穏な雰囲気を保ったまま進行していく。この家に住む家族の思いや悩みは家の中の物品や回想を介し、プレイヤーの探索と考察によって徐々に明らかにされていく。

 『Gone Home』は2時間もあればクリアできるコンパクトなゲームだ。ビデオゲームやブラウン管テレビ、カセットテープ、あるいはRiot Grrrlムーブメントといった90年代の思い出を巡る、現実的で中身の濃いストーリーで高い評価を受けた。

 2013年にPCで発売されて以降、Play Station 4やXbox Oneにも移植されている。2018年9月にはNintendo Switchへも移植された。

(画像は『Gone Home』Steam Storeより)
(画像は『Gone Home』Steam Storeより)

 『Gone Home』を開発したFullbrightは2012年にオレゴン州のポートランドで設立された。2K Marinにて環境ストーリーテリングに力点をおいた『Bioshock 2』のDLC「Minerva’s Den」を制作した小さなチームのメンバーがFullbrightの主なメンバーとなっている。このときの経験や人脈は『Gone Home』制作にも生かされており、ゲームに収録されたデベロッパーズコメンタリーは非常に興味深いものとなっている。

 2017年には未来を舞台に、地球からはるか彼方の宇宙ステーションでクルーを襲った危機を描くアドベンチャーゲーム『Tacoma』を発売した。未来の世界の新たなホームに住む人々の姿を描いており、本作も高い評価を得ている。

 すでに5年前のゲームとなった『Gone Home』だが、精巧に作られた家屋のグラフィックだけでなく、家族に起きた事件を描くストーリーは色あせない。武藤陽生氏と伊東龍氏の行った上質な日本語ローカライズがiOS版にはいまのところ含まれていないことは残念だが、iOS版リリースで本作がより多くの人に届いてくれることを願ってやまない。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

日本の田舎を描いた『NOSTALGIC TRAIN』開発者は、海外AAAタイトル制作に参加する背景クリエイターだった──風景に“意味”を込める極意を聞く

『Detroit: Become Human』は日本のアドベンチャーゲームの文法に興味がない──イシイジロウ氏が感じた葛藤と、自身の限界

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ