『Ghost Recon Wildlands』が12月11日よりSpecial Operation 3開始。フォトモードやPvP向け新クラス、コミュニティのフィードバックを受けてゲーム内エコノミーが調整

 Ubisoftはオープンワールドミリタリーシューター『Ghost Recon Wildlands』の大型アップデートSpecial Operation 3を12月11日に配信することを発表した。

(画像は『Ghost Recon Wildlands』公式サイトより)

 『Ghost Recon Wildlands』Year2のアップデート第3弾として配信される今回のアップデートでは、ついにフォトモードが導入される。広大で美しいボリビアの大地で自由にスクリーンショットの撮影ができるようになる。エフェクトやフィルターも用意されており、撮影した写真にさまざまな加工を行うことも可能だ。

 また、プレイヤー同士の対戦モード「Ghost War」に新たな2つのクラスと2枚のマップが実装される。新しいクラスの詳細はまだ発表されていないが、Special Operation 3のミッションからインスピレーションを受けたクラスとなる。
 Year 2シーズンパス所有者は12月11日から1週間、先行してこのクラスを使うことができる。

 この他、新たなPvEミッションと報酬、コミュニティのフィードバックを受けたゲーム内通貨システムの改善、Special Operation 3をテーマにした90以上もの新アイテムが追加される。

(画像は『Ghost Recon Wildlands』Ubi Storeより)
(画像は『Ghost Recon Wildlands』Ubi Storeより)

文/古嶋 誉幸

関連記事:

なぜ『スプラトゥーン』は「面白い」と直感できるのか? 今、3Dゲームに任天堂は20年越しの回答を示しつつある:「なんでゲームは面白い?」第九回

「TENNOはデスマーチに反対」。ニンジャTPS『Warframe』大型アップデート直前の開発風景が配信、4万人のファンが見守り過労を心配する声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ