日本ファルコム、『イースIX』を2019年にPS4でリリースへ。新作は監獄都市がテーマに

 日本ファルコムは、『イースIX -Monstrum NOX-』を正式発表した。公式サイトがすでに公開されており、対応機種がPS4、2019年にリリース予定であることが明らかにされている。

(画像はイース9公式サイトより)
(画像はイース9公式サイトより)
(画像はイース9公式サイトより)

 『イース』は1987年から続く日本ファルコムの看板アクションRPGシリーズ。毎作進化してきた軽快なアクション性や熱いBGMなどが特徴で、ナンバリング作品としては7年ぶりとなった前作『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』は2016年にPS Vitaでリリース、その後はPS4やPC、Nintendo Switchでも発売された。

 公式サイトでは揺りかごや発祥の地を意味する「クレイドル」(Cradle)にて見つけた真実に関する意味深なメッセージや、「バルドゥーグの檻」なる書籍の文章が掲載されている。ストーリーや登場キャラクターなどの詳細は一切伏せられているが、”監獄の都市”が本作のキーワードのひとつとなるようだ。なお開発は『イースVIII』の開発陣が手がける完全新作になるとのこと。今後の続報に期待したい。

文/ishigenn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ