一撃で血肉が炸裂する銃撃アクション『The Hong Kong Massacre』1月22日に発売決定。『Hotline Miami』に香港ノワールを添えて

 スウェーデンのゲーム開発スタジオVRESKIは、『The Hong Kong Massacre』を2019年1月22日に発売すると発表した。対象プラットフォームはPS4、PC。あわせてリリーストレイラーも公開され、『Hotline Miami』的な見下ろし視点2Dアクションとド派手な銃撃戦を確認することができる。

 2014年から開発が公表されてきた同作は、ジョン・ウー監督の映画『男たちの挽歌』に代表される「香港ノワール」がテーマの作品。ゲームの舞台は1992年ごろの香港で、プレイヤーはパートナーを殺害された元刑事となって、トライアド(香港におけるマフィア、ギャング)の拠点に単身乗り込み復讐をはたすことになる。

 映像を見ればわかるように、香港ノワールらしく激しい銃撃戦がゲームの特徴となっており、火花と硝煙にまみれたビジュアルと、一瞬で敵が血肉となって床や壁に飛び散る暴力性は、強烈なインパクトを放っている。やや過剰すぎて肝心の銃弾が見づらいようにも感じるが、ほかにも細かく壊れていく室内の家具の破壊表現など、細部まで力が入れられたビジュアルが見どころのひとつだ。

 ゲームプレイは、銃撃戦に『MAX PAYNE』的なバレットタイム(スローモーション)と前転や側転による回避アクションを加えた内容。『Hotline Miami』と同様に主人公と敵は攻撃を受けると一撃で死亡する仕様のため、細かくスローモーションを発動しながら戦況を見極めていく必要がある。

(画像はThe Hong Kong Massacre公式サイトより)
(画像はThe Hong Kong Massacre公式サイトより)
(画像はThe Hong Kong Massacre公式サイトより)

 味方であれ敵であれ銃撃戦であっけなく死んでいく。そんなノワールモノの刹那感を上手くゲームプレイに落とし込むができているのかどうか、『The Hong Kong Massacre』の出来に期待したい。

文/ishigenn

関連記事:

2010年に発売された不遇の作品『エンド オブ エタニティ』リマスター版がPC/PS4で本日リリース。銃撃多重奏RPGの王はなぜ当時評価されなかったのか?

目の前に壁を作り出してロケラン弾を防ぐ!──『フォートナイト バトルロイヤル』は銃を撃ち合うだけにあらず。100人による“高速建築バトル“を解説

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ