『スーパーマリオ64』のクッパをモールス信号型コントローラーで倒し切る。たったひとつのボタンしか使えないエクストリームなクッパ退治

 障害を持つゲームファンを支援する慈善団体AbleGamersのチャリティストリーミングイベントで、ストリーマーのRudeism氏がたったひとつのボタンを使い『スーパーマリオ64』でクッパを倒し切った。このボタンはいわゆるツーとトンの信号を発する、モールス符号を応用してマリオを操作する特製のコントローラーだ。

 入力受け付け時間がシビアなヒップドロップと、クッパを振り回すためのスピンだけはマクロが組まれているが、それ以外のすべての動作はツーとトンの信号だけで操作している。たとえば、「トン」だとアタック、「ツー」だとジャンプし、「トントン」だと前進するといった具合だ。また、「トントンツー」で斜め左や「ツートントン」でカメラ操作の切り替えなど、少し複雑な操作にも対応している。

 Rudeism氏は自身のチャンネルで『スーパーマリオ64』のチャリティストリームを公開しており、クッパだけでなくゲーム自体もこのコントローラーで遊べることを披露している。

■各操作に対応したアクション一覧Redditへの投稿より)

. = 攻撃
= ジャンプ(ホールド状態で高く飛ぶ)
.. = 前進
.- = 左へ動く
-. = 右へ動く
= 後退
= 屈む
..- = 左前へ動く
.-. = 右前へ動く
-.- = 左後ろに動く
–. = 右後ろに動く
.– = ヒップドロップ
-.. = カメラ視点変更
= ポーズ
…. = スピンマクロ
…- = ズームアウト
..– = ズームイン
.-.- = カメラ視点を左に
.— = カメラ視点を右に
….. = 移動スキームを変更。「-」を押すことでジャンプするだけでなく、同時に前方へ移動するようになる。

(画像はReddit “I beat Bowser in Super Mario 64 using only one button!”より)

 また、こうした障害を持つゲームファン向けのコントローラー以外にもギターで『Rocket League』をプレイする動画や、『Dance Dance Revolution』のコントローラーで『Forza Horizon 4』をプレイする動画のほか、変わり種としてティーポットとカップを改造したコントローラーで『Overwatch』をプレイするというエクストリームな姿を披露している。

 ティーカップコントローラーにはスティックが備え付けられており、紅茶を注ぐ動作といった変則的な操作があるものの、通常のコントローラーと似たような操作体系となっている。しかし、こういった発想がモールス信号コントローラーを思いつく発想の土台となったのだろう。

 もしあなたがなにか独創的なコントローラーを思いついたらぜひ実現させてほしい。興味深いだけでなく、誰か他の人の役に立つかもしれない。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『スーパーマリオ64』のクッパをモールス信号型コントローラーで倒し切る。たったひとつのボタンしか使えないエクストリームなクッパ退治

自分の身体に彫った「コントローラー型タトゥー」でゲームをプレイする。AR技術を使って『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を遊ぶ近未来なユーザーが登場

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ