2つの画面でパズルを解く協力型アドベンチャー『Tick Tock:A Tale for Two』が3月7日発売決定。スマホやSwitchと組み合わせて遊べる

 Other Talesは、ふたりで協力してパズルを解いていくアドベンチャーゲーム『Tick Tock:A Tale for Two』を3月7日にリリースすることを発表した。

 Other Talesの公式Twitterによると、配信ストアはSteamHumbleItchApp StoreGoogle Playとなっている。

 本作の舞台は時計技師Amalie Ravnによって構築された不気味な世界。主人公はこの世界から脱出するためにパズルを解いていく。

(画像はSteam『Tick Tock: A Tale for Two』より)

 本作の特徴は2台の機器を使ってひとつのパズルを解いていくこと。たとえば、Steam版(PC)であればPC同士はもちろんのこと、クロスプラットフォームプレイを採用しているため、スマートフォン(iOSAndroid)やNintendo Switchとも連動して遊べる予定とされている。

(画像はSteam『Tick Tock: A Tale for Two』より)

 ふたつの画面に映し出される情報が異なり、それぞれの画面からヒントを見付けてプレイヤー同士で知恵を出し合うことで正解を導いていく。

 ひとりで黙々と挑むパズルもやりごたえがあって良いが、ふたりで会話を楽しみながら解くパズルもまた、新鮮さとクリアしたときの大きな盛り上がりが魅力になるといえるだろう。

(画像はSteam『Tick Tock: A Tale for Two』より)

 また、親がPCやスマホ、子どもがSwitchでプレイするというように、それぞれが遊びやすい機器を持ち寄ってパズルに挑めるのもクロスプラットフォーム作品ならではの良さとなるだろう。

 なお、Steam版の製品ページによると、近くのプレイヤーと遊ぶローカル通信のほかにオンライン通信にも対応とされているため、プレイヤー同士が遠くに離れていても通話をしながら気軽に遊べそうだ。

ライター/ムニエル

関連記事:

「ふにゃべえ」こと『Human: Fall Flat』が全世界累計で500万本の売上を達成。PC版が半額セールを実施中

温かき女と寒き男、出会えない“寒暖差カップル”のパズルゲーム『Degress of Separation』が開発中。分割された世界でさまざまな仕掛けを解いていく

ライター
ムニエル
大学時代はフリーライターとしてスマートフォンゲーム、インディーゲーム、eスポーツ関連の記事を執筆。週刊誌の編集も経験する。DTMを嗜み、特にゲームBGMとクラシックを愛する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ