敬遠している人にこそ知ってほしい『クトゥルフ神話TRPG』──コウノスケ、はしやん、完全初心者女性プレイヤー・ぴゃんみつによるリプレイでわかる遊び方入門

1

2

3

4

5

6

7

第3回クトゥルフ神話WSTRPG編~今宵、ニコニコ本社が狂気に包まれる~
配信チャンネルニコニコワークショップ
配信日時2016/10/20 18:00〜
備考タイムシフト視聴可能(2016/12/10現在)

<以下、番組の一部を書き起こしたものを、そのまま掲載しています>


これからはじめる『クトゥルフ神話TPG』を簡単に紹介

天の声(スタッフ):
 今回もニコニコで大人気の『クトゥルフ神話TRPG』を取り扱います。今回の講師は内山靖二郎先生です。
 まずは簡単に、内山先生から『クトゥルフ神話TRPG』をご紹介いただきます。

内山靖二郎先生(以下、内山):
 TRPG=テーブルトークRPGとは、ゲームの進行役とプレイヤーが一緒になって遊ぶゲームです。
 進行役は、ボクが今回務めるのですが、ゲームの舞台とか、ゲーム内で起きる事件とか、そういったものを用意する。そして運営していくのがボクの役目。
 プレイヤーは、3名の皆さんです。ボクの用意した舞台の中で活躍する、自分の分身としてのキャラクターを用意して、難題を乗り越えたり、そういったプレイをしてもらいます。

 プレイヤーは、どんなことを自分のキャラクターにさせたいのかは、ボクに言葉で伝えてくれて、ボクはその行動に対して、どんなことが起きたのか、また言葉で説明する、と。その言葉のやり取りでゲームが進んで行くのがTRPGです。

 『クトゥルフ神話TRPG』では、進行役のことを「キーパー」、プレイヤーの分身となるキャラクターのことを「探索者」と呼びます。これからはずっと「キーパー」と「探索者」で出てくるので、覚えてもらえたらと思います。

 TRPGといっても、イロイロと種類がありますが、『クトゥルフ神話TRPG』では、“ホラー”をテーマとしています。
 恐怖。そういったものは事件の原因にあって、人が恐怖に陥ったり、もしくは禁断の知識に触れてしまう。そして『クトゥルフ神話』と呼ばれる、人知を超越した存在に触れてしまって、人の魂は打ち砕かれてしまう。そういった体験を、このTRPGを通じてしてもらいます。
 ただし、当然、探索者も黙ってやられているわけではないです。事件の真相を暴いて、何とか恐怖から逃れることもあるでしょう。禁断の知識に触れて、正気を失ってしまう人もいるでしょう。すべてはプレイヤーしだい、と。

 あとは、習うより慣れろで、実際の『クトゥルフ神話TRPG』の実プレイを見ていただいて、視聴者の皆さんにはTRPGを「意外と簡単そうじゃないか」とか、「こんなグダグダでもいいじゃないか」といったことを感じ取ってもらえたら、と思います。
 なるべくハードルを高めにするのではなく、誰でもできる簡単なゲームだということを、今日は皆さんに理解してもらえたらなと思っています。

 では、早速、『クトゥルフ神話TRPG』をはじめていきたいと思います。
 探索者=皆さんがプレイヤーされるキャラクターの方は、事前に準備していただいておりますので、まずはどういったキャラクターが揃ったのか見てみましょう。

探索者の自己紹介

コウノスケ:
 ボクの使うキャラクターは「桃園はる」という、ジャグリングが得意なエンターテイナーです。「男性(?)」と書いてありますが、要するにオカマです。

内山:
 オネエキャラをいきなりぶちかまして来るんだね(笑)。やりますな(笑)。実はこの中ではイチバンのマッチョで肉体系という(笑)。あとは一応、交渉担当という噂なんですけれども、これは後ほど、ということで。

はしやん:
 はしやんのプレイヤー、探索者名「高橋一(はじめ)」。作家です。オカルト系の作品を書いているキャラで、頭でっかちキャラです。

内山:
 あと、ちょっとイケメンなんですよね。

はしやん:
 そうです。顔はまあまあマシって感じですかね。

内山:
 才能あふれる、ちょっとむかつくやつとか(笑)。

はしやん:
 ちょっと嫌味なやつです。

内山:
 頑張ってください。では今回、“完全”初心者という、うーぴゃーさん。フルネームはうーぴゃーワールド

ろうえなぴゃそみつ:
 探索者名は「うーぴゃーワールド」で、職業はミュージシャンです。プロに近いミュージシャンです。

内山:
 「芸術音楽のパラメータが、もしかしたら役に立つよ」っていう忠告をしたら、ガッツリと80いくつ入れるという、ガチな感じがたまりませんね。使いドコロを見極めて、今日は活躍していただけたら。

今回のゲームの導入部分を紹介

内山:
 さて、こんな3人の面々が今回事件に巻き込まれるのですが、ちょっと描写をしていきましょう。

 本日この探索者たちは全員池袋ニコニコ本社にやって来ています。
 最近独特の退廃的な空気を漂わせる曲をアップしてブレイク中の、「キエロウ」という作曲家。
 その人物が、新曲を今日お披露目するのです。そのタイトルは「イエロウウィンド」というタイトルです。
 そのお披露目イベントに、この三者は皆その作曲家のファンということで、「せっかくですから生放送のお披露目イベントに来てくださいよ」と、プロデューサーにお願いされてやって来たのが、今回の導入となります。

 ただ今回の生放送、開始時間が19時14分と言う半端な時間が指定されていました。
 何でだか分かりません。

はしやん:
 19時14分。

内山:
 そうですね。

 しかしリハーサルがありますので、当然1時間ぐらい前に皆さんはスタジオ入りするわけです。
 ただ1点だけ注意していただきたいのは、今回のゲームに登場するスタジオは、ちゃんと壁があって、個室になっていると思ってください。出入りするのは表玄関と裏口しかありません。
 3者は当然スタッフですので、裏口からトトトっと中に入って、とりあえずリハ、全員3人揃って、中に入ろうとしたところからゲームが始まります。

 中に入ると、早速イエロウウィンドらしき曲が流れています。
 聴く者の心をざわつかせる、独特の曲調におなじみのボーカロイドの人口音声が乗っています。
 今回の曲は特にざわざわと心を落ち着かなくさせる曲であり、間違いなくキエロウの作品であると、君たちはファンであるから確信できますね。
 ところがそこに、椅子を両手に抱えた、スタッフの責任者、サヤマダイジが──サヤマDと呼んでください──慌ててやって来ます。
 そして、君たちにこう言うんです。
 「入って来てしまったんですか。だったらもうダメだ。早くこっちに来てください」と言って、君たちを強引にスタジオに押し込むと、椅子を扉に向かってボンボンと投げつけ、バリケードのようなものを作り始めるのです。
 そして君たちにこう告げます。
「あのようになりたくなかったら、ここから出ようとしてはいけません」
 あなた方は足元に何かを見つけます。

 それは体がグニャグニャになって、あたりを這いずり回る、君たちも見覚えのある、ニコニコスタッフたちです。
 まるで全身の骨がなくなったかのように、上半身の力だけでのけぞり、両腕を天に伸ばしては、また倒れることを繰り返しています。背筋で起き上がろうとするのです。そして天に向かって両手を「うわー」っと出して、「いあ! いあ! はすたあ! はすたあ くふあやく ぶるぐとむ ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ あい! あい! はすたあ!」と唱えながら、ピョンコピョンコと上半身だけの力だけで跳ねているのです。
 しかし、体に骨がないかのように、グネグネした体では体を起こすことはできず、そのまま地面にまた突っ伏してはまた祈りを捧げる、という感じになっております。

「正気度ロール」と「ダイスの振り方」をチェック!

内山:
 さて、早速ですが、このような恐ろしい光景を見た探索者たちは、『クトゥルフ神話TRPG』おなじみの、「正気度ロール」をやってもらいます。では、順番にやっていきましょう。
 「正気度ロール」というのは、恐ろしいものを目撃したときに、その人が正気を保っていられるかどうか、それを調べるダイスでございます。
 「正気度ロール」――ネット上では「SANチェック」なんて呼ばれているかもしれませんが──今回はそう呼ばせてもらいます。
 はしやんさん高橋さんの正気度ポイント教えてください。

はしやん:
 MAX55です。

内山:
 つまり、「100面ダイス」で55以下を出すと、肝っ玉が太くて、正気を保っていられるということを表しています。
 ダイスの振り方をちょっと視聴者さんにも説明させてください。

内山:
 今回、10面ダイスを2個用意してあります。00〜90が刻まれている方が10の位を表すダイス。0〜9が刻まれている方が1の位を表すダイスです。これを同時に振りますと……。

内山:
 90と6。96と出ました。

はしやん:
 ファンブル【※】じゃないですか!

※「致命的失敗」のこと

内山:
 こちらが2桁を表して、こちらが1桁を表して、96になります。

内山:
 こちらですと、005ですので……。

はしやん:
 クリティカル【※】じゃないですか。極端過ぎっすよ(笑)。

※「致命的命中」のこと

内山:
 ボクぐらいになると自在に操れるんです(笑)。
 こちらは2桁目が0ですので、1桁目だけ読んで、5という風になります。ときどき運命のダイスが笑うと、“000”と3つ0が出ることがあります。これだけは100となります。
 100というのは、常に失敗。もうダメってことですね。
 “000”は0と読まずに100、というところだけ今日覚えてもらえれば十分でございます。
 先ほど高橋さんの正気度ポイントは55ということですから、このサイコロで55以下を出さないと、あなたはビビリます。
 では、イケメンお願いします。55以下をお願いいたします。

はしやん:
 (ダイスを振って)94っす。

内山:
 失敗ということですね。

はしやん:
 ギリギリファンブル回避っす。

内山:
 では失敗は覚えていてください。では次、うーぴゃーさん。正気度いくつですか。

ろうえなぴゃそみつ:
 65です。

内山:
 うーぴゃーさんは実は、高橋さんよりも肝っ玉実は太い。美女なのに太いという(笑)。
 ではお願いいたします。

ろうえなぴゃそみつ:
 (ダイスを振って)34。

内山:
 その通り。ということは成功ということで、このおぞましい光景を見ても、それほど心に傷を負わずに済みました。
 では最後、コウノスケさんのキャラクターお願いいたします。桃園オネエ

コウノスケ:
 (ダイスを振って)20です。

内山:
 桃園オネエの正気度は?

コウノスケ:
 55あります。

内山:
 では成功、ということになりますね。

はしやん:
 皆、肝っ玉が太いな。

内山:
 では、成功した2人は、正気度は減りません。失敗したはしやんさん高橋さん
 あなたの正気度は4面ダイス1個分減ります。これをお願いいたします。

はしやん:
 あれ? 4面でいいんすか。

内山:
 そうです。これは下に書いてある面を読みます。つまりこれは2と出ました。では2ポイント正気度が減ります。2ポイント正気度を減らしてください。

はしやん:
 53です。

内山:
 カンのいい人は気づいたと思いますが、現在正気度が53になってしまった高橋さんは、次の「正気度ロール」では53以下を出さないと成功にはならないのです。
 つまり、失敗して正気度が減れば減るほど、「正気度ロール」にも失敗しやすくなり、さらに正気度が減りやすくなる、と。
 このように、坂道を転げ落ちるように狂気に陥っていくのが、この『クトゥルフ神話TRPG』の醍醐味なのです。
 この2人は肝っ玉が太かったので平気ですが、残念ながら高橋さんはヤベエこれは、と(笑)。

はしやん:
 ビビりました。

内山:
 ……と、いう風になります。
 これが「正気度ロール」のルール説明です。

 そして、そんなビビっている高橋の目の怯えに気づいたのか、さっきから手を何度も何度も上げて、「いあいあ、いあいあ」と言っているスタッフの一人が、その怯える君の足を掴んで、まるで訴えかけるように――もしくは君の心の底を透かすかのように――こう言います。
 「讃えよ」。これは何かを称えなさい、神様を讃えなさいとか、そういった意味の「讃えよ」だと思ってください。
 何か彼らは讃えているのではないだろうかと。

NPC「加瀬さん」登場

内山:
 ちょっと説明が長くなりましたが、最後にあと1個だけ。

 皆さんと同じく、今回ゲストに呼ばれた女性が先にスタジオ入りしています。加瀬さんという女性です。スタジオの隅で青ざめた顔をして、立ちすくんでいます。

 彼女について皆さんはご存じかどうか、「知識ロール」というのを振ります。
 さっきのは「正気度ロール」といって、人の精神が耐えられるのかどうかですけれど、今度は“自分がどれだけものを知っているのか”を「知識ロール」といいます。
 キャラクターシートの「能力値及び能力値ロール」の右側の方に「知識」って書いてあると思うのですが、その数字でサイコロを振ることになります。
 高橋さん。「知識ロール」は?

はしやん:
 知識85です。

内山:
 この作家さん、さすが作家だけあって、なかなかの知識人なんです。振っちゃってください。

はしやん:
 (ダイスを振って)57です。

内山:
 では他の方も、「知識ロール」を振っちゃってください。

コウノスケ:
 知識65で、3が出ました。

内山:
 食い違い(笑)。

ろうえなぴゃそみつ:
 知識80で……(ダイスを振って)88。

内山:
 では、うーぴゃーは知らないんですけど――「何? この女」っていう感じなんですが――高橋さんはそこそこ知っていて、桃園さんは実はこの加瀬さんに関してはうるさい、ということが分かりました。
 成功したら、その人についての“知識がある”ということを表しています。失敗した人は知らないよ、という。

 加瀬さんについては説明しましょう。

 この人、オリジナルゲームのゲームデザイナーなのです。1人で作れるような同人ゲーを作って、そのプレイ動画とかをアップして、ちょっと人気を博した人。
 なので、そのことを知っている高橋さんは、「プレイしたことあるよ」ぐらい、「けっこうおもしろいゲーム作ってるよ」ぐらいなのですが。
 桃園さんは出目がよかったので……この女性、実はキエロウの恋人と噂されています。それで、ヤバイぐらいの熱狂的なファンである、と。君たちのレベルを越えている、いわゆる狂信的と呼んでもいいぐらいのファンである、ということを知っています。
 恋人疑惑もささやかれてる、と。そんな女性がスタジオの隅で震えています。

 説明は非常に長くなってしまいましたが、整理しましょう。

 生放送のスタジオ現場で、まずサヤマDは君たちを「出ちゃいかん」と言って、必死になって椅子を積み上げてバリケードを作っています。
 足元にはスタッフたち「いあ! いあ! はすたあ」とか言いながら高橋さんの足を掴んで、「讃えよ、讃えよ」と訴えかけています。
 そして、桃園オネエがよく知っている、キエロウを狂信的に愛している女は、部屋の隅で青ざめた顔をして、この惨劇を見つめています。

1

2

3

4

5

6

7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ