食人族×森サバイバルホラー『The Forest』530万本セールスを達成。売り上げ数千万ドル規模か、初期の開発費は12.5万ドルだった

 カナダの開発スタジオEndnight Gamesは、サバイバルホラーゲーム『The Forest』の売り上げが全世界で530万本に達したと発表した。同作はPC向けに2014年リリースされたサバイバルホラーゲーム。プレイヤーは旅客機の墜落事故から生き残った生存者として、未知の脅威が待ち受ける森でのサバイバル生活に挑戦することになる。

 『The Forest』は2013年の5月に正式発表された作品だ。映画『300』『ハリーポッター』『Tron:Legacy』などで実績のあるVFXアーティストが開発に初期から参加しており、当時のサバイバルゲームとしてはハイクオリティだった艶めかしいグラフィックやトレイラーのホラー演出で話題に。翌年5月からは早期アクセス販売がスタートされ、サバイバルゲームブームにも乗ってSteamでの人気作となった。

 なお今回の発表によれば、その開発初期の費用は12万5000ドル、日本円にしておよそ1400万円ほどだったという。独立系デベロッパーのプロジェクトと考えると多く見えるかもしれないが、これは年収300万円の開発者数人がいれば人件費だけで1年で消えてしまうような金額だ。

 継続的なアップデートが続いたあと、今年5月には正式版となるバージョン1.0が19.99ドルにて配信開始。なお早期アクセス時の価格は14.99ドルで、こちらの価格と560万本のセールス数値を単純計算すると、8394万4000ドルという答えがでる。もちろん、値引きセールでの販売なども考慮する必要がありこれがこのまま正数となるわけではないが、少なくとも数千万ドル規模の売り上げを達成したと見てよい規模だろう。

※5年前に公開され注目を集めたファーストトレイラー。

 『The Forest』においてプレイヤーは、ほかのサバイバルゲームと同様に食料や水を手に入れ、家や施設を築いて日々の命をつないでいくことになる。特徴的なのが、ゲーム中に登場するミュータントの存在で、食人族でもある彼らはプレイヤーを見れば即座に襲いかかってくる。

 ゾンビでも恐竜でもない彼らは本作の象徴的な恐怖の存在で、本作の成功の理由のひとつであることは間違いないだろう。ほかにも、多くの早期アクセスを利用したサバイバルゲームが力尽きるなかで、4年におよぶ精力的なアップデートでプレイヤーたちの信頼を得た側面も大きい。

 海外ではPS4版が現地時間の11月6日より配信予定。恐怖の森はさらなる広がりを見せそうだ。

文/ishigenn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ