【田中圭一連載:アイマス/ガンダム 戦場の絆 編】わがままな王様のわがままなニーズを満たす!──小山順一朗が貫く姿勢に、ゲームクリエイターとしての矜持を見た【若ゲのいたり最終回】

最終回あらすじ

 

 1980〜1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』
 最終回は、『アイドルマスター』『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を手がけた、バンダイナムコアミューズメントのプロデューサー・小山順一朗さんをゲストにお迎えしました。
 小山さんは、他にも『湾岸ミッドナイト』シリーズや『マリオカート アーケードグランプリ』シリーズ、『釣りスピリッツ』など、誰もが知っている数々のアーケードゲームを世に送り出す、まさにヒットメーカー。なぜ彼は、こんなに多くの人気作品を生み出すことができるのか──それは、2001年に経験した苦い出来事を契機に熟考を重ね、ある”答え”にたどり着くことができたから、といえるでしょう。

 現在は、東京・池袋で展開中の”アニメとゲームに入る場所”『MAZARIA』を中心に、VR技術をフル活用したエンターテインメントを創造する小山さん。日本のゲーム業界が青春時代だった頃を全力で走っていた人は、今もまだ燃えている! そう確信できた、最終回にふさわしいお話です。(編集部)

作者
1962年5月4日大阪府枚方市生まれ。近畿大学法学部卒業。大学在学中の83年、小池一夫劇画村塾(神戸校)に第一期生として入学。翌84年、『ミスターカワード』(『コミック劇画村塾』掲載)で漫画家デビュー。86年開始の『ドクター秩父山』(『コミック劇画村塾』ほかで連載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職。『週刊少年サンデー』にも不定期で『昆虫物語ピースケの冒険』(89〜91年)を連載した。パロディを主に題材とした同人誌も創作。最新刊は2017年1月刊『うつヌケ』(KADOKAWA刊)、『田中圭一の「ペンと箸」』(小学館)。
Twitter: @keiichisennsei

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

【アニメとゲームに入る場所『MAZARIA』にいこう!】

 小山さんの最新プロデュース『MAZARIA』は、三次元と二次元の世界をつなぐ狭間の世界。
『MAZARIA』のなかは4つのZONEにわかれ、それぞれのZONEにアニメやゲームの世界へつながるアクティビティが19個も存在しています。

【FESTIVAL ZONE】
 みんなでワイワイ楽しむゾーン!全身を使ってアニメやゲームの世界を体感!
・アスレチックVRパックマンチャレンジ
・巨大風船爆発ルーム パニックキューブ
・太鼓の達人 VRだドン!
・マリオカート アーケードグランプリVR

【SF ZONE】
 アニメや映画で憧れたメンバーの一員になれるゾーン!活躍できるかはあなた次第!
・エヴァンゲリオンVR THE魂の座:暴走
・ガンダムVR ダイバ強襲
・ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空
・ゴジラVR
・大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー

【PANIC ZONE】
 絶叫必至のスリルを体験できるゾーン!さまざまな試練に焦らず冷静に立ち向かえ!
・ 恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル
・極限度胸試し 高所恐怖SHOW
・ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール
・ホラー実体験室 脱出病棟Ω

【ADVENTURE ZONE】
 さまざまな冒険を満喫するゾーン!大自然だからこそ体験できるアクティビティに挑戦!
・ 急滑降体感機 スキーロデオ
・極限度胸試し ハネチャリ
・釣りVR GIJIESTA
・ドラゴンクエストVR
・VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎
・冒険川下りVR ラピッドリバー

冬休みにぜひ足を運んでみては?
詳しくは公式サイトをチェック!

【プレゼントのお知らせ】

 『MAZARIA』VIPパスポートを2名様にプレゼント!
 詳しい応募方法は電ファミニコゲーマー公式Twitter(@denfaminicogame)をチェック!

【この記事を面白い!と思った方へ】

 

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

※クレジットカード / 銀行口座に対応

※クレジットカードにのみ対応

【あわせて読みたい】

『ワニワニパニック』開発者からグループ会長にまで上り詰めた男が語る、ナムコ激動の40年。創業者・中村雅哉との思い出、バンダイ経営統合の舞台裏【バンダイナムコ前会長・石川祝男インタビュー:ゲームの企画書】

 『ワニワニパニック』のような大ヒット作品が生まれるまでの苦労、プレイステーション2発表直後に氏の率いるアーケードゲーム開発部門に訪れた危機、バンダイナムコの社長として向かい合った“赤字300億円”というどん底……。
 中村製作所からナムコに社名変更した翌年に入社し、“ナムコの生き字引”ともいえる石川氏のエンターテインメント業界人生は、必ずしも“順風満帆”というわけではなかっただろう。しかし、数々の困難を乗り越えたからこそ得ることができた経験則・哲学があるはずだ。

 そこで今回、“彼の言葉”を記録として後世に残すべく、インタビューを敢行。
 取材には、エレメカやアーケード事業で石川氏と苦楽をともにしてきた、バンダイナムコアミューズメント執行役員の相木伸一郎氏と、同社クリエイティブフェローの小山順一朗氏にも同席いただいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧