Switchのコントローラで動く改造オモチャを作ろう! Pythonで『1-2-Switch』風リアル「真剣白刃取りゲーム」を実装したよ【ソースコードも掲載】

1

2

3

 会社員のかたわら、ムダなモノを作ることが趣味のライター・爲房新太朗(ためふさしんたろう)氏が、電ファミでもムダなモノづくりに挑戦!

 「電ファミだけに、ゲームっぽいものを作って欲い!」という編集部からのリクエストに応えて、爲房氏はNintendo Switchのコントローラー「Joy-Con」を使ったナニかを作ってくれました。

 バカバカしくも、いつかどこかで役に立つことが書いてある! ……かもしれません。というか、実際に動かすべく爲房さんがPythonで書いたコードを一挙掲載しましたので、たぶん役立ちます! たぶん。(編集部)

著者
爲房新太朗
会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。黒ひげ危機一発を空中キャッチするといった工作記事などを主に書いています。
難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。
Twitter:@stamefusa
ブログ:「むだな ものを つくる」

 Nintendo Switchが発売されてから早2カ月、本体も『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も売れに売れた。
 僕も品切れが続く中でどうにか買うことができた。地元の店で見かけたときは、二度見どころか三度見したほどだ。

 『ゼルダ』も最高に面白いのだが、やりたかったのはこのソフトだ。

 

 

 そう、『1-2-Switch』

 「Joy-Con」【※】を「おすそ分け」して遊ぶパーティーゲームだ。画面を見ずにプレイしたり、HD振動を使ったゲームがあったりと、Nintendo Switchの特徴を活かした作品である。

※Joy-Con
任天堂より2017年に発売された家庭用ゲーム機・Nintendo Switchのコントローラーの名称。Joy-Con(L)とJoy-Con(R)の2つがあり、それぞれを単体のコントローラーとして使ったり、合わせて一つのコントローラーとして使ったりもできる。またNintendo Switch本体に取り付けることで携帯用ゲームにもなる。

 紹介映像がえらく楽しそうなのもいい。

 面白そう、やろうやろう。というところで、問題が起きる。

 

 

 

 

 



 1人では遊ぶことができないのだ。

 

 

 

 起動するとパーティー感にあふれた画面がたくさん出てくる。みんなでやるとすごい盛り上がるんだろうな。

 ……しかしこちらは一人暮らしの30歳なのである。由々しき事態ですよコレは。なんとか1人でも遊べないだろうか。考えた挙げ句、ひとつの結論に達した。

(画像は任天堂の公式サイトより)

 「Joy-Con」を使った『1-2-Switch』風の1人用ゲームを作ってしまえばいいのだ。

 

1人バージョンの「真剣白刃取り」を作ろう

 『1-2-Switch』にあるゲームの中で1人でもできそうなものを探した。

 今回選んだのは「真剣白刃取り」だ。

 『1-2-Switch』では互いに向かい合い、一方が刀を振るように「Joy-Con」を振り下ろし、もう一方がそれに合わせて白刃取りをするように「Joy-Con」を振る。

 これと同じような動作で遊べるゲームを作ることにしよう。

 対戦相手がいないので、代わりにこいつを使うことにする。

 

 

 

 

 エポック社の『ポカポンゲーム』である。

 「叩いてかぶってジャンケンポン」の「叩いてかぶって」だけを抜き出したようなゲームだ。

 ボタンを押すとハンマーで相手を叩く。そのままだと盾でガードされてしまうが、ガードが下がった瞬間に叩くと頭が吹っ飛ぶのだ。

負けると頭が吹き飛ぶ仕様。

 子どもの頃に遊んだ記憶がある、懐かしいゲームだ。
 ちなみに、ビックカメラで買ったら800円くらいだった。電源のいらないゲームは安くて最高である。

 

 コレを早速、改造することにする。

 

 

 なんと底板が厚紙だった。コスト削減である。

 

 

 構造がシンプルなのもこういうオモチャのいいところ。改造しやすいのだ。

 

 

 電動ドリルで穴を空けていく。

 穴を空けたら、サーボモーターをくっつける。
 サーボモーターというのは、ミニ四駆のモーターのように高速回転するものと違って、一定の角度で固定することができるモーターだ。

 

 

 針金で豪快に固定する。

 ボタンのトコロにそれぞれサーボモーターを取り付けたら、試しに動かすプログラムを走らせてみる。

 

自動で攻防が繰り広げられるようになった。

 

 いい感じに動いた!

 

 

 

 と、ここまであっさり書いたが実際には3日かかった。何しろ壊れるのだ、モーターが。

2個壊れた。

 本来、手で押す赤いボタンのところは、中にバネが入っているのだ。
 それを無理やりモーターで押しているので、かなり負荷がかかる。モーターの動きがどんどん鈍くなってかなり焦った。

 本当は、ちゃんとトルクを計算したりしてモーターを選ばないといけないが、まぁいいか! で動かしてみると、意外とイケるものである(ただしモーターはいくつか壊れる)。

 次はこれを「Joy-Con」で操作出来るようにしたいぞ。

1

2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

関連記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ