【アダルトVRフェスタ】主催者「リアルはコスパ悪い」 超満員で入場不可の“アダルトVRフェスタ01”という試みとその先

ph-00

2016年6月12日、アダルトVRを集めた日本で初めてのイベント、“アダルトVRフェスタ01”が東京・秋葉原のイベントスペースにて催された。だが、主催側の想定をはるかに超える来場者が集まり、屋外で待機していた参加予定者たちは開始時間直前に入場中止となる騒ぎとなった。大きな告知もなかったのにこれほどまでに人を集めたアダルトは、やはりVR普及の鍵となる。一般入場前にイベントを取材したリポートと、所感をお届けしよう。

06/12 23:20追記:
 主催者インタビューを追加しました。
06/13 13:00追記:
 動画を追加しました。

文/小山オンデマンド


みんな好き。違いは言うか言わないかだけ

 会場となったのは秋葉原中央通り沿い、規模の大きなPC販売店の直上にあるワンフロア。ゲスト&プレス体験会の時点で、ビルの4階から1階まで入場者が列をなしていた。予定時刻と同時に待機列が順に入場し、ものの5分で会場は身動きの取りづらい熱気あふれる空間となった。

 会場内の展示は、企業によるものと、一般クリエイターによる2方向に大きく分けられた。前者は、全球カメラで撮影して3D化した実写AVをOculus Riftで再生。それらに、乳首、局部などプレイヤーの敏感な部分を刺激するフィードバック用デバイス群が添えられていた。さらにそこで流されていたAVの出演者も来場しており、AVメーカーや販売店側からのアプローチのものと知れる。

 一方のクリエーター展示は、よりゲーム的なアプローチ。いずれもヘッドマウントディスプレイを装着したまま体験することになる。スカートをたくし上げているポリゴンキャラクターの股間に腹筋ローラーを使いながら近づいていくもの、空気で膨らませたドールにスマートフォンを固定し、のしかかったりなどすることで、画面内でキャラクターと行為に及んでいるように感じられるもの、さらにはARによる画像合成を利用し、画面内で見えているフィギュアに露出させたり、道具を用いていたずらしたりなど、非常にゲーム的な感覚が取り入れらたものが多数だった。

 ひとえにアダルトVRと言っても実際には幅があり、志向しているものは異なっている。だがすべてが「つぎに来るのはVRだ」という認識ひとつで連帯しているのだ。

 以下に各展示の概要と記者たちの感想を並べていこう。

VR腹筋ローラー&大人のBabulus[IT芸社漢組]

 展示室の机の上には、スカートを持ち上げた女の子が見上げるように映るモニター、床には通販番組で有名になった腹筋を鍛えるローラーが置いてあった。これにヘッドマウントディスプレイという組み合わせを見れば、その意図が即座にわかる。「スポーツジムでAVが観られたら、サボらず通えるのに」とか、「厳しい部活の練習を、エロい妄想でなんとか乗り切った」といった中学生的な発想の賜物だ。いい意味で(笑)。

 ローラーを持って前に進むと、スカートを持ち上げた女の子の股間が迫ってくる! だが、自然に前後しているとどうしても下を向いてしまう。しかたなく腹筋どころか背筋もどこも攣りそうな体勢を維持して見上げると、これがかなりの臨場感&トレーニングに! バカバカしいながらも、これで「頑張って!」だとか「見たくないなら帰るからね」など音声で煽られたら、イヤでも腹筋が割れそうな気がした。

 併せて展示されていた、手を模した上下運動を全自動で行うマシンとVR映像が連動したソフトは、一転して、仰向けで上半身だけを起こして、ハンズフリーで気持ちよくなれるというもの。衆目を集めていた場では何も取り出さずにマシンを空回りさせたが、膝まくらで甘えられたり、拘束されているシチュエーションを再現したりなど、さまざまな展開が考えられ、じつはいちばん実用化に向いているのかもと感じた。

Irisちゃんとおうちで初H[VR18 IMAGINATORS]

 ゲーマーであれば、VRと聞いてまず思い浮かべるのはエロゲーへの転用。その可能性を充分に感じさせてくれたのがこれだ。Irisちゃんは国内外を問わずVRコンテンツを配信するプラットフォーム、ImagineVRのキャラクター。彼女とふたりきりの部屋でいちゃつくというコンテンツなのだ。

 プレイヤーはヘッドマウントディスプレイとヘッドフォンを装着し、ベッドに座っているような体勢を取る。彼女へと手を伸ばすと、センサーカメラによって画面内でも自分の手がシルエットとなって伸び、両手を使って胸や顔などにタッチすると、触れた部位によって、恥ずかしがったりなど、彼女が違った反応を返すのだ。

 さらにはみずからの手で押し倒すこともできるなど、従来のエロゲー以上に、クリアした後でも、また何度も楽しみたくなって、中古に出したりや転売したりせずにコレクション化するプレイヤーが多くなるんじゃないだろうか。その結果として、全体の売り上げが向上すると思う。秀作がたくさん出ればという条件はあるけれども。

 さらに実際は音声認識が可能で、音声合成技術によって返事をしてくるとのことだが、取材の場では通信回線の帯域不足でこれは試せなかった。制作したVR18 IMAGINATORの代表の方いわく、「合成音声の代わりに人気声優などでボイスを収録すれば、さらにリアルさは増します。そのためには5000語程度は収録しなければなりませんが」とのこと。リアルな声でのやりとりが加われば、格段に高揚感が高まり、フィードバックの物足りなさを相殺してくれるのかもしれない。

なないちゃんとあそぼ![VRJCC]

 その隣のブースから体験者の「うおお!」というどよめきが聞こえてきた。“なないちゃんとあそぼ!”のブースだ。エアーで膨らませたドール(着衣済み)にスマートフォンを取り付け、プレイヤーはヘッドマウントディスプレイを装着し、ドールと相対する。プレイヤーの画面内では、ドールがポリゴンキャラクターに変換されており、いくつかのシチュエーションで触れ合うことが可能だった。

 たとえばドールを下向きにすれば、映像ではなないちゃんがうつ伏せに。自分が下になって向きあって抱きかかえれば、自分に跨って気持ちよさそうにしているなないちゃんの姿が味わえるというもの。キーとなるのはスマートフォンの加速度センサーなので、ドールは精巧なものでも簡素なものでも構わないという。コンテンツ自体の出来も、首や手の仕草が細かく、途中で醒めることも少なそうだ。

 体験したVRコンテンツ全体を通じて言えることだが、左右だけでなく上下を見渡せる視点がVRの斬新なポイントなので、対象の女の子を見上げたり、見下ろすシチュエーションは興奮度が高く、よりリアリティを感じられるものとなった。

 肝心な内容はと言うと、全裸で立っているキャラクターを眺め回すシーンと、ベッド上でもつれ合うシーンだ。立っているキャラクターを眺めているプレイヤーは、ほかの展示同様に表示されたVR空間を楽しんでいるだけだったが、シーンがベッド上に移行し、ドールを手にしたところで趣が変わった。傍から眺めているとなんとも滑稽な(そして身につまされる)動きをプレイヤーはくり返しているわけだが、他愛のないビニル製のドールがプレイヤーの没入感を数段引き上げているのだ。

VR+1D体験![アダルトフェスタTV×ラムタラ×PICO]

 もっとも大きなブースであるにも関わらず、大行列を作っていたのが実写のAVとデバイスを連動させて、“本物以上”のバーチャルセックスを体験できると謳う“VR+1D”のブースだ。Oculus Riftやヘッドフォンとともに装着するデバイスは、具体的には、電動のホールや乳首に付ける電動グッズ。あらためてこれらの機器を前にすると、VRという言葉が出始めたころから誰もが想像していたものが、ついに実用化されたという想いで感慨深い。さすがにその場で装着はできなかったが、映像の状況に応じてグッズが連動するらしい。アテンドによれば、連動できるグッズはまだまだ増えていくとのこと。

 映像自体は、上下左右180度見渡せるもの何種類かをダイジェストでつなぎ合わせたものだった。完全にオトコ目線で、デートものの映像は当然として、複数プレイものや女性から迫ってくるものが臨場感があって向いている印象。中でもキスを迫ってきた映像には、思わずのけぞってしまったほどだ。また仰向けに寝転び、女性になされるがまま、胸、背中からお尻にかけての曲線など、触れられているところとは別の場所を眺められることが、これほどまでに臨場感を持たせるとは思いもしなかった。

 どちらかというと受け身の人は、このVRとデバイスがあれば、かなりの満足度を得られるだろう。リアリティがありすぎて問題になりそうな気すらするレベルだ。ただ、リアリティで高揚させられた気分も、軟らかいところに触れているはずの手先にフィードバックがあるわけではないので、いつしか物足りなさとなっていく。どこか1ヵ所がリアルさを帯びてくると、リアルさの足りないところ──匂い、温度、湿度、空気の動きなど触感の先に横たわる課題が気になり、人の貪欲さには限りがないことを感じた。


D=60[ゲスの極みエンジニア]

 ブーンという掃除機のような轟音の先を見ると、目線を模したのサングラスをした愛らしい女性が、怪しい段ボール箱に向かって手を差し出しながらモミモミし続けているという謎のブースがあった。説明書きには、夢の箱“D=60”というキーワードが書いてある。

 若い時分にする噂として「自動車から手を出して空気を掴むと、おっぱいの感覚が味わえるぜ!」というのを聞いたことはないだろうか? 綾瀬はるか主演で映画にもなった『おっぱいバレー』の中でも青春のエピソードのひとつとして取り上げられており、速度によって時速40キロならC、80キロならEという風にカップ数が上がるという。オトナになって実際に試したという人はわりといると思われるが、この風をいつでも自由に揉めるように、エンジニアたちがマシンとして作り上げてしまったというのが、この『D-60』なのだ。名前はそのまま、“時速60キロならDカップのおっぱいと同じ感触”という意味だ。

 「バカだなぁ」と思いながら手を箱の穴に入れると、センサーでスイッチが起動し、強風が手に当たる。これだけだと単純なシステムのようだが、手の大きさや位置などを認識して風が調整されている模様。確かに柔らかい何かを感じることができたが、指の付け根までの手のひらで収まる感じ。カップの大小なども変えられるとのことだったが、「Dカップって手のひらからあふれるんじゃないの?」と。だが、実際にやってみることが大切で、「夢を叶えてくれてありがとう」という想いでいっぱいになった。

 ほかにも、フィギュアをおっぱいの模型や、アダルトグッズとAR合成することでほくそ笑める“クロマキーAR”や、日本未発売のヘッドマウントディスプレイ“Pico”の展示(脱がない女性が5人、ダンスを踊る映像が観られた)、それから訳あって語れないシークレット出展など、ひとつひとつを体験するだけで90分が経過した。

どこの地平へとたどり着くのか

 取材を終えて表通りに出ると、歩行者天国の路上に広がる、ゆうに600人は超えようかという入場待ちの列。これはアダルトVRに対する期待が証明されただろう。粗削りなものや、セクシーというよりは笑いに繋がるものなども多かったが、ひときわ強くVRの到来を感じさせるイベントだったことは間違いない。

 取材から見えたのは、主催、展示企業、展示クリエイター、それぞれの思惑が少しずつズレていたことだ。企業は従来のAVの延長線として、ビジネスがそこにあると判断し、DVDがBlu-Rayに遷移していったように、高解像度な映像を3D化させていっている。一方でクリエイターたちは、「これが実現できたらおもしろくない?」と、アイデアをVR化することで、いままで楽しんでいたものを、映像の技術こそいまの時点では他愛ないが、さらに楽しくさせていこうとしていた。そして、アダルトVRのすばらしさを世に広めたい、リアルはコスパが悪い、性を社会から分離することによって性にまつわる不幸なできごとをなくしたい、と語って煙に巻く主催者。

 アダルト業界ならずともつぎにVRが来るのは明らかで、そこに向けて出口を求めていたアダルト周辺のそれぞれの思惑が臨界点を超え、出資者も現れてこのイベントととしての形を成したのだろう。残念ながらこの日の展示は少人数(一般参加はおそらく50~60人)かつ、あっという間に終わってしまったが、8月に予定しているという大きな箱での催しに向けて、今日満たされなかったアダルトVRへの熱量はさらに増し、解放されることとなる。

 他愛ないポリゴンキャラクターによるアダルトVRは、ゲームVRの文脈からやってくる技術や蓄積されたノウハウと融合することで、いずれ爆発的に進化する。そのとき、コストパフォーマンスの視点で遺伝子の意思に逆らい始めた人類は、どこの地平へとたどり着くのか、編集部でも見届けていきたいと思う。

主催に疑問をぶつける

 ひととおり体験したところで、主催に話を聞く機会を得た。
 現れた吉田健人氏の名刺には、日本アダルトVR推進機構 主催の肩書き。そして、われわれ電ファミニコゲーマーが取材を始めると、なぜか周囲を人が取り囲み始め、即興の記者会見のようになってしまった。というわけで、期せずして複数メディアでの合同となった質問会の内容をお届けしよう。


──今回のイベント開催に至った動機は?

吉田健人氏(以下、吉田氏)
 私自身がアダルトVRを体験したときに、すごく感動したんですね。
 その感動をいろいろな人に知っていただきたくて考えたのがこのイベントになります。
 まだアダルトVRを体験できる場がなかったので、一刻も早く体験してほしくて、駆け足で開催させていただきました。

──現在はゲストと報道だけでこれほど盛況ですが、これは想定のうちでしょうか?

吉田氏:
 完全に予想外でしたね。小規模で知る人ぞ知るようなイベントを当初は考えていましたが、かなりの大反響をいただいておりまして、急遽対応をさせていただいております。

──この後の一般公開の待機列も、かなり長蛇のものになっています。

吉田氏:
 皆さんやっぱりエロに対する興味が非常にあったんだなと思います。
 “そこを誰も口にして来なかった”ということもあって、今回の反響に繋がったと思っています。

(編集部註)※実際に、開場前に列が長くなりすぎて混乱を来し始め、一般入場時刻の直前で建物内に入りきれなかった来場者の入場中止と、8月にあらためて大きな規模で開催することがアナウンスされた。

──この先のアダルトVRがたどる道へのビジョンなどありますか?

吉田氏:
 VR推進機構としては、アダルトコンテンツをバーチャルで完結させることが目標です。

──バーチャルで完結。その目標のために今後は、どういう活動をされていくのでしょう?

吉田氏:
 まずはアダルトVRをいろいろな人に知っていただき、実際の行為と比べていただきたいんですね。
 そう言った場を、今後も提供していきたいと考えております。

──そのためのイベントであると。以降の開催の予定は?

吉田氏:
 じつはこの夏(その後8月とアナウンス)に大きめの会場を用意していまして、より多くの方に楽しんでいただこうと企画をしています。

──私たちはゲームのメディアですが、ゲームとアダルトコンテンツはVRの最先端だと思っています。
 アダルトVRとゲームVRが今後どんどん近づいていく予感はありますか?

吉田氏:
 どちらもよりVRと現実が区別のつかないものになっていくと思います。楽しみですね。

──ちなみに三次元と二次元では、どちらがお好きですか?

吉田氏:
 どちらも好きですね。

──本日の展示内容はすべて試されたのでしょうか?

吉田氏:
 しました。ひとつ「完成されたな」というものがクリエイターブースにありまして。

──なないちゃんでしょうか。

吉田氏:
 それです! あれはすでにひとつの到達点かと思っています。

──ふだんは何をされているのですか?

吉田氏:
 ふだんは性交の研究、いろいろな新しいものを探しています。
 真面目な話をすると、世の中は異性とのやりとりやデートへの誘いなど、性交に対するコストが高いと思うんです。
 男は結局、やれたらそれで済むと思っているんですが、人間には心があるので、上辺だけで優しくしたり、嘘をついたり、そこでいろいろな不幸が起きると思うんです。
 ですがアダルトVRがあれば体の部分は解決できると。

──起こりがちな不幸が解決されると。

吉田氏:
 まさにそうです。ですので幸せな社会ができると思うんですね。
 日本アダルトVR推進機構の究極の目的は、性機能を社会から分離することなんですね。

──そうすると、人類が存続しないですよね。

吉田氏:
 じつは少子化も悪いことだとは思っていなくて……これは話の趣旨が逸れますので追い追いお話しできればと。
 ただ、私個人の意見と、機構のメンバーの意見などもありますので。

──性交の研究をされていたということですが、きっかけはなんだったんですか?

吉田氏:
 きっかけは、自分の性欲の強さです。

一同:
 (笑)。

──それはいつごろからですか?

吉田氏:
 昔からですね。子どものころからです。
 一時期、特殊な行為にはまり、さすがにちょっとマズいなと思いまして、自分の欲を抑えなくてはならないという葛藤が非常にありました。実際に人間と行為をしても満足感が得られなかったんですね。
 それはやっぱり相手に心があるからだと思い、自分を満たすためだけの方法が欲しいと考えたときに、ひとつの答えがVRだと思ったんです。それがいまのモチベーションにもつながっていて、いろいろな人にVRを通じて、新しい行為の体験をして欲しいと考えています。

──アダルトVRによって、いままでのコンテンツのどういう部分をもっとセクシーにしていけるとお考えでしょう?

吉田氏:
 いままでは完全に観るだけという行為だったんですね。
 それがVRによってインタラクティブ性が増し、自身が体験できるようになります。
 いまの段階では没入感が軸になっていますが、今後アダルトVRの研究が進めば、インタラクティブに映像とコミュニケーションが取れるようになっていくと思います。
 そうなると現実の代わりができるようになると思っているんです。

──リアルとの境界がないものに近づいていく。

吉田氏:
 そうです。バーチャルだけでする気になると思うんですね。そこに期待しています。

──現状のVRに、ハードとしての課題を感じていますか?

吉田氏:
 課題というほどデバイスやコンテンツが出揃っていませんが、何よりまず認知されていないと思っていまして、今回のイベントなどを通じていろいろな人にアダルトVRを知ってもらうことが課題としています。

──VRのよさの一方で、既存のコンテンツのよさというものもあると思います。
VRが既存のコンテンツに対して追いつかなければならないところなどはないのでしょうか?

吉田氏:
 私はアダルトVRをアダルト動画の完全な上位交換と考えています。
 ただ、より普及していくには、既存のコンテンツに置き換わっていくにはどうすればいいか、という点に関しては考えていきたいです。

──既存のコンテンツで、編集によってよりセクシーに見せていた部分が、VRならではのものに置き換わっていくのでしょうか。

吉田氏:
 たとえばハーレムものなどは、実際にハーレムの中心に自分が居ることが感覚として表現できます。
 いままでの“見る”という行為から、“居る”になっているので、そこが大きく違っている点だと思います。
 技術的には、撮影するときの技術とかですかね?

──いろいろと撮影の工程だったり、コンテンツの構成だったり、ユーザーがより楽しむためのVRならではのコツみたいなものなどは?

吉田氏:
 新しい取り組みですので、そのあたりにはまだ正解が出ていません。
 各社手探りの段階で、現状のコンテンツの延長線上にVRを置いて作られているところが多いですね。
 ですので、VRならではの見せかたやクオリティはこれから確立されていくと思います。

──海外と比較したとき、アダルトVRの進みや遅れはあるのでしょうか?

吉田氏:
 技術的には海外の方が2年以上先に行っていると言われています。
 ただしアダルトに関しては日本独自のノウハウもあり、それが唯一僕らがアドバンテージを持っているところです。ですからその分野を伸ばしていくことが、日本のVRのいい方向なんじゃないかなと。

──ニーズもかなりありそうですし。

吉田氏:
 そうですね。

──数字に置き換えることは難しいと思いますが、国内のニーズはどれくらいでしょうか?

吉田氏:
 国内でシンクタンクが発表しているものととしては、性産業のマーケットがだいたい10兆円ほどあるんですね。
 そこを今後VRで置き換えていくことはできるんじゃないかと考えています。

──アダルトはVRを牽引していけると思いますか?

吉田氏:
 もちろんなり得ると思います。

──5年後のアダルトVRはどうなっていると思いますか?

吉田氏:
 普及させ……普及しているはずです。

──それは希望ということでしょうか?

吉田氏:
 希望……いや、普及してます。
 近いうちに、性行為は完全にバーチャルでするものとなり、概念も変わっていっていると思いますね。
 むしろ変えていくことを活動目標としていますので、期待していてほしいです。

──これまでのAVをVRに置き換えて楽しむ人が半分を超えるのは、どれくらい先の時期になると思いますか?

吉田氏:
 5年以内には。
 既存の性的行為の延長線上ではなく、バーチャル性的行為という新しい概念を生み出していきたいと考えています。

──それをそこまで普及させたいというモチベーションは、吉田さんご自身のメンタリティーを世の中に共感してもらいたいということなのでしょうか?

吉田氏:
 性にまつわる不幸な出来事が多いので、自分も含め、みんなに幸せになってほしいという思いです。

──質問の冒頭に戻るご意見ですね。5年後に普及させるため、推進機構としては、今後もこうしたイベント活動を続けると。
イベントのほかに何か考えられていることは?

吉田氏:
 ほかは啓蒙活動ですね。具体的には、今後のお楽しみということで。


 

小山オンデマンド

週刊ファミ通、ファミ通.comなどを経て、電ファミニコゲーマーに参加。ATARIグッズ、ゲーム本、発禁DVD、寺社御朱印など見境のないコレクター。上記ペンネームは13年ぶり2度目の使用。好きな女優は白石茉莉奈。 

この記事への感想やコメントを、ぜひ電ファミニコゲーマーまでお寄せください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミTwitterをフォロー
LINE@開設しました

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

カテゴリーピックアップ