いま読まれている記事

硬派なオープンワールドを自由に生きれる高評価RPG『Kenshi』の累計販売本数が230万本を突破。6万9000件のレビュー中95%が好評とする「圧倒的に好評」の人気作

article-thumbnail-240417w

イギリス・ブリストルに拠点を置くLo-Fi Gamesは4月17日、シングルプレイヤー用RPG『Kenshi』の累計販売本数が230万本を突破したことを発表した。

これを記念し、Steamでは作中のキャラクターをアニメーションで表現した「アニメーション付きアバター」がリリースされた。同コンテンツがSteamポイントを消費することで獲得可能だ。

『Kenshi』はポストアポカリプス風の広大なオープンワールドを自由に探索できるRPGだ。作中に明確なストーリーラインは存在しないため、思うままに冒険することを楽しめる。

プレイヤーはいわゆる王道な「勇者」のような役割を担う必要はなく、商人になったり、盗賊になったり、農民になったり、軍のリーダーになったりと豊富な選択肢から任意の生き方を楽しめる。

いっぽう、敵対勢力に捕らえられて奴隷になってしまったり、人喰い人種たちのエサとなってしまう可能性もある。自由には責任が伴うようだ。

『Kenshi』の累計販売本数が230万本を突破_001
(画像はSteam:Kenshiより)

ゲームプレイはストアページでは「リアルタイムストラテジー+ロールプレイングゲーム」と説明されており、硬派な遊び心地が印象的だ。

ゲーム開始時は「最弱の存在」だが、鍛えて強くなりさえすれば、何事にも打ち勝つことができるという。厳しい世界をなんとか生き抜き、作中で望みを叶えていこう。

『Kenshi』の累計販売本数が230万本を突破_002
(画像はSteam:Kenshiより)
『Kenshi』の累計販売本数が230万本を突破_003
(画像はSteam:Kenshiより)

本作は執筆時点で6万9607件のレビューを獲得しており、うち95%が好評とする「圧倒的に好評」のステータスを獲得している。なお、本作は2018年の12月に発売された作品であり、2020年の10月に販売本数が100万本を突破したことを発表している。

このたびの発表により、約2年弱の歳月を経て、じわじわと確実に売り上げを伸ばすことで累計230万本を販売したことが伺えるだろう。

本作に関してはアンリアルエンジン5を駆使し、最小限のメンバーである33名により開発されている続編『Kenshi2』も今後発売される予定であるため、未プレイの方は話題の本作をプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月26日10時~2024年5月26日11時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ