たったひとつのタイプミス(タイポ)でAIがお馬鹿に。ゲーム会社が開発コードのタイポを見つける専門役職を募集

 アメリカのゲーム開発企業Gearbox Software「Programming Copy Editor」という名の役職を募集している。
 Copy Editorとは日本語に置き換えると校正者のことだが、Programming Copy Editorという役職は他の求人サービスで検索しても見かけることはない。実はこれ、コードのタイプミスを探すための専門の職業だという。

Gearbox Softwareの公式サイトに掲載された求人情報。
(画像はGearbox Software | Jobsより)

 この職種の募集が始まったのは、先日起きたGearbox Softwareのちょっとした事件の数日後。事件の主役となったのは、同スタジオが開発を手がけ2013年に発売された『Aliens: Colonial Marines』である。
 さまざまな背景から低評価を受けた同作、そのなかでも頭のよくないAIは批判を浴びた原因のひとつとして挙げられいたが、そのAIの不出来はたった一文字の“a”のタイプミスが原因だったのではないかと話題になったのだ。

 発売から5年が経ちようやく姿をあらわしたそのタイポはMod制作者が発見したもので、昨年11月にMod情報サイト「Mod.db」にてその経緯が説明されている。その後、海外フォーラム「resetera」にて今年7月になってからこの情報が検証されることとなった。

2013年に発売されたGearbox Software開発の『Aliens: Colonial Marines』。Sega of Americaパブリッシングのもと開発が進められたが、陳腐なビジュアルや貧弱なAIなど全体的に完成度が低いとの批評を浴び、『エイリアン』ゲームの期待の新作だったことも災いしてかメディアとユーザー双方から非常に低い評価を受けた。最終的にはプロモーション映像と本編が違うとして、集団訴訟まで起きている。
(画像はSEGA | Aliens: Colonial Marinesより)

 タイプミス(typographical error)、いわゆるタイポ(typo)が起きたのは、「PecanEngine.ini」というファイルの中の以下の一文である。実際にゲーム内のファイルから確認できるが、本来であれば“Tether”とするべきところを、“Teather”と打ち込んでしまっている。

“ClassRemapping=PecanGame.PecanSeqAct_AttachXenoToTether -> PecanGame.PecanSeqAct_AttachPawnToTeather

 この騒動が起きた数日後に募集が開始された「Programming Copy Editor」の役職が負う責任は、「コードを確認してタイポを見つける」こと。
 本当にそれだけである。あれば望ましいスキルはタイポ探しを楽しめることだが、面白いのはこの職業に必須のスキルが、「このページの応募フォームに必要事項を入力し、Submit Applicationをクリックする能力」だけであるところだ。

 一番最後の質問も、「正しい綴りはtetherとteatherのどちらでしょう(Please respond with the correct spelling: tether or teather.)」と、今回騒動となったタイポミスが“例題”となっている。入力するのがどちらかは、もちろんおわかりだろう。

(画像はGearbox Software | Jobsより)

 Gearbox Softwareのお茶目さも見て取れるこの求人募集だが、単なるジョークというわけでもなさそうで、本当にほかの職種と並んで募集されている。
 ここ最近の例では、『Civilization VI』でも同様にファンがタイポを発見して、デベロッパーがミスを認める事態も発生しており、たとえどれだけ素晴らしいゲームでもタイポの確認が重要な仕事であることは間違いないだろう。

 単純なミスが今回のように大きな間違いを生むこともある。「Programming Copy Editor」は、実は多くの企業から必要とされている職業なのかもしれない。

関連記事:

海賊版を自ら配信したゲームメーカーの真意は、違法コピー問題を真剣に考えた末の強烈な皮肉──企業運営シミュレーションゲームに厳しい現実を追体験する「海賊版モード」を実装

『FGO』や『ペルソナ』の影に潜むエージェント・リュウズオフィス──『マンガで分かる!FGO』や『カルデア放送局』を企画したその会社に迫る

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ