『ソウルキャリバーVI』キャラクリモードの自由度が高い。ルガールからコイキングまで多数のファン製キャラクターが参戦へ

 10月18日に『ソウルキャリバーVI』が発売されて以降、その強力なキャラクリエイトモードで作られたさまざまなキャラクターがSNSを賑わせている。自分だけのかっこいい、あるいはかわいいキャラクターを作るだけでなく、どこかで見たことがあるようなキャラクターたちの再現は特に人気のジャンルになっているようだ。

 『ソウルキャリバーVI』はバンダイナムコエンターテインメントとディンプスが共同開発した3D格闘ゲームだ。2012年に発売された『ソウルキャリバーV』から6年ぶりとなる新作で、リブートとしてこれまでのシリーズで死亡したり消息不明となっていたキャラクターたちも再登場している。
 格闘ゲームとしての評価も非常に高く、新システム「リバーサルエッジ」による駆け引き、難しいコマンドをあまり必要としないシステムで、シリーズ初挑戦の初心者でも楽しめるリブートらしい間口の広いゲームになっている。

 ゲームとしても面白いが、これまでもシリーズが出るたびに話題になってきたクリエイションモードもあらためて話題に。現行機では簡単に画像や動画がSNSにアップロードできるようになり、前作まで以上に作品が簡単に共有できる。

 Youtubeであれば「soul calibur 6 character creation」、Twitterでハッシュタグ「#soulcalibervi」「#ソウルキャリバー6」で検索すれば日本だけでなく世界中のプレイヤーの作った力作を見られる。

※『KOF』シリーズからルガール。見た目だけでなく彼の代名詞とも言える必殺技「ジェノサイドカッター」まで再現する力作。

※世界で最も有名なネズミたちも参戦。

※大乱闘スマッシュキャリバーズ。

※人間の体の形をしていないキャラクターを無理やり再現する面白さ。

※『ベルセルク』から主人公のガッツ。キャラクリエイションの様子から動画になっている。

※セイバーvsサノス。作品の枠を超えたドリームマッチも再現できる。

 この強力なキャラクタークリエイトモードは、これまでのシリーズでも新規プレイヤーをゲームへと誘う役割を果たしているといえるだろう。リブートとして初心者への間口も大きく広げられた『ソウルキャリバーVI』は、シリーズ未経験のプレイヤーの受け入れ準備も整っている。発売されてまだ1週間も経っていない今こそ、本作へ飛び込むチャンスだ。

文/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ