デッキ構築ローグライク『Slay the Spire』1月23日に正式リリース。デッキを改良し不確定要素だらけのダンジョンを知恵と運を頼りに戦い抜く

 Mega Crit Gamesのローグライクゲーム『Slay the Spire』1月23日、約一年の早期アクセス期間を終えて正式リリースされる。正式版リリースに先駆け、正式価格の2520円へと値上げもすでに行われている。

 公式サイトではまだ16ドルで販売されているが、こちらも正式リリース後には値上げとなることが予想される。また、日本時間1月24日午前10時から、Redditにて開発チームがファンの質問に答えるAsk Me Anythingも予定されている。

 『Slay the Spire』はデッキ構築を特徴としたローグライクゲームだ。プレイヤーは進行ルートを選び、さまざまなマスで起きるイベントを戦いながら先へと進む。マップの構成やイベントはランダムで、一度死んでしまえば進行状況はすべて消え、最初からプレイすることになる。

 戦闘は交互に行動するターン制バトルとなる。そのターンでの相手の攻撃は常に表示され、プレイヤーは先手を取ることが可能だ。先制攻撃かつ相手の行動を先読みできるシステムはプレイヤーに大きく有利に働くが、行動を制限するのが手札となる。相手の行動がわかり先手を取ることが出来ても、カードの引きが悪ければ為す術がないということも良く起きる。

(画像はSteam | 『Slay the Spire』より)
(画像はSteam | 『Slay the Spire』より)

 運に大きく左右される戦闘システムだが、可能な限り運を制御するのがデッキビルディングだ。現在のバージョンでは、3人のプレイアブルキャラクターが用意されている。各キャラクターは異なる初期デッキを持っており、戦闘に勝利したり、イベントや承認から手に入れたカードでアップグレードしていく。

 登場するカードは200種類。カード入手はランダムなので、毎回のプレイでまったく異なるデッキが出来上がるだろう。使いみちがなさそうなカードであっても思わぬシナジーを発揮したり、組み合わせによって思いもよらないコンボが完成することもある。ローグライクゲームらしく死亡すればデータはリセットされるが、プレイヤーの手に入れた知識はなくなることはない。

(画像はSteam | 『Slay the Spire』より)
(画像はSteam | 『Slay the Spire』より)

 『Slay the Spire』を開発するMega Crit Gamesは、シアトルに拠点を置くゲームデベロッパーだ。Anthony Giovannetti氏とCasey Yan氏によって設立されたふたりのデベロッパーだが、空き時間などに協力してくれる支援者もついている。本作の開発のメインはチームメンバーが行っているが、カードデザインや音楽、マップアイデアなど様々な分野で支援者が活躍している。

 Modにも正式に対応し、正式リリースに向けた追加要素はSteamトレーディングカードやバランスとバグの修正を残すのみとなっている。興味がある人は記事執筆時点でまだ公式サイトでは16ドルの早期アクセス価格でゲームを手に入れられるので、公式サイトをチェックしてみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『FF』のオンライン対戦カードゲーム『FINAL FANTASY DIGITAL CARD GAME』発表。ドットキャラが戦う同時ターン制カードバトルに

手裏剣のごとくリアルタイムに次々とカードを切れ。爽快感抜群の国産カードアクションゲーム『Overdungeon』Steamで発売開始

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ