海外のゲーム早解きチャリティイベントで300万ドル(3億円以上)が集まる。『悪魔城ドラキュラ』を十数分でクリアし、日本語で「サイレントヒルの歌」を歌う

 日本時間6月24日より始まったゲーム早解きイベント「Summer Games Done Quick 2019」(以下、SGDQ)が6月30日に大好評の内に終了した。視聴者からの寄付を集めながら1週間ぶっ続けで行われるこのイベントは、最終的に300万7052ドル(約3億2500万円)を集めた。

 寄付額が300万ドルを超えたのはGDQ史上、初めてのことだ。これらは全て国境なき医師団に寄付される。

 SGDQは、毎年夏に行われる世界最大級のゲーム早解きイベントだ。冬の「Awesome Games Done Quick」(AGDQ)と並ぶ、GDQが主催する年2回の大規模イベントとなる。寄付を集めながら行われ、寄付額によってはキャラクターの名前やゲームのルールが変わることもあるのが大きな特徴だ。

 毎年寄付の総額は伸び続けており、昨年行われたSGDQ2018では210万ドル、2019年1月に行われたAGDQ 2019では240万ドルを集め、SGDQ2019でついに300万ドルを超えるに至った。寄付者は全て公式サイトにクレジットされ、SGDQ2019では5万人以上が記録されている。寄付の平均額は約60ドルという計算になる。

 SGDQ2019の大トリは『クロノトリガー』。寄付によって、バグを利用せず全てのサブイベントをクリアする「Glitchress 100%」ルールに決定した。走者はこのルールでは現在世界1位のpuwexil氏。全てのイベントをこなし、ラスボスを倒す頃には寄付額は300万ドルまで残り2万ドルほどに迫る。エンディング中に300万ドルに達成したときには会場から大きな歓声が上がった。

(画像はTwitch 「SGDQ2019 Japanese Restream」より)

 SGDQ2019では古いものでは悪魔城ドラキュラ』から、最新作では『デビルメイクライ5』まで100本以上のゲームのスピードランが行われた。後から全てを見ようと思うと大変だが、手軽に楽しむなら日本の公式リストリームを担当しているチャンネル「Japanese Restream」の人気クリップを見て回るのがいいだろう。「サイレントヒルのうた」をみんなで熱唱するシーンや、『DOOM』で壁をFワードするシーンTASBOTによる驚異的な『Celeste』のプレイなど見どころがてんこ盛りだ。

 すでに全てのイベントのクリップも公開されているので、公式のスケジュールを確認して気になるゲームがあればJapanese RestreamのTwitchチャンネルで見てみるのもいいだろう。

 次回のGDQイベントは現地時間9月27日から29日まで行われる「Games Done Quick Express 2019」、そして現地時間2020年1月5日から1週間行われるAGDQ 2020」だ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧