『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』がNintndo Switchで発売開始。初代2バージョンをひとつに集約、救助隊キャンプなど新要素も

 株式会社ポケモンは3月6日(金)、Nintendo Switch用ソフト『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』を発売した。価格は5980円(税別)。

 『ポケモン不思議のダンジョン』は、ニンテンドーDSおよびゲームボーイアドバンス向けに発売された『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(2005)の2バージョンを第1作とするダンジョンRPGシリーズ。今作は2バージョンがひとつのソフトに集約された15年ごしのリメイク作品となっている。

 主人公自身がポケモンとなって物語を進めるストーリーはそのままに、Nintendo Switch向けに新しく描かれる絵本のようなやさしいビジュアルと世界設定で、当時の感動がよみがえる。また、今作からなかま全員にいい効果をおよぼす「すごわざ」や、ドット絵のかわいらしいビジュアルで表現される「救助隊キャンプ」などの新要素が追加されている。

 さらに今作では、当時進化が発見されていなかった「ジバコイル」、「リーフィア」、「マニューラ」などのポケモンを収録し、総数は400種類以上に。“進化を越える進化”を行った「メガシンカ」ポケモンも登場している。

 公式サイトでは、『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』の発売記念イベント「ポケモンSOSチャレンジ」が3月8日(日)まで開催中だ。期間中、渋谷駅のあちこちに貼られた「ポケモンからのSOS」を見つけ、特設ページから答えを入力すると、ゲーム内アイテムがもらえる「ふしぎなメールのパスワード」をゲットできる。

 謎解き問題は、東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLERを立ち上げた松丸亮吾氏が監修しており、作品の世界設定をリアルの世界でも体験できる。問題は特設ページでも確認できるので、興味があれば挑戦してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧