Humble Bundleが“反新型コロナ”チャリティバンドルによるチャリティ実績を発表。国境なき医師団など4団体へ総額656万ドルを寄付

 ダウンロード販売サイトのHumble Bundleは、4月1日から1週間販売を実施したチャリティバンドル「HUMBLE CONQUER COVID-19 BUNDLE」20万8527セットを売り上げ、4つのボランティア団体に総額656万ドル(7億300万円)以上を寄付したことを発表した。

(画像はOver $6.5 Million Raised For COVID-19 Relief | Humble Bundle Blogより)

 「HUMBLE CONQUER COVID-19 BUNDLE」は新型コロナウイルスに対応する組織を支援するチャリティバンドルである。支払い額はユーザー自身が最低30ドル(販売当時約3000円)から自由に決定する方式となっていた。バンドルには『UNDERTALE』をはじめとする45本のゲームや複数の電子書籍、音楽制作ソフトなどが含まれており、すべてのコンテンツを通常購入した場合の総額は1071ドル(販売当時約11万円)であった。

 今回のチャリティバンドルで調達された資金は「Direct Relief」「国際救済委員会(IRC)」「国境なき医師団」「Partners In Health」の4団体に寄付された。「Direct Relief」では医療従事者のための頭部保護具や重度患者のための治療物資など、実践的な支援に利用される。

 また、国境なき医師団ではシリア、ナイジェリア、ギリシャ、イタリアなど、不安定な状況の地域社会における感染症の拡大防止や感染者のケアを施すための緊急プログラムの立ち上げに活用。同様に「Partners In Health」でも医療システムが脆弱な状況の国における包括的な取り組みの実施で利用される。

 このほか、40カ国で24時間体制の活動を行う「国際救済委員会(IRC)」では、現場スタッフのトレーニングや頭部保護具・衛生用品などの物資配布、難民や避難民へ向けた救命情報の提供など、同団体の活動で利用される。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧