アドベンチャーゲーム『A Dark Room』がNintendo Switchで5月7日に発売決定。テキストとサウンドと環境だけで語る新感覚ストーリーテリング

 CIRCLE Ent.は、テキストベースアドベンチャーゲーム『A Dark Room』を5月7日発売すると発表した。

 プラットフォームはNintendo Switchで、すでにニンテンドーeショップにゲームが掲載されている。価格は税込700円。本作は2013年に発売したWebブラウザゲームを、Nintendo Switchに移植した日本語版だ。

 ゲーム内でプレイヤーは、「目を覚ませ」という謎の声とともに、暗い部屋で目を覚ますことになる。とりあえず火を灯していると、みすぼらしい女性が部屋に入ってきて倒れこむ。この女性は誰なのか、ひとまず主人公は近くの森で木材を入手して、女性を凍えさせないようにすることになる。

 本作の最大の特徴は、シンプルなテキストとサウンドのみで構成されていること。しかもテキストは必要最低限の描写のみで構成される。いわゆる『Zork』などのグラフィックがなかった時代の初期のアドベンチャーゲームを彷彿とさせるが、よりテキストはシンプルに構成されており、凝った環境音は想像力をかきたてるだろう。

 開発したのはインディーゲーム開発者マイケル・タウンゼント。2013年のWebブラウザーゲームとして発表して、同年末にiOSに移植すると徐々に注目を集めるようになり、アメリカやイギリスのApp Storeのランキング上位に食い込むこととなった。ゲームWebメディアで、ゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補に挙がったり、アメリカの雑誌The New Yorkerで「誰も説明できないベストセラーゲーム」として、その独創性が賞賛されている。

アドベンチャーゲーム『A Dark Room』がNintendo Switchで5月7日に発売決定。テキストとサウンドと環境だけで語る新感覚ストーリーテリング_001
(画像はMy Nintendo Store『A Dark Room』より)
アドベンチャーゲーム『A Dark Room』がNintendo Switchで5月7日に発売決定。テキストとサウンドと環境だけで語る新感覚ストーリーテリング_002
(画像はMy Nintendo Store『A Dark Room』より)

 2019年4月にNintendo Switchへ移植となり、今回はその待望の日本語版だ。タッチスクリーンに対応しており、Nintendo Switch向けにUIが最低かされている。なお、詳細は不明だがローカルで協力プレイもできるようだ。なおネタバレは厳禁なので、プレイする前に、検索をしてストーリーを詳しく知らないほうがいいだろう。

 新感覚アドベンチャーゲーム『A Dark Room』は5月7日配信だ。

ライター/福山幸司

ライター
アドベンチャーゲーム『A Dark Room』がNintendo Switchで5月7日に発売決定。テキストとサウンドと環境だけで語る新感覚ストーリーテリング_003
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ