アドベンチャーゲーム『A Dark Room』がNintendo Switchで5月7日に発売決定。テキストとサウンドと環境だけで語る新感覚ストーリーテリング

 CIRCLE Ent.は、テキストベースアドベンチャーゲーム『A Dark Room』を5月7日発売すると発表した。

 プラットフォームはNintendo Switchで、すでにニンテンドーeショップにゲームが掲載されている。価格は税込700円。本作は2013年に発売したWebブラウザゲームを、Nintendo Switchに移植した日本語版だ。

 ゲーム内でプレイヤーは、「目を覚ませ」という謎の声とともに、暗い部屋で目を覚ますことになる。とりあえず火を灯していると、みすぼらしい女性が部屋に入ってきて倒れこむ。この女性は誰なのか、ひとまず主人公は近くの森で木材を入手して、女性を凍えさせないようにすることになる。

 本作の最大の特徴は、シンプルなテキストとサウンドのみで構成されていること。しかもテキストは必要最低限の描写のみで構成される。いわゆる『Zork』などのグラフィックがなかった時代の初期のアドベンチャーゲームを彷彿とさせるが、よりテキストはシンプルに構成されており、凝った環境音は想像力をかきたてるだろう。

 開発したのはインディーゲーム開発者マイケル・タウンゼント。2013年のWebブラウザーゲームとして発表して、同年末にiOSに移植すると徐々に注目を集めるようになり、アメリカやイギリスのApp Storeのランキング上位に食い込むこととなった。ゲームWebメディアで、ゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補に挙がったり、アメリカの雑誌The New Yorkerで「誰も説明できないベストセラーゲーム」として、その独創性が賞賛されている。

(画像はMy Nintendo Store『A Dark Room』より)
(画像はMy Nintendo Store『A Dark Room』より)

 2019年4月にNintendo Switchへ移植となり、今回はその待望の日本語版だ。タッチスクリーンに対応しており、Nintendo Switch向けにUIが最低かされている。なお、詳細は不明だがローカルで協力プレイもできるようだ。なおネタバレは厳禁なので、プレイする前に、検索をしてストーリーを詳しく知らないほうがいいだろう。

 新感覚アドベンチャーゲーム『A Dark Room』は5月7日配信だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧