『ゲームセンターCX』の放送が300回を超える。レトロゲームに挑む有野課長の挑戦を描いて17年に及ぶ長寿番組へ

 2003年に放送がはじまったゲーム実況番組『ゲームセンターCX』の放送がついに300回を超えた。記念すべき300回の放送は6月11日に放送され、ファミリーコンピュータのアクションゲーム『ドラゴンファイター』を攻略。300回突破を記念した「放送300回記念300分生放送」も6月21日に生放送された。通常回を見逃したという方は、6月25日24時から第300回が再放送される。

 また、「放送300回記念300分生放送」を密着取材した「CONTINUE SPECIAL ゲームセンターCX 2020」の発売も決定。初回限定版には「ゲームセンターCX ch.動画傑作選『THE VERY BEST OF GCCXch』」などを収録したDVDも付属する。8月20日に発売予定だ。

 『ゲームセンターCX』は、「有野課長」ことお笑いコンビよゐこの有野晋哉氏がさまざまなレトロゲームに挑戦するゲーム実況番組だ。有野課長はゲームがとても上手というわけではないが、根気強く理不尽ともいえるような難易度のゲームを攻略する粘り強さに定評がある。
 時には番組のADたちに助っ人を頼んだり、冷えピタや老眼鏡の力を借りて、17年間たくさんの痛恨のミスと、それに勝るとも劣らない回数の伝説を生み出した。

 番組ではそんな有野課長がレトロゲームを攻略する姿を描く「有野の挑戦」や、全国さまざまなゲームセンターでロケを行い、そこで出会う人々と交流する「たまに行くならこんなゲームセンター」、ファミコンやゲームボーイのソフトを発売順に紹介する”19○○”など、異なる角度でゲームを追求している。

 DVDボックスは現在までに16巻、数々の番外編DVD、ビデオゲーム『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』シリーズ、劇場版など、有野課長はさまざまなメディアで活躍している。

(画像はフジテレビONE/TWO/NEXT公式Twitterアカウントより)

 単純に計算すれば放送時間は300回で300時間。挑戦は長時間、数日にわたって行われることもあるため、実際に有野課長がゲームに向き合った時間は長大な時間になるだろう。番組が17年に渡り愛されてきたのは、課長の人柄によるところも大きいだろう。ゲーム攻略に向き合う姿勢や、ロケ先で出会った子供と楽しくも本気で遊ぶ姿は、多くの視聴者に愛されている。

 有野課長は何度か事故や病気での入院で収録が危ぶまれることもあったが、これからも末永くレトロゲームに挑戦していって欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧