『忍者龍剣伝』をクリアするまで外をランニングする謎の健康タイムアタックに走者が挑戦。5キロを25分16秒で見事に完走する

 冬と言えばマラソンのシーズン、ゲームファンなら時間を惜しんで、ランニングしながらゲームも遊びたい稀有な読者もいるかもしれない。そんな願いを叶えるべく、YouTubeチャンネル「MarMax Gaming」が、ゲームをクリアするまで外でランニングを続ける挑戦シリーズ「Running & Games」を開始した。

 どのようにゲームをプレイするかというと、モニタやパソコン、バッテリー、そしてもちろん海外版ファミリーコンピュータ(NES)など必要な装備を自転車に積み、友人に並走してもらう方法を採用している。走る方も大変そうだが、おそらく10kg以上の装備を自転車とリュックサックに入れて自転車をこぐ友人も大変だろう。

 最初の挑戦はアクションゲーム『忍者龍剣伝』(NINJA GAIDEN)。いかに速くゲームをクリアするかというタイムアタック要素と、ランニングを続け集中力を維持させるというフィジカル要素が組み合わさった、史上もっとも健康的なタイムアタックが実施された。

 結果はクリアタイムが25分16秒、走った距離は3.1マイル(約5キロ)となった。普通のスピードランの世界記録は11分38秒(参考リンク)となっており、ランニングしながらであることを考慮するとかなり早い方だと考えられるだろう。

 挑戦したケースは今回が初めてのため、もちろん世界記録となった。そもそもほかに挑戦者が登場するのか不明だが、「Any%リアルジョギング」とでも呼ぶべきこのカテゴリーでは、走った距離は評価に入るかなどルールはまだ曖昧だ。

 彼はすでに2回目の挑戦も実施しており、今度は『魂斗羅』をふたりプレイでジョギングしながら挑戦(参考動画)。タイムアタックをテーマにしていた前回とは違い、今回はふたりで楽しみながら攻略している。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 なお今回のタイムアタックを見ると、あらためてNESが振動に強いことも理解できる。自転車で運搬しており多少は揺れているはずだが、接触不良などによるバグは発生していないようだ。走っている途中にバグが発生したときのことを考えると悪夢だが、これなら今後も問題なくこの競技に挑戦していくことができるだろう。

 「わざわざ専用のファミリーコンピュータ自転車を作るよりもルームランナーを買って家でゲームした方が安いし安全のでは?」というのは無粋だ。とはいえ、もしもあなたが健康のためにランニングをしながらゲームもしたいという欲張りなら、無理せずルームランナーを買うことをおすすめする。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ