【更新】長らく販売停止になっていた台湾のホラーゲーム『還願 DEVOTION』が台湾時間12月18日にGOGで再版。セルフパブリッシングに切り替えついに復活へ

【更新 2020/12/17 07:24】 GOG.comは公式Twitterアカウントにて、同作の販売を取りやめることを明らかにした。発表からゲーマーより多数のメッセージが寄せられた結果、ゲームをストア上にリストすることを辞めると決断したという。

【原文 2020/12/16 23:32】 台湾のゲーム開発会社Red Candle Gamesは、長く販売が停止していた一人称視点ホラーゲーム『還願 DEVOTION』を、GOG.comで再版することを発表した。発売日は台湾時間12月18日。価格は16.99ドル(約1760円)。日本語字幕にも対応する。

 『還願 DEVOTION』は2019年に発売された一人称視点ホラーゲーム。台湾で1960年代に起きた白色テロをテーマにした2Dホラーゲーム『返校 Detention』で高い評価を得たRed Candle Gamesの2作目だ。本作は1980年の台湾の家庭風景をベースにした。

 注目を集めていたが、リリース直後に中国の習近平国家主席を揶揄するアセットが発見され、中国のゲームファンを中心に抗議活動が激化。Steamでは多数のユーザーが一丸となって低評価をつける、いわゆるレビュー爆撃を受けることとなった。
 Red Candleはすぐさまアセットを削除するパッチをリリースして謝罪。しかし、2019年2月23日頃中国で販売が停止され、後を追って世界中で販売が停止となった。また、本作のパブリッシャーは当局により中国でのビジネスライセンスを剥奪された。

 台湾の開発会社ということもあり、一時は政治問題にも発展。台湾の陳其邁行政院副院長が、「民主主義と自由がある国でのみ、創造は制限から自由になることができます」と、ゲームを擁護する発言をしたことがBBCで報じられた。

 その後、ゲームはハーバード大学に本作が収蔵され、台湾では豪華なパッケージ版として再版もされたが、約2年間国際的な再版が行われることはなかった。Red Candleは以前、再版のためのパブリッシャーを探していると発言していたが、セルフパブリッシングでの再版となった。

(画像は『還願 Devotion』より)
(画像は『還願 Devotion』より)
(画像は『還願 Devotion』より)

 長く販売が停止しており、政治的な問題もあり再版がとても難しかった『還願 Devotion』。セルフパブリッシングでの再版は、現在開発中だと公言されている次回作への弾みにもなるはずだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ