Bethesdaが『インディ・ジョーンズ』のゲーム化を発表。トッド・ハワード氏がエグゼクティブプロデューサーを務め『Wolfenstein』シリーズのMachineGamesが製作

 Bethesda Softworksは、冒険活劇『インディ・ジョーンズ』をテーマにした新作ゲームの開発を発表した。ゲームを手掛けるのは、『Wolfenstein: The New Order』シリーズで知られるMachineGames。先日発表されたルーカスフィルムの新ブランドLucasfilm Gamesと協力する。

 Bethesdaトッド・ハワード氏がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、まったく新しい『インディ・ジョーンズ』の物語が展開されていく。Bethesdaはゲームの発表にあたり、トッド・ハワード氏が長年の『インディ・ジョーンズ』ファンであり、本作の実現に10年以上を費やしてきたことを明かしている。

 ゲームは主人公インディアナ・ジョーンズのキャリア最盛期の時代を描く。ゲームの詳細発表までは、もうしばらく掛かるという。

(画像はBethesda公式サイトより)

 『インディ・ジョーンズ』は、考古学者にして冒険家のインディアナ・ジョーンズを主役とした映画や小説、ドラマなどの一連のシリーズ。スティーヴン・スピルバーグ氏が監督を務めた映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』を皮切りに、ビデオゲームやテーマパークのアトラクションを含むさまざまなメディアで展開されてきた。映画では主人公のインディアナ・ジョーンズをハリソン・フォード氏が演じており、つばの広いフェドーラハットを被ったインディアナ・ジョーンズの特徴的なシルエットは、冒険家のパブリックイメージのひとつとしても定着するに至った大人気キャラクターとなった。

 公開されたティザートレイラーでは、コーヒーカップやさまざまなメモ、地図、タイプライターに続き、インディアナ・ジョーンズのトレードマークであるハットとムチが登場している。そのほかにもトッド・ハワード氏が著者となっている「Ancient Circle Jubilee第2版」なる本や「ジグラット」と書かれたメモ、ローマへのフライトチケットなど、ゲームの舞台がイメージできる手がかりが少しずつ残されているので、コマ送りで確認してみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ