ゲームクリエイターの松野泰己氏が、キャンプ系YouTuberのタナさんにインタビューをする記事を掲載。趣味が高じて30年ぶりにインタビュアーとして記事執筆へ

 ゲームクリエイターの松野泰己氏が、キャンプ情報メディア「LANTERN」にて記事を掲載。キャンプ系YouTuberのタナさんにインタビューをしている。

 『タクティクスオウガ』『ベイグラントストーリー』などを手掛けた松野氏は、ゲーム業界に入る前はある経済評論家の事務所で契約社員として働いており、朝に新聞をすべて読み、その後、取材に行って夕方には経済誌向けの記事にするということをひたすら行っていた時期があったという。

【更新 2021/5/11 11:30】 記事初版にて「事務所でライターのアルバイトをしており」との記述がありましたが、正しくは契約社員の誤りでした。訂正しお詫び申し上げます。 

 今回、公開された記事はキャンプ情報メディア「LANTERN」に掲載されている通り、キャンプ系YouTuberのタナさんにインタビューをする記事だ。ライタープロフィールでは「50歳を超えてキャンプ熱が再燃し、愛妻や友人たちと月イチで出かけるように」と書いている通り、松野氏の趣味が高じて30年ぶりにインタビュアーになったとのこと。
 記事企画案から始まり、取材、原稿起こし、校正、写真手配なども松野氏が手掛けたという。なお筆名は「ヤスミン松野」となっている。

(画像は「ソロキャンプで使える 鉄フライパン ごちそうレシピ」発売記念特別インタビュー第一弾・タナさんより)

 そのインタビュー内容は、タナさんが4月13日に発売した『ソロキャンプで使える 鉄フライパン ごちそうレシピ』に関する取材となっており、タナさんにキャンプ料理の極意を聞き出している。また記事後半にはキャンプ初心者向けにその心がけを聞いており、これからキャンプに挑戦しようとしている人にうってつけの記事といえるだろう。

 チャンネル登録者が20万人を超える人気のキャンプ系YouTuberのタナさんは、おすすめキャンプ用品や自身がソロキャンプを行う様子を投稿。今回、発売した書籍も購入した読者からは好評だ。松野氏の記事を読んで気になった人はチェックしてみてはいかがだろうか。ヤスミン松野氏の今後の記事にも期待したい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ