アメリカ南北戦争をテーマにした最大300人のマルチプレイ対戦ゲーム『Battle Cry of Freedom』発表。戦列歩兵や砲兵だけでなく、軍楽隊として味方の士気高揚もできる

 オランダに拠点を置くゲーム開発会社Flying Squirrel Entertainmentは、アメリカ南北戦争マルチプレイ対戦ゲーム『Battle Cry of Freedom』Steamストアページを開設した。

 対応プラットフォームはPC(Steam)、価格は未定だが、25ユーロ(約3300円)以下で提供したいとのこと。

(画像はSteam『Battle Cry of Freedom』より)

 『Battle Cry of Freedom』は19世紀のアメリカ南北戦争をテーマにした大規模対戦ゲームだ。最大で300人のプレイヤーが一堂に会し、アメリカ合衆国とアメリカ連合国に分かれて最大で2キロ平方メートルのマップで戦う。ただし、14枚のマップの多くは450平方メートルほどの大きさだ。ほとんどすべての地形が破壊可能で、物陰に隠れていても決して安全ではない。

 ゲームモードはコンクエストやチームデスマッチ、攻城戦など8種類。ゲームリリース後も増やしていくという。

 プレイヤーは歩兵や砲兵、スペシャリストとして工兵や衛生兵などが選べる。中には、戦列歩兵の足並みをそろえる伝令約としての軍楽隊もある。クランを作り戦列歩兵隊を組んで敵陣地に行進する、当時の戦争ならではの戦いも楽しめる。また、戦場を俯瞰して歩兵に指示を与える将軍もプレイヤーが担当する。

 視点は一人称と三人称を選べ、マスケット銃や銃剣、サーベルといった個人装備から、複数人で運用するパロット砲までさまざまな武器が登場。120種を超える武器は重力だけでなく風向きや湿度や気温、局所重力までもが弾道に影響する。これらを操る兵隊のアニメーションは、実在のマニュアルに沿ったものになるという。

(画像はSteam『Battle Cry of Freedom』より)
(画像はSteam『Battle Cry of Freedom』より)
(画像はSteam『Battle Cry of Freedom』より)
(画像はSteam『Battle Cry of Freedom』より)

 『Battle Cry of Freedom』は鋭意開発中。公式サイトのQ&Aでは、開発は少なくとも1年がかかるとされている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ