第一次世界大戦でトラウマを負ったドイツ兵が狂気の世界に飲まれるホラーゲーム『Ad Infinitum』発表。当時の塹壕を舞台に戦争の狂気に立ち向かう

 ゲームパブリッシャーのNaconは、ドイツのゲーム開発会社Hekateの開発する一人称視点ホラーゲーム『Ad Infinitum』を発表した。2023年発売予定で、コンソールとPC(Steam)に対応する。

 『Ad Infinitum』の舞台は第一次世界大戦の終戦後で、プレイヤーはとあるドイツ人帰還兵となる。終戦し家族の元に戻ったが戦争の狂気にむしばまれた主人公は、自分が再び塹壕の中に閉じ込められていることに気がつく。悪夢と現実、真実とうその境界線が崩れる中、塹壕の中で恐ろしい化け物や死の罠を乗り越え、戦争の狂気に立ち向かい自分の魂を救う戦いに挑むことになる。

 ゲームプレイは恐ろしいモンスターから逃げ回るステルス重視のホラーゲームとなり、挑戦的なパズルを解いて先を目指す。

 ゲームを開発するHekateはドイツのゲーム開発会社だ。本作はドイツ人が第一次世界大戦を生きたドイツ人を描く。狂気の世界ではあるが、登場する環境やアイテムなどは歴史的に正確な描写になるという。主人公の心象風景とリンクしているため、プレイヤーの決定がゲームの世界をダイナミックに作り替える。そんな世界で語られるのは、家族の悲劇についてのスリリングな物語だ。

(画像はSteam『Ad Infinitum』より)
(画像はSteam『Ad Infinitum』より)
(画像はSteam『Ad Infinitum』より)
(画像はSteam『Ad Infinitum』より)

 ゲームを開発するHekateのスタッフは2人。2023年発売ということもありまだ内容は不明な点が多いが、『Ad Infinitum』はホラーゲームファンにとって注目タイトルになりそうだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ