「うっせぇわ」のAdoによるキムタク主演ゲーム『ロストジャッジメント』の主題歌「蝸旋」が発表。「お前らのせいだ」を連呼する歌詞はボカロPのjon-YAKITORYが担当

 セガは、木村拓哉さん主演のリーガルサスペンスアクション『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の主題歌「蝸旋」を発表した。楽曲提供はjon-YAKITORY feat. Ado。合わせてその主題歌が流れるオープニングムービーを公開した。

 「蝸旋」(らせん)は、作詞、作曲、編曲を楽曲『シカバネーゼ』などで知られるボカロPで、音楽プロデューサーのjon-YAKITORYさんが担当。JFN系列で放送中の「クリエーターズ・スタジオ with ボカコレ」の木曜日担当パーソナリティを務めている人物だ。

 また歌うのはメジャーデビュー曲『うっせぇわ』が社会現象となったAdoさん。『うっせぇわ』はミュージックビデオとストリーミングの累計再生回数が3億回を突破した新進気鋭の歌い手だ。

 今回、発表された「蝸旋」は、「お前らのせいだ」という強烈な歌詞をリフレインし、「後悔や、絶望、苦痛も全部クソくらえ」というフレーズも印象的なダークなエモーショナルな楽曲。『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』が正義、犯罪、法律などを題材にしたリーガルサスペンスアクションということもあり、本作のオープニングムービーを飾るに相応しい楽曲といえるだろう。

 また合わせてこの楽曲が流れるオープニングムービーも公開。本作の世界観が掴める映像となっており、神室町を舞台にメインキャラクターが登場する構成になっている。これらのキャラクターが、どのような事件の渦中に巻き込まれていくのか気になるところだ。

 リーガルサスペンスアクション『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』のプラットフォームはPS5、PS4、Xbox Series X|S、Xbox One。価格は税込9119円。9月24日(金)に発売予定だ。

■アーティストコメント

【jon-YAKITORY】
大人気シリーズの曲を書かせて頂き、今でも信じられないくらい光栄です。
難しいテーマでしたが、名越さんと打ち合わせを重ね、私なりに今作を表現させて頂きました。
今回の曲「蝸旋」は単なる一人の恨み節だけではなく、様々な人の視点に立てるような曲にしています。
様々な人の様々な想いが渦を巻く現代の状況で、聞いてくれた人がその業を背負いながらもゆっくりと前へ進めるような曲になればと思っています。
また、Ado さんと一緒に曲が作れたことを大変嬉しく思います。毎回想像以上の表現力で応えてくれる彼女の実力に感動します。
このような機会を与えて頂いた全ての方に感謝申し上げます。

【Ado】
jon-YAKITORY さんの楽曲「蝸旋」を歌わせていただきました。
ゲームのどんなシーンで楽曲が流れるのか、今から楽しみにしております。
jon-YAKITORY さんの歌詞は自分と重なる部分も多かったため、この曲の歌詞や世界観をありのままに、そして最大限表現できるよう意識して歌いました。
ぜひ聴いてください。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧