対戦型の推理ミステリーゲーム 『CRIMESIGHT』(クライムサイト)が4月15日に発売決定。未来に起きる殺人事件を「キラー」や「ターゲット」となって調査

 コナミデジタルエンタテインメントは、対戦型ミステリーゲーム 『CRIMESIGHT』(クライムサイト)を4月15日に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。あわせて先行体験会の参加者を募集している。

 『CRIMESIGHT』(クライムサイト)は、仮想世界にある「吹雪の中の洋館」で、未来に起きる殺人事件に対して、プレイヤーたちが探偵側と殺人者に分かれて競い合う新感覚ミステリー。プレイ人数は2人から4人までとなる。

 舞台は、2075年のロンドン。ここでは未来の凶悪犯罪を予測するシステムが実用化されており、世界の凶悪犯罪は90%減少している。だが、AIはその上で発生を防げない事件を起因として、世界が破滅に向かっていく未来が予測してしまった。

 AI開発者たちはこの事態を憂慮し、破滅の起因となる犯罪を捜査・解決するのに特化した名探偵の名を冠したAI「シャーロック」を生み出した。だがシャーロックは、自分に匹敵する性能を持つ犯罪AI「モリアーティ」が存在していることを導き出したのだった。

対戦型ミステリーゲーム 『クライムサイト』が4月15日に発売へ_001
(画像はSteam:CRIMESIGHT (クライムサイト)より)
対戦型ミステリーゲーム 『クライムサイト』が4月15日に発売へ_002
対戦型ミステリーゲーム 『クライムサイト』が4月15日に発売へ_003
対戦型ミステリーゲーム 『クライムサイト』が4月15日に発売へ_004

 プレイヤーは、シャーロックの勢力、あるいはモリアーティの勢力に分かれて仮想世界の殺人事件に挑むのが特徴だ。

 ゲームがはじまると「ターゲット」(被害者)と「キラー」(殺人犯)が、マッチごとにランダムで一体選定される。「ターゲット」はモリアーティ側の殺害目標であり、シャーロック勢力が守るべき対象だ。そして「キラー」はターゲットを殺害する実行犯となる。

 シャーロック勢力は「キラー」の特定、あるいは「ターゲット」の生存を目指す。一方で、モリアーティ勢力は「キラー」を操作して「ターゲット」を特定して殺害するのが目標だ。

 ゲーム中は時間が経つほどに「キラー」や「ターゲット」が特定できそうな情報が開示されていくため、観察力と記憶力、そして推理力が試されることになりそうだ。

 なお世界観監修にはゲームクリエイターのイシイジロウ氏、シャーロック・ホームズのテキスト監修には小説家の北原尚彦氏が参加している。

 あわせて先行体験会の参加者を募集しており、募集期間と実施期間は以下のとおり。

募集期間:
3月25日(金)~4月7日(木) 23:59

先行体験会実施日時:
4月10日(日)19:00 ~ 23:59(JST)
4月09日(土)19:00 ~ 23:59(PDT)
4月10日(日)18:00 ~ 22:59(UTC)

 対戦型の推理ミステリーゲーム というユニークな『CRIMESIGHT』、気になった人はウィッシュリストに登録したり、先行体験会に参加してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ