「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI – 空と風の哀歌』がBitSummitに出展。世界初の試遊が可能に

 株式会社クラウディッドレパードエンタテインメントは、アクションゲーム『ONI – 空と風の哀歌』について、インディーゲームの祭典「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」で世界初となる試遊出展を行うことを発表した。

 株式会社集英社および株式会社集英社ゲームズとの共同事業となり、集英社ゲームズのブースおよびPlayStationのブースにて出展されている。

「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_001

 『ONI – 空と風の哀歌』は、「桃太郎」に復讐する“鬼”を描く3Dアクションゲーム。対象プラットフォームはPS4、PS5、PC(Steam)。2022年の発売を予定している。

 舞台は鬼世島。ここは、かつての鬼達の魂が彷徨う涅槃(ねはん)の島だ。モノノフである鬼の空太は、歴戦のツワモノの魂を呼び起こし、 試練に挑む。すべては人にして悪鬼である「桃太郎」を倒すために。

 鬼の「空太」と相棒の「風丸」という、小さな彼らが小さな島を舞台に桃太郎への復讐の物語が描かれる。

「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_002
「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_003
「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_004
「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_005
「桃太郎」に復讐する“鬼”を描くアクションゲーム『ONI - 空と風の哀歌』がBitSummitに出展_006

 本作のアクション要素をメインに最新のゲーム映像を紹介する「2ndムービー」が、『ONI – 空と風の哀歌』公式サイト、およびSteamストアページにて本日より公開されている。

 本作を開発するのは、スタジオ「KENEI DESIGN」。代表の葉山賢英氏は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント主催のクリエイターオーディション、PlayStationC.A.M.P!に合格し、UIデザイナーとして活躍後、ゲーム開発会社ミストウォーカーのデザイナーとして、『TERRA BATTLE』や『FANTASIAN』のアートを手掛けた人物。

 その後、独立してメンバーを集めて自らのゲーム制作を行っていくスタイルで本作のプロトタイプの制作を始動。「集英社ゲームクリエイターズ CAMP」担当者の目に留まり、支援タイトルとして正式決定した。

 「桃太郎」を倒すというユニークな題材の本作。『ONI – 空と風の哀歌』が気になった人はビットサミットの集英社ゲームズのブースおよびPlayStationのブースを訪れてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ