“ネタバレ厳禁”のホラー&カードゲーム『Inscryption』Nintendo Switch版が発売開始。「ゲームデザイナーズ大賞」にも選ばれた話題作の予測不可能な体験を味わおう

 販売元のDevolver Digitalは12月1日(木)、『Inscryption』のNintendo Switch版を発売した。

 『Inscryption』はデッキ構築型のカードゲームと脱出ゲームスタイルのパズル、さらにサイコロジカルホラーのテイストをかけ合わせたユニークなゲームだ。『Pony Island』『The Hex』といった異色の作品たちを手がけてきたDaniel Mullins氏によるタイトルで、プレイヤーの意表を突くさまざまな仕掛けが用意されており、ファンの間では「ネタバレ厳禁」な作品としても語られる。

 2021年10月に発売されたSteam版では、記事執筆時点で7万5千件以上のレビューを集めた上で「圧倒的に好評」のステータスとなっており、多くのプレイヤーから愛されていることがうかがえる評判だ。

『Inscryption』Nintendo Switch版が発売開始1
(画像はニンテンドーeショップ『Inscryption』販売ページより)

 また世界的なインディゲーム賞「IGFアワード」やゲーム開発者が選ぶ「GDCアワード」で、ともにゲーム・オブ・ザ・イヤーに選出。2022年の日本ゲーム大賞でも「創造性」や「斬新性」を基準に評価するゲームデザイナーズ大賞に輝くなど、国内外を問わず高い評価を獲得してきた。

 なお「ゲームデザイナーズ大賞」の発表会では『星のカービィ』『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズで知られる桜井政博氏も「予備知識もなしにプレイできたことを感謝しています」とコメントしている。プレイした人間にしか味わえない魅力が詰め込まれているのだろう。

 『Inscryption』のNintendo Switch版は現在配信中、価格は2310円(税込)となる。まだ本作を遊ばれていない方は、ぜひこの機会に予測不可能な『Inscryption』の世界を体験してみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月31日23時~2023年2月1日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ