いま読まれている記事

『タルコフ』のスピンオフ『Escape From Tarkov: Arena』の招待制ベータテストが開始。現時点では招待メールが送られたユーザーのみ参加可能

article-thumbnail-231218i

BattleStateは12月17日、リアル脱出系FPSの派生作品『Escape From Tarkov: Arena』クローズドベータテストを開始した。

クローズドベータテストは参加用の招待メールが配布されたユーザーが参加できるかたちとなっている。

本作の対応プラットフォームはPCで、本作の「Standard Edition」が35$(約5000円)で予約受付中。また、『Escape From Tarkov』の最上位エディション「Edge of Darkness」を所持しているプレイヤーは無料で本作をプレイできる。

『Escape From Tarkov: Arena』はPvPvEブームを巻き起こした『Escape From Tarkov』の武器やアイテムを使用して戦うスピンオフ作品だ。

ゲームプレイは、『VALORANT』や『CS:GO』といった対人アリーナ形式の作品を踏襲しており、試合に勝利することでキャラクターレベルやスキル、武器のマスタリングなどの成長要素が『Escape From Tarkov』と連携して成長。同時に『Escape From Tarkov』でのゲームの進捗なども『Escape From Tarkov: Arena』に反映されるかたちとなる。

本作は『Escape From Tarkov』におけるリアルな銃撃戦を初心者でも楽しみやすい作品となっており、ランクや練度が同一の相手と戦える5つのゲームモードが用意される。

具体的にはソロ、デュオ、トリオの複数チームが対戦し、上位2チームが決勝戦としてトーナメントの優勝チームを決める 「SHOOTOUT」、5対5で戦う「爆破系FPS」を彷彿とさせる 「TEAMFIGHT」、5人チームで挑む「OVERRUN」などがラインアップ。

くわえて複数プレイヤーによるデスマッチ形式の 「LAST HERO」、詳細未公開の「DUEL」というモードも用意されるという。

なお、この度開始したクローズドベータテストは「ファーストウェーブ」とされており、今後対象者が拡張する可能性も決して低くはないだろう。興味がある読者は『Escape From Tarkov: Arena』の公式サイトおよび公式X(旧Twitter)アカウントチェックして続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日18時~2024年5月22日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ