いま読まれている記事

絶対に主人公の少女が死ぬノベルゲーム『沈める楽園』Steamにて発売。主人公となる少女を二人から選び、選択によって結末が変わる。瀬戸内海の孤島を舞台に、二人の最後の一日が描かれる

article-thumbnail-240123j

1月22日、わくわくゲームズ合同会社は主人公の少女が確実に死んでしまうマルチエンディング式ノベルゲーム『沈める楽園』がSteamにて発売されたことを告知した。

本作は、プレイヤーが二人の少女どちらかの主人公を選び、少女の視点で進むノベルゲームだ。会話の選択肢によって結末は分岐するが、「少女が死ぬ」という部分は変えられないという。

プレイヤーは、瀬戸内海に浮かぶ孤島「楽日島(らくびじま)」を舞台に、投身自殺を図った二人の少女が「最後の一日」でどのような時間を過ごしたのか真相を探ることができる。

また、好きなシーンを読み返せる「チャプターモード」や、既にみたことのあるイベントでのイラストを振り返ることのできる「ギャラリーモード」が用意されている。

『沈める楽園』はPC(Steam)に向けて700円で発売中。無料で本作を体験できるデモ版も配信されている。少女たちに何があったのか気になった方は、ぜひストアページをチェックしてみてほしい。

以下、プレスリリース全文。


少女たちの「最期の一日」をたどり、真相を紐解くノベルゲーム
Steam『沈める楽園』発売開始

– ミオとナギサ、二人の少女の最期の1日を描く
– マルチエンディング方式のノベルゲーム
– サウンドトラックも同時発売

“絶対に主人公の少女が死ぬ”ノベルゲーム『沈める楽園』Steamで発売_001

わくわくゲームズ合同会社(代表:大柳 竜児)は、ひとりサークル「匙投げ部」制作のノベルゲーム『沈める楽園』を2024年1月22日(月)よりSteamにて発売開始しましたので、お知らせいたします。

ゲームはWindows PC専用、価格は700円(税込)です。また、ゲーム本編発売にあわせて作品中に収録している全8曲をまとめたサウンドトラックを発売いたします。価格は200円(税込)を同時発売しております。

『沈める楽園』は「ミオ」と「ナギサ」二人の登場人物いずれかを選択し、彼女たちがこの世の終わりを迎えるために出向いた「楽日島」最期の一日を描くノベルゲームです。様々な悩みを抱えた二人は、それらをすべて解決するため「心中」という選択肢を取ろうとします。決して円満な解決とはいかないかもしれませんが、彼女たちの過去とそして二人の交流を通して導き出した回答をゲームプレイを通して見届けてあげてください。

【ゲーム概要】
結末は変えられないけれど「物語の先」なら変えられる。
少女達の「最期の一日」を辿り、真相を紐解いていくノベルゲーム。
ある夏の終わり、瀬戸内海に浮かぶ孤島「楽日島(らくびじま)」で二人の女子大生が投身自殺を図った。何故彼女たちは自ら死を選んだのか。彼女たちが島で過ごした「最期の一日」に何が起こったのか。二人の少女の記憶を辿り、真相と結末を知ったあなたが出す”答え”とは……?

【本作について】
あるきっかけで出会った「ミオ」と「ナギサ」のふたり。最初に主人公となるキャラを選び、そのキャラの視点から物語を読み進めていくマルチエンディング形式のノベルゲームです。会話の選択肢によってエンドが分岐しますが、「少女が亡くなってしまう」という結末は変えられません。

変えられるのは「亡くなるまでの過程」のみです。
ゲームクリア後の特典として、好きなシーンを読み返せるチャプターモードや既に見たスチルを鑑賞することができるギャラリーモードを用意しています。

【スペック】
タイトル名:沈める楽園
ジャンル :ノベルゲーム
対応プラットフォーム: Steam(PC)
発売日:2024年1月22日(月)
ゲーム本編価格:700円(税込)
対応言語:日本語
備考:サウンドトラック同日発売(200円/税込)
制作:ひとりサークル「匙投げ部」

【ウェブページ】
https://www.wakuwakugames.com/shizumerurakuen
【Steam商品ページ】
ゲーム本編:
https://store.steampowered.com/app/2461130/
サウンドトラック:
https://store.steampowered.com/app/2726630/

コピーライト:
© Hitori circle Sajinage-bu.
Published by Waku Waku Games G.K.

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月23日11時~2024年5月23日12時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ