いま読まれている記事

『FNaF』シリーズ最新作『Five Nights at Freddy’s: Into the Pit』のSteamストアページが公開。2Dピクセルで描かれた過去のピザ屋で恐怖の五夜を生き延びろ

article-thumbnail-240607o

Mega Cat Studiosは6月7日、『Five Nights at Freddy’s: Into the Pit』のストアページをSteam上で公開した。同スタジオが公開したトレーラーによれば、本作はPC(Steam)、Nintendo Switch、PS4、PS5、Xbox向けに配信予定。Steamストアページは英語で表記されているが、日本語にも対応予定だ。

『Five Nights at Freddy’s: Into the Pit』は、2014年に第一作が公開された有名ホラーゲーム『Five Nights at Freddy’s』のシリーズ最新作だ。2D横スクロールアドベンチャーゲームとして展開される本作は、従来のシリーズ作のようなホラー要素はもちろん、パズルや謎解き、複雑なストーリーが盛り込まれているという。

主人公であるオズワルドは、荒廃したピザ屋に残されたボールプール(Ball Pit)によって過去へと飛ばされてしまう。プレイヤーはオズワルドとして複数の時代を行き来し、黄色いウサギのアニマトロニクスに追われながら恐怖の五夜を生き延びなければならない。本作には複数のエンディングが存在し、オズワルドの行動によって過去の時代で出会う子供たちやオズワルドの父親の命運が決まるとのことだ。

2Dピクセルアートで描かれたアニメーションはカジュアルながらも、過去作のステージを彷彿とさせる不気味なマップや作り込まれた動きはシリーズ作品にも引けを取らない怖さとなっている。ストアページの画像ではFreddyをはじめとした過去作でおなじみのアニマトロニクスたちの姿も確認でき、シリーズファンへのファンサービスも期待できそうだ。

『Five Nights at Freddy’s』は個人デベロッパーのScott Cawthon氏による、深夜のピザ屋を舞台としたホラーゲーム。動物をモチーフにした接客用ロボット「アニマトロニクス」に襲われる恐怖が全世界で人気を集め、Scott Cawthon氏の引退宣言後も実写映画や公認のリメイク作品が発表されている。

『Five Nights at Freddy’s: Into the Pit』はSteamにてストアページが公開中。シリーズファンのみならず、初めて『FNaF』に触れる人にも是非おすすめしたい。

ライター
なんでも遊ぶ雑食ゲーマー。『ドラゴンクエスト』シリーズで育ち、『The Stanley Parable』でインディーゲームに目覚めた。作った人のやりたいことが滲み出るゲームが好きです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日01時~2024年6月18日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧