『メタルギアソリッド』のオープニングをUE4でリメイク。シリーズ31周年を記念してファンによって作られる現代水準グラフィックの『MGS』

 『メタルギア』シリーズ31周年を記念して、『メタルギアソリッド』のオープニングUnreal Engine 4を使ってリメイクしたファンが登場した。
 初代『メタルギア』は日本では1987年7月にリリースされたが、欧州では同9月にリリースされている。

 トレイラーでは原子力潜水艦「ディスカバリー」内部の船員たちの様子や、小型潜水艇でシャドーモセス島へと接近するソリッド・スネークの姿が、2018年水準のグラフィックスで蘇っている。大筋でほぼ同じだが、グラフィックだけでなくカメラワークにも一部変更が加えられている。

 このトレイラーを制作したのは『Ryse』『Crysis』『Star Citizen』といった大作にアートディレクターとして参加したErasmus Brosdau氏だ。
 Brosdau氏はこの他にも自身のポートフォリオサイトで『メタルギア』シリーズ31周年を記念した絵を公開しており、ほかにも『メタルギアソリッド』をモチーフにした新作ゲームを製作中であるという。

 なお氏は、このトレイラーの一部を利用して、8月24日に55歳の誕生日を迎えた小島監督へお祝いの動画も制作している。

 今回公開されたリメイク映像には、Epic GamesのUnreal Engine公式ツイッターアカウントも、このトレイラーの出来を称賛するツイートを送っているようだ。

 最初の『メタルギア』から31年、『メタルギアソリッド』から数えても20年が経過したが、今なお多くのファンを抱える『メタルギア』シリーズ。
 ツイッターではこのトレイラーの他にも、31周年を記念してさまざまな作品や思いを綴ったツイートがハッシュタグ「#metalgear31st」で公開され続けている。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

SNKが「NEOGEO」人気タイトルを収録した新ゲーム機の販売を発表。ミニファミコンやメガドライブミニに続くものとなるか?

『ストII』や『ファイナルファイト』の“家庭用アーケード筐体”登場。3/4スケールの公式ライセンス商品──1/6スケールのレプリカ筐体やバンナム作品が20タイトル遊べるミニ筐体も

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ