いま読まれている記事

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表。『クロックタワー』河野一二三氏ら多彩なクリエイターらがホラーに限らないショートシナリオを提供

article-thumbnail-240425q

KADOKAWAは4月25日(木)、同社が展開する『クトゥルフ神話TRPG』について、2~3時間程度の短めな時間で楽しめるショート×ショートブランド「七伏市奇譚」を発表した。

本発表にあわせて、ホラーゲーム『クロックタワー』などの作品で知られるゲームクリエイターの河野一二三氏やお化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏、作家の内山靖二郎氏らによるショートシナリオもお披露目されている。

「七伏市奇譚」は、神話的存在の影が数多く潜むどこかの都市「七伏市(ななふせし)」を舞台に展開される『クトゥルフ神話TRPG』シナリオの新ブランドである。本ブランドでは“仕事や学校終わりからでも遊べる”をコンセプトとしており、短めのプレイ時間でシナリオが完結する。

また、同一の街を舞台としているため、時間に余裕がある場合は同じプレイヤーらで複数のシナリオを巡ることも可能。多彩な分野で活躍するクリエイターらによって展開されるシナリオはホラーだけに限らず、謎解きやドラマも楽しめる。

発表によると、進行役が要らないひとり用シナリオ「七伏、七夕、七変化 Wonder of sevens」は公式アプリ「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS」上にて無料で公開されるようだ。

また、通常800円の「七伏ケープタワー~地上118メートル西風強し~」も5月24日(金)13時ごろまでの期間限定で無料となっているため、興味があればお好きなシナリオで「七伏市奇譚」の世界設定に触れてみるとよいだろう。

なお、「七伏市奇譚」の設定を用いたシナリオは誰でも執筆できる。著者は特設サイトの申請フォームから申し込み、審査を通過できれば公式サイトのマップ上に自分の作品を掲載できるようだ。

上記のほか、4月中に「七伏市奇譚」のシナリオを遊んだ人に記念品の“住民カード”をプレゼントするキャンペーンも開催されているため、興味があればチェックしておくとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


“クトゥルフ神話TRPG”から仕事終わりの21時からでも遊べるショート×ショートブランド“七伏市奇譚”が登場!

クトゥルフ神話TRPGとは、一見普通の人々が恐るべきクトゥルフ神話の脅威に立ち向かう、神秘と恐怖のTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)です。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:夏野剛)が“クトゥルフ神話TRPG”にて、仕事終わりの21時からでも遊べるショート×ショートブランド“七伏市奇譚”をリリースいたしました。
どこかにある都市「七伏市(ナナフセシ)」を舞台とした、様々なクリエイターによる物語をお楽しみください。

新クトゥルフ神話TRPG ショート×ショート “七伏市奇譚”

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_005

どこかにある都市「七伏市(ナナフセシ)」。
一見普通に見えるこの街には、実は多くのクトゥルフ神話存在たちの影がある。
探索者たちは、どこで、どんな怪異と遭遇することになるのだろうかーー

▼新クトゥルフ神話TRPGショート×ショート“七伏市奇譚”とは
「七伏市(ナナフセシ)」を舞台とした、“クトゥルフ神話TRPG”の新しいシナリオブランドです。
“仕事や学校終わりからでも遊べる“をコンセプトとして、忙しい現代人や“クトゥルフ神話TRPG”初心者の方も気軽に楽しめるようにプレイ時間が2時間程度のショートシナリオを展開していきます。

また、各分野で活躍する様々なクリエイターがシナリオを提供し、ホラーにとどまらない多様なプレイ体験を楽しめます。

同一の街を舞台としているため同じ探索者で複数のシナリオを遊ぶことも可能です。

七伏市舞台設定:アーカム・メンバーズ
ブランドキービジュアル:友野るい
ロゴデザイン:かねこあみ

▼初期リリースシナリオ一覧

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_006

「帯切橋」
著者:五味弘文(お化け屋敷プロデューサー)、七峰きざし(アーカム・メンバーズ)

プレイ時間:2時間 程度
プレイ人数:3~4人 推奨
雰囲気:ホラー、切ない
こんな人にオススメ:初心者でも遊びやすい!物語を楽しみたい!

価格:800円

あらすじ:
大潮の日。帯切橋の周辺には、女の霊が現れる。あなたたちは、嘘と真が入り混じる物語の中に隠された真相を追うことになるーー

五味弘文:
お化け屋敷プロデューサー。「呪いの硝子窓(東京ドームシティ アトラクションズ お化け屋敷『怨霊座敷』)」など、全国のお化け屋敷やイベントのホラー演出を幅広く手がける。

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_007

「心蝕のパラノイア」
著者:河野一二三(ゲームクリエイター)、七峰きざし(アーカム・メンバーズ)

プレイ時間:2~3時間 程度×3(3本構成のキャンペーンシナリオ)
プレイ人数:2~4人 推奨
雰囲気:ホラー、ミステリー
こんな人にオススメ:探索も謎解きもしっかりやりたい!NPCとの交流を楽しみたい!
価格:2,100円(3本セット)

あらすじ:
「行方不明の息子を探してほしい」。そんな依頼を受け、七伏市へと向かう探索者。謎めいた失踪劇。怪し気な都市伝説の噂。不気味な新興宗教の存在。果たして彼らがたどり着く真相はーー

河野一二三:
ゲームクリエイター。「クロックタワー」「御神楽少女探偵団」などの人気ゲームを手がける。「クロックタワー」はか弱い主人公が圧倒的恐怖に立ち向かうタイプのホラーゲームの代名詞的存在として現在も不動の人気を誇っている。

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_008

「七伏ケープタワー~地上118メートル西風強し~」
著者:内山靖二郎(アーカム・メンバーズ)
※アーカム・メンバーズ:“クトゥルフ神話TRPG”の翻訳・日本語版制作チーム

プレイ時間:2時間 程度
プレイ人数:2~4人 推奨
雰囲気:パニックホラー
こんな人にオススメ:初心者でも遊びやすい!自由な発想が活かされる!

価格:800円(公式アプリにて期間限定無料公開)

あらすじ:
季節は初秋。探索者が観光に訪れた七伏市の展望タワーに、巨大な怪物が飛来。
最上階に閉じ込められた探索者たちが生き残るには、一致団結して怪物に立ち向かわねばならないーー

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_009

「七伏、七夕、七変化 Wonder of sevens」
著者:皐月野鷽(アーカム・メンバーズ)
※アーカム・メンバーズ:“クトゥルフ神話TRPG”の翻訳・日本語版制作チーム

プレイ時間:1〜2時間 程度
プレイ人数:1人(ソロシナリオ ※キーパー不要)
雰囲気:ドラマ
こんな人にオススメ:1人でじっくり世界観を楽しみたい!
価格:無料(公式アプリにて公開)

あらすじ:
七夕祭りの夜、七伏の地に根付いた不思議な「昔話」が花を開くーー

シナリオは今後も追加予定となります。
より詳細な内容や購入方法などは特設サイトよりご確認ください。

▼特設サイト
https://kdq.jp/cewp2

公式アプリにて一部シナリオを無料公開!

“七伏市奇譚”の一部シナリオは公式アプリ「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS」にて無料公開いたします(期間限定含む)。

購入前の試し読みとしてご覧いただける他、ひとりで遊べるソロシナリオ(※キーパー不要)もありますので、ぜひ“七伏市奇譚”の世界観に触れてみてください。

▼期間限定無料公開シナリオ
「七伏ケープタワー~地上118メートル西風強し~」

【公開期間】
2024年4月25日(木)~5月24日(金)13:00頃
※公開期間終了後は有料プラン加入の方のみご覧いただけます

▼無料公開シナリオ
「七伏、七夕、七変化 Wonder of sevens」

▼公式アプリ「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS」
https://app.adjust.com/1bqijuxx

七伏市住民登録を受付中!

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_010

“七伏市奇譚”のシナリオをプレイされた探索者の皆さまに、七伏市への住民登録をご案内いたします。
必要事項を記入のうえ申請いただくと、住民カードをお送りさせていただきます。
さらに、動画配信を行った探索者の皆さまは、観光大使として公式サイトにお名前を記載させていただきます。

住民登録の詳細はシナリオに同梱されている「七伏市住民登録のご案内」をご確認ください。

【応募期間】
2024年4月25日(木)~2025年4月30日(水)

▼住民カードサンプル

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_011

“七伏市奇譚”シナリオ募集中!

『クトゥルフ神話TRPG』を“仕事や学校帰りでも遊べる”新ブランド「七伏市奇譚」が発表_012

“七伏市奇譚”の設定を公式サイトにて無料公開しており、この設定を用いたシナリオはどなたでも執筆いただけます。
執筆いただいたシナリオを特設サイトの申請フォームからご連絡いただくと、公式サイトの七伏市マップ上に掲載させていただきます。
応募の詳細は申請フォームをご確認ください。

▼特設サイト
https://kdq.jp/cewp2


ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日03時~2024年5月29日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ