ドアを蹴破り悪人たちを排除せよ!『Door Kickers: Action Squad』正式リリース、名作ストラテジー『Door Kickers』のスピンオフ

 PixelShardKillHouse Gamesが共同開発するサイドスクローラー・アクションゲーム『Door Kickers: Action Squad』が9月11日に正式リリースされた。また、リリースを記念したトレイラーも公開されている。

 『Door Kickers: Action Squad』は、KillHouse Gamesの『Door Kickers』からスピンオフしたオールドスクールな見た目のアクションゲームだ。トップダウンビューでRTS風のタクティカルゲームだった前作『Door Kickers』とは違い、サイドビューでアクション要素の強いゲームになっている。
 とはいえ、前作同様の緊張感あふれるドアを挟んだSWATと犯罪者の攻防の熱さは、まさに『Door Kickers』の名前にふさわしい出来になっている。

 プレイヤーは能力の違う5名のSWATの中からひとりを選択し、捕らえられた人質救出や爆弾の解除などの目標を達成し、犯罪者の排除を目指す。
 敵を倒したり目標を達成することで経験値を得ることができ、RPGライクにSWAT隊員を強化することも可能だ。ゲームには60種類のレベルに40種以上の武器とガジェットが用意されている。

 『Door Kickers: Action Squad』はシングルプレイだけでなく、ローカル、あるいはオンラインで最大2名のマルチプレイにも対応している。ひとりでは難しいミッションもふたりなら攻略できるはずだ。

(画像は『Door Kickers: Action Squad』公式ページより)

 『Door Kickers: Action Squad』を開発するPixelShardとKillHouse Gamesは、どちらもルーマニアのブカレストに拠点を置くゲームデベロッパーだ。PixelShardは会社としての作品はこれ以前にマッチ3パズルの『Yummy Dreams: Jelly Rainbow』というゲームを制作しており、現在の社名に変更する前にもやはりマッチ3パズルを作っていただけに大きく方向転換を行ったと言える。

 とはいえ、公式サイトは消滅しているものの『KnockJack』という横スクロールアクションを作っていたこともあり、全くアクションゲーム開発の経験がないわけではなかったようだ。
 共同開発のKillHouse Gamesは、スピンオフ元となった『Door Kickers』を作ったデベロッパーだ。2016年には中東を舞台にした正式な続編となる『Door Kickers 2 Task Force North』の開発も発表されている。今後の主役はSWATではなく軍の特殊部隊だ。

 これまでとは毛色のまったく違うゲームということもあり、発売前は少々危ぶむ声もあったが、蓋を開けてみればSteamでは300件以上のレビューの約90%がポジティブな「非常に好評」を得ている。『Door Kickers: Action Squad』は1420円でSteamにて販売中だ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

SNKが「NEOGEO」人気タイトルを収録した新ゲーム機の販売を発表。ミニファミコンやメガドライブミニに続くものとなるか?

『ストII』や『ファイナルファイト』の“家庭用アーケード筐体”登場。3/4スケールの公式ライセンス商品──1/6スケールのレプリカ筐体やバンナム作品が20タイトル遊べるミニ筐体も

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ