『アドベンチャーズ オブ ロロ』『忍者龍剣伝』『ワリオの森』がスイッチに登場。12月12日にオンライン加入者向けに配信開始

 任天堂は『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』の追加タイトルを2018年12月12日に配信する。

 『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』は、Nintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」に加入することで遊べるファミコンゲーム集。今回は12月に追加されるタイトルが『アドベンチャーズ オブ ロロ』『忍者龍剣伝』『ワリオの森』になることが明らかになった。

 1990年に発売された『アドベンチャーズ オブ ロロ』はハル研究所が開発したパズルゲーム。ブロックを押したり地形を利用して敵を退け、ハートフレーマーをすべて集めるとクリアとなる。『星のカービィ』シリーズには本作の主人公をモデルにしたボスが登場したので、それで知っているというゲーマーもいることだろう。

(画像はファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online 追加タイトル [2018年12月] – YouTubeより)

 『忍者龍剣伝』は1988年にテクモ(現:コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲーム。難易度がかなり高いことで知られているが、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』ではいつでもセーブができるのでクリアも容易になるはずだ。

 そして最後は1994年に任天堂から発売された『ワリオの森』。本作はファミコン末期のアクションパズルゲームで、同じ色のモンスターを縦・横・斜めにそろえて爆弾で消すという内容だ。対戦モードも搭載されているので、オンラインプレイが盛り上がることだろう。

文/渡邉卓也

関連記事:

『ゼルダの伝説 お金持ちバージョン』が『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』にサプライズ追加!お金とアイテムの力を借りてガノンを倒すイージーバージョン

最強状態でステージ5から開始の『グラディウス』、全コース開放の『マリオオープンゴルフ』。特殊バージョンのファミコンソフトがNintendo Switch Online加入者向けにサプライズ配信開始

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ