アリスソフトがソシャゲに参入。もちろんエロゲでスマホ対応を示唆、プログラマーを募集中

 18禁ゲーム最大手のアリスソフトが、ソーシャルゲームへの参入を計画していることが転職サイト「エン転職」の求人情報から明らかになった。プログラマーを募集中で、求人情報の掲載は2019年1月30日まで。

 求人サイトに記載された情報によると、アリスソフトはエロ要素があるソシャゲをすでに開発中であることを明かし、アリスソフトの「ゲーム性の高いエロゲ」という独自性はそのままに、スマートフォンなどのデバイスに最適化を目指すという。この求人サイトには珍しくアリスソフトの開発現場写真や、開発者インタビューも掲載されている。

(画像はエン転職 | アダルトゲームのプログラマ|新規事業の”ソシャゲ”開発に携わります。より)

 アリスソフトは株式会社チャンピオンソフトのゲームブランド。チャンピオンソフト名義で日本のビデオゲーム黎明期の1983年からゲームを発売。エニックスや光栄と並ぶ、老舗PCゲームソフト会社のひとつだ。

 1989年にはブランド「アリスソフト」を設立。鬼畜戦士ランスを主人公とした『Rance』シリーズをはじめ、人妻に特化し、低価格帯で発売して大ヒットした『妻みぐい』、正義のヒロインが活躍する『超昂天使エスカレイヤー』、伝奇ノベルゲームとして評価が高い『アトラク=ナクア』、戦略シミュレーション『大悪司』など、多数の代表作を手がけてきた。なかでも長らく看板タイトルであった『Rance』シリーズは、昨年に発売した『RanceX -決戦-』にて29年間の軌跡を堂々たる完結でシリーズを締めくくった。

「配布フリー宣言」をされているゲームは無料でダウンロードが可能。
(画像はアリスソフトアーカイブ | ダウンロードサイトより)

 またアリスソフトは業界的に先駆的な取り組みをすることでも知られており、2003年には条件つきでアリスソフトのいくつかのゲームを無償配布を許可する「配布フリー宣言」を発表。『鬼畜王ランス』『闘神都市II』といった名作を無償で手に入ることができる。

 昨年は『イブニクル』をSteamで英語向けに配信。国内のエロゲの売り上げが減っているいる昨今、海外を見据えたアリスソフトの動きはエロゲ業界に新しい風をもたらすかもしれない。

老舗アリスソフトのエロゲー『イブニクル』がSteamで海外向けに配信へ。ゲーム内容に規制は一切入らず

 こういった最中、18禁ソシャゲへの参入はアリスソフトの次なる一手といえるだろう。18禁ソシャゲはDMM GAMESDLsiteにじよめTSUTAYAオンラインゲームなどの成人コーナーでブラウザゲームとして展開。DMMでは専門アプリを使ってスマホでプレイできる環境も構築している。最近ではニトロプラスが全面的に監修した『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』が昨年12月にローンチを果たし、好評を博している。アリスソフトがどのようなプラットフォームでソシャゲを展開するのかは不明だが、アリスソフトのゲームを販売しているDMMは予想される候補のひとつだろう。

 エン転職の記者の取材によると、多重下請け構造が当たり前のゲーム業界において、ゲームのクオリティを高く保つために、プログラミングをはじめ、サウンドなどもすべて内製化していることが、アリスソフトの長期的なブランド価値の維持に繋がっていると分析している。

 そういった意味では、アリスソフトのゲームの魅力のひとつにキャラクターがある。ポップでコミカルな描写された数多くの個性豊かなキャラクターたちが登場し、時にはスターシステム的に世界観を横断して登場する。「いかマン」や「きゃんきゃん」など、モンスターが共通しているのも特徴だ。魅力あるキャラクターに蓄積は、ソシャゲの分野でも存分に活かされるだろう。

文/福山幸司

関連記事:

老舗アリスソフトのエロゲー『イブニクル』がSteamで海外向けに配信へ。ゲーム内容に規制は一切入らず

フロッピー時代の怪作エロゲーが再販へ、裏には「失われし16色ドット技術」の伝承。『はっちゃけあやよさん』再販の謎に迫る

著者
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ