『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話

 「位置について」
 「よーい」
 「どん」

 『ウマ娘 プリティーダービー』の「4th イベント東京公演 DAY1」開演の約4分前、ライブ会場にひとつの楽曲が鳴り響く。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_001

 「う~~~~~~~~~~~」

 「うまぴょい! うまぴょい!」

 「うまぴょい伝説」だ。2016年3月26日、東京ビッグサイトで開催された“AnimeJapan2016”にて、Cygamesの新プロジェクトとして発表された『ウマ娘』。そのテーマソングである「うまぴょい伝説」だ。

 本楽曲の作詞・作曲・編曲を務める本田晃弘氏が、楽曲制作のなかで苦しみ抜いた結果、「ワインを2本ほど飲んで」「パンツ1枚になった」状態で生み出した「うまぴょい伝説」だ。

 ライブ開幕が近いことを感じとったのか、ペンライトを掲げだす会場のトレーナーたち。ライブ前にも関わらず、会場は緑のペンライトの輝きで満たされていく。

 プロジェクト発表から約5年のロングランを経てリリースされてから約1年、さらなる進化を遂げたウマ娘たちのウイニングライブが幕を開ける。

文/竹中プレジデント

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_002
ライブ開始前なのにペンライトを振っているトレーナーたち。

ライブオープニングは新曲「We are DREAMERS!!」

 ライブのオープニングを飾るのは「We are DREAMERS!!」。ついこの前、発表されたばかりの新曲を本日のライブに出走する全ウマ娘たちが歌い上げる。

 登場したウマ娘たちが身に纏うは、これまた新衣装“ニュースターズ・ロゼ”。しかもステージはゲーム内の「We are DREAMERS!!」ライブステージを再現。

 「リリースから1年間走り続けた、いま、この瞬間、最高のウマ娘たちの姿を見てくれ! 」そんな運営からのメッセージが聞こえるような1曲目だった。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_003

 歌詞もよい。

 「君との出会いがスタートライン」と聞けば「出会えるまで長かったなあ」と感慨深いものがあるし、「夢の先にまた夢があるんだ」と聞けば「まだ1周年なんだよなあ」と未来に待っているであろう楽しみに心が躍る。

 運営からトレーナーへのラブレターだと言われても信じちゃうかもしれない。それくらい歌を聞いていてドキドキワクワクしてしまう。

 そして、出走者の挨拶を挟んでの2曲目は「Fanfare for Future!」

 2016年11月30日に発売された「ウマ娘 プリティーダービー STARTING GATE 01」の1曲目に収録されている、ある意味「うまぴょい伝説」に並ぶ『ウマ娘』もうひとつの始まりの曲。

 最新曲からここに繋げるか~~!! エモい。エモすぎる。

 歌うメンバーは、スペシャルウィーク役の和氣あず未さん、サイレンススズカ役の高野麻里佳さん、トウカイテイオー役のMachicoさんの3人。「TVアニメ第1期」からのレギュラーメンツでもあってか安定感がすごい。

 この3人を見ていると思い出す……「TVアニメ第1期3話」を。

 レースの戦績はいいものの、スズカ以外4人のウイニングライブがあまりにひどいということで、ライブの練習をすることになったチーム<スピカ>。そこに先生役として現れるテイオー。

 真面目にコーチするテイオー、転ぶスペちゃん、戸惑うウオッカにスカーレット、マイペースなゴルシ、タンバリンを叩くスズカ……。「TVアニメ第2期」やゲームメインストーリーの熱血スポ根テイストももちろん好きだけど、「TVアニメ第1期」序盤のゆるっとした雰囲気も好きだったなあと。

 まだゲームリリース前で初めて触れた『ウマ娘 』だったTVアニメ第1期。その当時の記憶を思い出して懐かしい想いに。

 リリースから1年たった今のウマ娘を見せつけてきたと思ったら、懐かしいウマ娘の姿も見せてきてノスタルジックな気持ちにもさせる。ものすごい揺さぶりをライブ開幕からされてしまった。

マチカネフクキタルにド肝を抜かれる

 今回のライブで、ひと際ド肝を抜かれたのが、マチカネフクキタル役の新田ひよりさんによる「Lucky Comes True!」

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_004

 いや~~マジですごかった!! 感動した。

 なにがそこまですごかったのか。まず歌。「Lucky Comes True!」は非常に早いテンポの楽曲だ。歌も「うまぴょい伝説」を彷彿とさせるスピードを誇る。

 メロディの中毒性も高く、「もしかしてこの曲、ワインを2本ほど飲んでパンツ姿になって作ったのでは?」と疑惑を抱いたトレーナーも少なくないだろう。

 そんなテンポの早い楽曲をフクキタルとして歌い上げる。フクキタルの声もかなり独特なわけで、「癖がすごい」×「癖がすごい」が掛け合わさって、想像以上にこの曲をライブで歌う難易度は高いと思う。それを難なく歌いあげる新田ひよりさん。声優さんの本気ってすごい。

 次に踊り。動きがキレッキレで見ていて気持ちいい。また、踊るたびにポニーテールがウマ娘の尻尾のように右へ左へなびく光景は恥ずかしながら胸がキュンとしてしまった。

 最後に……ダルマ。そう、ダルマ。配信で見たトレーナー以外なんのこっちゃと思うかもしれないが、ライブでは、AR演出で超巨大なダルマが映し出されていたのだが、このダルマがあまりにインパクトがありすぎた。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_005

 ちなみに、これは宣伝でもなんでもないのだが、今回のライブは見逃し配信(約1週間)も行っており、いまからでもライブを視聴することが可能。マルチアングル(4視点)でライブを楽しめるほか、AR演出も完備。お値段もDAY1+2 で7,500円(税込)、各1公演で4,000円(税込)と、サポートカード完凸に比べたらお買い得だ。

 買おう!!

初出走メンバーで歌い上げる「GIRLS’ LEGEND U」

 ライブ中盤に差し掛かると、ライブ(ナンバリングイベント)初出走メンバーによる「GIRLS’ LEGEND U」が披露される。「GIRLS’ LEGEND U」はゲーム『ウマ娘 』のメインテーマ。ゲームを起動したら流れてくる、トレーナーなら親の声より聞いたであろう楽曲。

 この曲、なんとあの「うまぴょい伝説」を生み出した本田晃弘氏が作曲・プロデュース・ディレクションを担当。このあまりの温度差、恒温動物だからなんとかなった。変温動物だったら即死だった。

 本田晃弘氏はインタビューにて、本曲を「うまぴょい伝説」の正統進化を意識して作ったと、また、ウマ娘たちのひたむきさや、ライバルやトレーナーなどの想いを表現したとも語っている。

 そんな想いが込められた「やっとみんな会えたね」をこの初出走メンバーに言わせるのがズルすぎる。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_006

 というかこの曲、ほぼ毎日ゲームログインのタイミングで聞いているはずなのに、意識して聞くとあまりによすぎる。心に響く。

 1年ウマ娘と付き合ってきて彼女たちのひたむきさが1年前よりわかってるから。ウマ娘たちは決してひとりじゃなくて……負けたくないライバルがいる。信頼できるトレーナーがいる。応援の声を叫ぶファンたちがいる。

 1年前はアニメでは知ってたけどまだ自分ごとじゃなかった。でもいまはもう自分と担当ウマ娘のこと歌ってるって感じちゃう。

 サビの「春も夏も秋も冬も超え」とまさに今この瞬間のことじゃん!!

 「君と勝ちたい」と歌詞もそう。そうだよ!! 君と勝ちたいんだよっ!!!!

 魂が震えた。いい曲だな────ーもおおおおおおおっ!!!!!

 そんなこと思ってたら、追加でマチカネタンホイザの生「えいえいむん」されて昇天してしまった。オーバーキルにもほどがあった。

誰が気づくんだ!? とツッコミたくなる出走メンバーの繋がり

 今回の「4th イベント東京公演 DAY1」はABEMAの配信から参戦。多くのトレーナーが集っていたのか、コメント欄も盛り上がっていた。

 そんなコメント欄を眺めていて気付いたのだが、楽曲を歌うメンバーの組み合わせにもなにやら仕掛けがあったようだ。なんだなんだ……と注意深く見ていると、どうやらウマ娘たちのモチーフになった競走馬の繋がりが関係しているらしい。

 配信のコメントを見たり、競馬歴20年を超える友人に聞いてみたところ、

・「NEXT FRONTIER」エイシンフラッシュ、スーパークリーク、ヤエノムテキ
 →天皇賞(秋)を勝った馬

・「Enjoy and Join」エイシンフラッシュ、トウカイテイオー、スペシャルウィーク、ウイニングチケット
 →日本ダービーを勝った馬

・「transforming」マチカネフクキタル、サイレンススズカ
 →1997年同期

 などなど、いろいろあるらしい。「誰が気づくんだ!?」と思わずツッコミたくなったが、実際に気づいているトレーナーはちらほらいたので何も言えない。コメント欄で解説してくれた競馬ガチ勢の方々には感謝しかない。

 余談だが、最近(と言っても2ヵ月ちょっと前だが)実装されたメインストーリー第5章で感動したばかりなので、「transforming」はとくに効いた。

 メインストーリーを思い出しちゃって泣いてしまったよ……。

ゴルシ×フクキタル×チケゾーによる混ぜちゃ危険な伝説の木魚ライブ

 ライブ中盤から終盤に差し掛かるころ、ここまで大人しかった“あいつ”が動き出す……。

 そう、ゴールドシップだ。ゴルシだ。ゴルシさまだ。

 ライブ中なのに突然クイズを強く所望してクイズコーナーを始めたと思ったら、途中でクイズを投げ出し、木魚を手に取り木魚ライブをおっぱじめる(ワケがわからないと思うが、すべて事実なのだ)。

 そして始まるゴルシによる木魚ライブ。

 音につられてマチカネフクキタルがやってくる。エアギターで参戦だ──とウイニングチケットも現れた。

 「ヤッホーヤマビコタマテバコ!」
 「ジャージャッカジャーン!」
 「唄え踊れや木魚ライブ」

 止まらない。止められない。止まるわけがない。

 ゴールドシップ、マチカネフクキタル、ウイニングチケット。まずい。これは混ぜたら危険なメンツだ。でも止められる者は誰ひとりとしていない。そのまま木魚ライブは続いていく。

 ちなみに、この木魚ライブの後、サプライズで本日誕生日だったマチカネタンホイザ役の遠野ひかるさんのサプライズお祝い会もあって、木魚ライブなのにしんみり感動な雰囲気に包まれる異常事態が発生。

 ……それはそれとして、このカオスなライブの直後、ソロで「Just a little bit」を歌い、木魚の残響を浄化していったメジロドーベル役の久保田ひかりさんは、もしかしたら今日のライブのMVPかもしれない。

ナイスネイチャの投げキスの幻影を見た

 ライブも終盤戦に突入したころ、正直、焦っていた……。

 今回のライブで披露された楽曲は24曲(アンコール2曲)。そのうち16曲終えた段階でナイスネイチャがステージに現れていない。由々しき事態である。

 申し遅れたが、筆者はナイスネイチャ推しである。

 「TV アニメ第2期」2話の「言わせない言わせない言わせない! テイオーが出ていればなんて絶対言わせない」でハートキャッチされて以来、

 推し布教資料を作ったり、

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_007
※筆者自作

 かわいい表情を集めたり、

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_008
※筆者自作

 ライブの輝いてるネイチャ集をまとめたり、

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_009
※筆者自作
『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_010
※筆者自作

 そんな一般的なネイチャ推しトレーナーだ。そんなだから、自然とネイチャを追ってライブを見てしまう。

 なのに! なのに!! 一向にライブステージにネイチャの姿が見えない。6曲目の「NEXT FRONTIER」で解説席からひと言メッセージを送ったくらいで、それ以降音沙汰なし。

 待っていた。ネイチャのライブを心から待っていた。

 そして時は来た。

 17曲目「Ring Ring ダイアリー」。出走メンバーはこの5人。オグリキャップ役の高柳知葉さん、メジロアルダン役の会沢紗弥さん、マチカネタンホイザ役の遠野ひかるさん、キングヘイロー役の佐伯伊織……ナイスネイチャ役の前田佳織里さん。

 前田佳織里さんの名前がクレジットに映った瞬間、心が躍った。「前田佳織里」と記載されているはずなのに「ナイスネイチャ」に見えた。同時に訪れるパッションの爆発。絶叫が自宅に木霊する。会場にいたら完全に警備員さんにドナドナされていた。自宅から参戦していてよかったと心から思った。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_011
『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_012
会場は会場で臨場感があってよさそう。理想は現地参戦+配信セットだったかもしれない。
『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_013
人力トロッコ。動かしているスタッフに青汁(ロイヤルビタージュース)をあげようってコメントを見かけてニッコリしてた。

 「Ring Ring ダイアリー」はアニメ『うまよん』8月主題歌。普段はレースのためにストイックに走りを磨き続けるウマ娘たちの休日の、「女の子の」「トキメキ」をしっとりと歌う本曲。

 いい……いい……。癒されていく。

 しかも決めセリフ「なんか文句ある?」をネイチャが言った。永久保存版だ。

 ……いや、正確にはナイスネイチャ役の前田佳織里さんが、なのだが筆者のなかではすでに「前田佳織里」と書いて「ナイスネイチャ」と読むと常識が出来上がっているし、心眼で見たらナイスネイチャがそこにいるじゃん? とガイアが囁いてくる。嘘は言っていない。

 さらにさらに、うれしいことに、ライブ終盤にてようやく摂取できたネイチャ成分の余韻に浸る間もなく、新たなネイチャ成分供給の時間がやってきた。

 「キミと夢をかけるよ」
 「何回だって勝ち進め勝利のその先へ!」

 「TVアニメ第2期」オープニング曲「ユメヲカケル!」

 あれ……そういえば……待って待って。もしかして……。

 トウカイテイオー役のMachicoさん
 ビワハヤヒデ役の近藤唯さん
 ナイスネイチャ役の前田佳織里さん

 最終回13話ウイニングライブの再現メンバーじゃないか。

 ケガにより復帰は絶望的と噂されるマックイーン。そんな彼女との約束を果たすべく1年振りのレース復帰で有馬記念への出走を心に決めるテイオー。ビワハヤヒデ、ウイニングチケット、ライスシャワーと強豪ひしめくなか1位をとり、マックイーンと向かい合う。

 そこに、ネイチャ、タンホイザ、パーマー、チケゾーがテイオーの復活を祝うように胸に飛び込んでくる。遠くからそれを優しく眺めるビワハヤヒデ。「おめでとうございます」と涙を流しながら祝福を告げるライスシャワー。

 そして始まるウイニングライブ。あの光景がフラッシュバックする。「TVアニメ第2期」の感動がリフレインする。

 見える……見えるぞ!! 未来が見える。ナイスネイチャの投げキスする姿が!!!

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_014

 実際のライブでは涙でうるんでいたせいか事実確認は難しかったのだが、心の目では確かに見えていたと思う。感無量だ。

『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_015
『ウマ娘』4thライブに参戦したらナイスネイチャが投げキスする幻影が見えた話_016

「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!! 東京公演」DAY1 セットリスト

■出走者

<DAY1>

和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー役)、Lynn(マルゼンスキー役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、大橋彩香(ウオッカ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、橋本ちなみ(ファインモーション役)、近藤唯(ビワハヤヒデ役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)、藤野彩水(エイシンフラッシュ役)、香坂さき(ゴールドシチー役)、優木かな(スーパークリーク役)、鈴木絵理(トーセンジョーダン役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)、久保田ひかり(メジロドーベル役)、前田佳織里(ナイスネイチャ役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)、会沢紗弥(メジロアルダン役)、日原あゆみ(ヤエノムテキ役)、吉咲みゆ(ハッピーミーク役)

【ナビゲーター】
陶山恵実里(乙名史悦子役)

【実況】
明坂聡美(実況役)

■セットリスト

●DAY1

開演前アナウンス
陶山恵実里(乙名史悦子役)

<OVERTURE>

M-01.We are DREAMERS!!
ウマ娘

M-02.Fanfare for Future!
和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー 役)

M-03.WINnin’ 5 -ウイニング☆ファイヴ
橋本ちなみ(ファインモーション役)、近藤唯(ビワハヤヒデ役)、優木かな(スーパークリーク役)、新 田ひより(マチカネフクキタル役)、久保田ひかり(メジロドーベル役)

M-04 ぼくらのブルーバードデイズ
上田瞳(ゴールドシップ役)、大橋彩香(ウオッカ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)

M-05.Lucky Comes True!
新田ひより(マチカネフクキタル役)

M-06.NEXT FRONTIER
藤野彩水(エイシンフラッシュ役)、優木かな(スーパークリーク役)、日原あゆみ(ヤエノムテキ役)

M-07.winning the soul
Machico(トウカイテイオー役)、近藤唯(ビワハヤヒデ役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)、香坂 さき(ゴールドシチー役)、会沢紗弥(メジロアルダン役)

M-08.GIRLS’ LEGEND U
橋本ちなみ(ファインモーション役)、藤野彩水(エイシンフラッシュ役)、香坂さき(ゴールドシチー 役)、優木かな(スーパークリーク役)、鈴木絵理(トーセンジョーダン役)、久保田ひかり(メジロドー ベル役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)、会沢紗弥(メジロアルダン役)、日原あゆみ(ヤエノム テキ役)、吉咲みゆ(ハッピーミーク役)

M-09.Exercise the Right
佐伯伊織(キングヘイロー役)

M-10.UNLIMITED IMPACT
高柳知葉(オグリキャップ役)、会沢紗弥(メジロアルダン役)、日原あゆみ(ヤエノムテキ役)

M-11. BLOW my GALE
和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、木村千咲(ダイワスカーレッ ト役)、Lynn (マルゼンスキー役)、藤野彩水(エイシンフラッシュ役)

M-12.Never Looking Back
Machico(トウカイテイオー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、近藤唯(ビワハヤヒデ役)、渡部優衣(ウ イニングチケット役)、鈴木絵理(トーセンジョーダン役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)

M-13.グロウアップ・シャイン!
橋本ちなみ(ファインモーション役)、香坂さき(ゴールドシチー役)、優木かな(スーパークリーク役)、 佐伯伊織(キングヘイロー役)、日原あゆみ(ヤエノムテキ役)、吉咲みゆ(ハッピーミーク役)

M-14.Enjoy and Join
和氣あず未(スペシャルウィーク役)、Machico(トウカイテイオー役)、渡部優衣(ウイニングチケット 役)、藤野彩水(エイシンフラッシュ役)

<スペシャルコンテンツ>1日限りの伝説木魚ライブ
上田瞳(ゴールドシップ役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)、鈴木絵理(トーセンジョーダン役)、 新田ひより(マチカネフクキタル役)

M-15.Just a little bit
久保田ひかり(メジロドーベル役)

M-16.transforming
高野麻里佳(サイレンススズカ役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)

M-17.Ring Ring ダイアリー
高柳知葉(オグリキャップ役)、前田佳織里(ナイスネイチャ役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)、遠野 ひかる(マチカネタンホイザ役)、会沢紗弥(メジロアルダン役)

M-18.彩 Phantasia
大橋彩香(ウオッカ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、橋本ちなみ(ファインモーション役)、久 保田ひかり(メジロドーベル役)、吉咲みゆ(ハッピーミーク役)

M-19.ユメヲカケル!
Machico(トウカイテイオー役)、近藤唯(ビワハヤヒデ役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)、前田 佳織里(ナイスネイチャ役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)

M-20.Make debut!
Lynn (マルゼンスキー役)、橋本ちなみ(ファインモーション役)、香坂さき(ゴールドシチー役)、優 木かな(スーパークリーク役)、鈴木絵理(トーセンジョーダン役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ 役)、吉咲みゆ(ハッピーミーク役)

M-21.Find My Only Way
和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、高柳知葉(オグリキャップ役)

M-22.大好きのタカラバコ
ウマ娘

<ENCORE>

M-23.走れウマ娘
ウマ娘

M-24.うまぴょい伝説
ウマ娘

© Cygames, Inc.

ライター
大学3年の時に『涼宮ハルヒの憂鬱』にハマった結果、こちらの世界にやってきました。現実を捨て、アニメとゲームに月300時間捧げ続けた結果、大学を無事7年で卒業。その後にニート。WEBメディアに務める友人に誘われてゲームライターになりました。今は会社務めをしつつ時々ライター稼働しています。
Twitter:@takepresident
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ