Nintendo Switch、年末セールシーズンの米国売上がWiiを超える。任天堂コンソールで歴代一位のセールス記録に

 Nintendo of Americaは、現地時間11月22日(木)から11月26日(月)までのアメリカにおけるセールスデータを公表した。Nintendo Switchの売り上げは過去のWiiを超え、任天堂コンソール歴代一位のセールス記録になったという。

 アメリカでは11月の第4木曜日が「感謝祭」という名の祝祭日であり、翌日の金曜日は「ブラックフライデー」、翌週の月曜日は「サイバーマンデー」と呼ばれている。同期間は大多数の企業が大型セールやキャンペーンを実施しており、アメリカでは年末最大のセール期間となっている。

(画像はAmazon | Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド】より)

 発表では、Adobe Analyticsを通じた情報として、Nintendo Switchが感謝祭においてもっともオンライン上で売れた商品であり、ブラックフライデーではビデオゲーム製品として最高の売り上げを記録したことも付け加えられた。
 任天堂内部のセールスデータでは、ニンテンドー3DSやニンテンドークラシックミニシリーズを含め、アメリカにおける同期間の売り上げは2億5000万ドル(約280億円)以上になるという。

 同じくアメリカの同期間におけるNintendo Switchの販売台数は前年比115%となり、アメリカでの累計販売台数は820万台に。デジタルダウンロード含むファーストパーティ製ゲームの売り上げは5日間で100万本に達し、前年比178%となった。また、Nintendo Switchの週間売り上げにおいても、最高記録が塗り替えられたことが明らかにされている。

 同社は『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ』が米国で11月16日の発売から150万本を売り上げ、また『スーパーマリオパーティー』が累計100万本セールスに達しシリーズ最速の売り上げを記録しているとあらためて報告。12月7日に発売される『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の名も挙げ、アメリカ最大の年末セールス期間を昨年以上に好調に乗り切ったことを報告している。

文/ishigenn

関連記事:

「Nintendo Switch Online」が9月から正式スタート。料金は月額300円から。オンラインプレイ対応のファミコンゲーム、セーブデータ保管機能も利用可能に

Nintendo SwitchでYouTubeアプリがついにリリース! ニコニコ動画に続き日本では2つ目の動画配信サービス

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ