イエスや仏陀が戦う格闘“神”ゲー『Fight of Gods』Nintendo Switch版は日本限定で発売へ。マレーシアで一時配信停止となったタイトル

 パブリッシャーの賈船(こせん)は、2018年12月13日よりNintendo Switch向けに『Fight of Gods』を配信している。価格は1500円(税込)。

 同社によれば、「昨年Steamで発売され物議をかもし、一部地域では販売禁止になったタイトルですが、日本に限定してNintendo Switchで発売することになりました」とのことで、Nintendo Switch版は日本限定で発売されるという。

 発売に合わせ、天照大神役で出演している宮崎珠子氏がゲーム概要や隠しキャラクター「ラミア」について紹介する動画も公開中。この映像の冒頭でも「発売中止になった国もありますが、Nintendo Switch版は無事、日本でのみ発売できることになりました」と語られている。

 『Fight of Gods』は、台湾のデベロッパーであるDigital Crafterが開発した対戦格闘ゲーム。タイトルからわかるようにさまざまな神がキャラクターとして登場することが最大の特徴で、ジーザス(イエス・キリスト)はもちろん、ゼウスフレイヤといった神話に登場する存在、さらにはアマテラス仏陀サンタクロースと、かなりとんでもない人物たちが揃っている。

 ゲームモードとしては、アーケードモード・オフライン対戦・トレーニングモードが収録。またNintendo Switch版として配信されるにあたり、各キャラクターに新たなモデルが用意されているほか、背景やUIに改良が施されているとのこと。

 2017年9月にはSteamでPC版が先行して配信されたが、その際には宗教要素を含む内容からマレーシアで一時配信が停止されるという事件も起きた同作。日本では無事配信されたということで、Nintendo Switch版で神々の戦いを存分に楽しむこととしよう。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)より)

文/渡邉卓也

関連記事:

今年発売の『ドラゴンボール ファイターズ』も選出、世界最大の格闘ゲーム大会「EVO 2018」のメイン種目が発表

90年代格闘ゲームがジャンプ作家に与えた衝撃。『るろ剣』再開の和月伸宏が語るその影響

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧