『ファイナルファンタジー』と日本酒コラボが発表。天野喜孝氏イラストラベルの「黒龍 大吟醸酒」発売へ

 スクウェア・エニックスは黒龍 大吟醸 龍×ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」の予約受付を実施している。価格は5400円(税込)。

(画像は黒龍 大吟醸 龍×ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス|スクウェア・エニックス e-STORE | スクウェア・エニックス e-STOREより)

 この商品は、福井県の黒龍酒造が製造する大吟醸酒「黒龍 大吟醸 龍」と、スクウェア・エニックスのスマートフォン向けアプリ『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』のコラボレーション企画として誕生したもの。シリーズのイメージイラストを描いている天野喜孝氏がラベルを手がけているところも特徴だ。

 「黒龍 大吟醸 龍」は1975年より発売されているロングセラー商品で、ワインの熟成を応用して作られている日本酒。兵庫県産山田錦100%が使用されており、精米歩合は40%。アルコール分は15度で、淡麗に近い味わいが特徴となっている。

(画像は黒龍 大吟醸 龍×ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス|スクウェア・エニックス e-STORE | スクウェア・エニックス e-STOREより)

 パッケージを3点並べるとイラストの全貌が明らかになるところもポイントだ。この商品は2019年1月29日発売予定となっている。

【商品概要】
・品目:日本酒
・原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
・使用米:兵庫県産山田錦100% 精米歩合:40%
・アルコール分:15度 内容量:720ml
・保存方法:冷蔵庫で保存して下さい。

文/渡邉卓也

関連記事:

海外で発売された『アサクリ』ワイン・コレクションが凝りすぎ。エツィオの生まれた国の赤ワインなど、過去作の設定に絡めた品々

「VRChat」でVR呑みをする男が語る、仮想世界の日常──VRバーに行き、VRボーリング、VR雀荘、VRカラオケで遊び、VR温泉に浸かる

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ